ほかの就活生に差をつけよう!説明会ですべき質問例

このページのまとめ

  • 説明会には、会社説明会と合同説明会の2つある
  • 質問することで、積極性や意欲をアピールできる
  • 調べれば分かることやネガティブな質問は避ける

就活イベントの一つ、説明会。積極性や熱意をアピールすべく、予め質問を考えて参加する就活生は少なくありません。そこで今回は、説明会で聞きたい質問例や避けるべき質問、守っておきたいマナーについてご紹介いたします。
このチャンスを無駄にしないためにも、事前準備の参考にしてみてください。

そもそも説明会とは?

就活における説明会とは、企業側が就活生に向けて自社をアピールする場のことを指します。企業理念を深めるべく、参加する就活生がほとんどです。
説明会と一口に言っても、「合同説明会」と「会社説明会」の2種類に大別できます。それぞれどのような特徴を持つのか見ていきましょう。

合同説明会

合同説明会とは、複数の企業が集まり一緒に説明会を開催するイベントのことを指します。事業内容や事業の規模など企業の基本的な情報を説明している会です。
各企業ごとにブースを設けており、その中で説明会が開催されます。1回の説明会につきおおよそ20分から30分くらいの時間が設定されており、1日でたくさんの企業の情報を収集できるのがメリットです。
ただし、時間が短いため1つの企業に対し深く情報収集するのは難しいでしょう。志望企業がしっかり定まっていない人や忙しい就活生には効率的なイベントと言えます。

会社説明会

会社説明会は、企業説明会や就職説明会とも呼ばれ、一社が独自で行うものを指します。会社概要や業務内容などの基本的な情報のほか、先輩社員の声を実際に聞けたり社風を聞けたりと充実した内容です。
企業サイトには掲載していないような情報を知れることも多いので、志望企業がある程度定まっている人には有意義な会と言えるでしょう。企業やプログラム内容によって異なるものの、説明会の時間は1時間から2時間を予定している企業がほとんどです。

▼関連記事
企業説明会とはどういうもの?種類や参加時のマナーとは

説明会では質問するべき?

基本的に説明会とは、企業側のプレゼンがメインです。しかし、合同説明会でも会社説明会でも質疑応答の時間が設けられています。質問しないことでその後の選考に大きく影響を及ぼすことは基本的にはないものの、質問することで名前と顔を覚えてもらえ選考が有利に働く可能性もゼロではないでしょう。
冒頭でもお伝えしたように、説明会は自発性や仕事への意欲などをアピールできるチャンスです。せっかくの機会なので、企業理解を深めるためにも積極的に質問しましょう。

ただし、調べれば分かることや相手が答えづらいことを質問するのは避けたほうが無難です。せっかくの質問が逆効果にならないよう、失礼にならない内容を考えましょう。

▼関連記事
必ず質疑応答があるけど…会社説明会で質問するべき?

質問例

ただ説明を聞きに行くという受け身のスタンスではなく、どういうことを知りたいのか事前に質問内容をしっかり準備しておくことをおすすめします。
何を聞けば良いか分からないとお悩みの人のために、いくつか質問例をご紹介いたします。

・一日の業務の流れを教えてください
・◯◯さんが御社に入社された理由は何でしょうか
・実際に入社してみて、そのイメージは変わりましたか
・◯◯さんが感じるやりがいについて教えてください
・入社までに身につけておいたほうが良い知識や取得しておくべき資格はありますか
・資格取得を支援する制度はありますか
・壁にぶつかったとき、どうやって乗り越えましたか
・職場での男女比を教えてください
・お昼休みはみなさんどのように過ごされていますか
・◯◯さんは学生時代どのような就活軸を持っていましたか
・女性管理職の割合はどのくらいでしょうか
・どういう性格の人であれば一緒に働きたいですか
・仕事をする中で大切にしている思いや心構えは何ですか

自分が何を知りたいのか、自分が思い描いている未来を築けるのかなど、自身の就活の参考になる内容を軸に質問を考えてみてください。事前に複数準備しておき、説明会当日に湧いた疑問点も聞くようにしましょう。

▼関連記事
説明会で聞いておきたい質問とは?NG例の特徴もご紹介

質問するときのマナー

最後に、守っておくべき質問時のマナーについて見ていきましょう。

名乗る

最初に学校名と氏名を述べてから質問します。

大きな声でハッキリと

参加者全員に聞こえるくらいの声量でハッキリと発言します。

質問は基本的に1つ

なるべく1つに絞り質問するようにしましょう。どうしても複数したい場合には、「◯つ質問させていただきたいのですが、よろしいでしょうか」と事前に了承を得るようにします。
多くても2つまでにしておくほうが無難です。

質問内容は簡潔に

前置きはせずに聞きたいことを簡潔に述べます。質問する時間は30秒程度が目安です。

調べれば分かることは聞かない

「御社の企業理念について教えてください」など、企業サイトを見れば分かることを聞くのはマナー違反。企業研究の不十分さをアピールしてしまいます。十分にリサーチした上で出た疑問点を質問するようしましょう。

自分にしか関係のないことは聞かない

「◯◯に住んでいますが交通費は出ますか」「◯◯の強みを持っているのですが、御社で活かすことはできますか」など、ほかの就活生に関係のない自分勝手な質問は避けましょう。自己中心的な印象を与えてしまいます。

ネガティブな質問はしない

「残業時間はどのくらいですか」「離職率はどのくらいですか」など、企業側が答えづらくイメージダウンになりかねない質問は避けましょう。

待遇関連の質問は避ける

「資格を取るとどのくらいの手当がもらえますか」「前年度のボーナスの支給実績を教えてください」などの質問は、待遇ばかりを気にしていると思われてしまいます。労働意欲に疑問が残ってしまうため避けましょう。

既出の質問はしない

ほかの就活生がした質問はしないようしましょう。話を聞いていなかったのかとマイナスな印象を与えてしまいます。適宜メモを取りながら、質問内容が重複しないよう注意してください。

最後にはお礼を伝える

回答をもらったら「ありがとうございました」と一言お礼を述べましょう。

いかがでしたか?自分一人での企業研究では限界があるため、説明会をチャンスの場であると捉えることが大切です。就活を有利に進めるためにも疑問をしっかり解消しに行くというスタンスで臨みましょう。

キャリアチケットでは、就活を効率よく有利に進めるためのサービスを提供しています。サービス内容は、ESや履歴書の添削・書き方の指導、面接対策、適正に合う企業の紹介などさまざまです。
プロの力を借りることで、ライバルに差をつけ、志望企業からの内定獲得へと一歩近づくでしょう。まずは就活アドバイザーがマンツーマンであなたの現状をヒアリング。
相談やサービス利用は無料です。お気軽にお問い合わせください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!