二次面接通過を目指して!対策のポイント

このページのまとめ

  • 一次面接とは質問内容、面接時間、面接官に違いがある
  • 具体的な回答が求められる掘り下げた質問が中心
  • 更なる情報収集と自己分析で二次面接通過を目指そう
  • キャリアチケットの面接対策を利用して本番に備えよう

就活の最大の山場とも言われている二次面接。一次面接とは違い、より深い部分まで掘り下げる質問が行われるため、しっかりとした対策を打つ必要があります。質問数や面接時間も増加する傾向にあることから、自分の考えや志望動機、キャリアプランを具体的に考えておくことが大切。
ここでは二次面接を乗り切るための情報をまとめました。

二次面接は一次と何が違う?

二次面接では、若手社員が面接を担当する一次面接と違い、現場の責任者や中堅社員が担当。一次面接よりも質問が増え、時間が長くなる場合が多いのが特徴です。
具体的な志望動機や入社後にやりたいこと、熱意、一次面接で判断された内容の確認なども行い、次の役員面接に通してもよいかどうかを判断します。
そのため、一次面接よりも具体的な質問や入社後の展望、一次面接での回答をさらに掘り下げるような質問を実施。
二次面接を通して、その企業の社風や方針に合うかどうかも確認します。

▼関連記事
二次面接がポイント!就活を成功させるためのコツとは

二次面接でよくある質問

二次面接では、新たな質問だけではなく、一次面接と同じ内容の質問をより深く、具体的に質問されることがあります。
「入社後どんな仕事がしたいか」「どんな成果を出したいか」といった質問では、具体的にどのような仕事がしたいのか、なにがやりたいのか、『その企業でなければ挑戦できない』という答えを準備しておきましょう。
また、こういった質問には仕事内容についてどの程度理解しているのか、仕事に対する価値観、仕事内容のミスマッチがないかなどを確認する意味もあるため「○○部署でこのような仕事がしたい」といったようにできる限り具体的に回答するとよいでしょう。
さらに、「志望動機」「当社を選んだ理由」などの質問には、なぜ他社ではだめなのか、他社との違いについて問われる場合も。他社でも通用するような一般的な答えではなく、その企業ならではの答えを用意しておく必要があります。
ほかにも「自己PR」「学生時代に力を入れていたこと」「尊敬する人」など、学生の強みや個性がわかる質問も多いのが特徴。仕事に繋がる能力や長所をアピールできるチャンスです。

▼関連記事
二次面接ではなにを聞かれる?よくある質問と有効な対策

対策のポイントは?

就活の中でも最大の難関と言われている二次面接を乗り越えるために事前にできることは、主に情報収集と志望動機の見直しです。
企業研究、職種研究だけではなく、OB/OG訪問やホームページ、SNSなどを用いて、その企業の情報、実際に働く社員の仕事内容をチェックしましょう。
また、志望動機や入社後のキャリアプランをより具体的に考えておくことも重要。
一次面接での回答と矛盾しないように、自分の回答を復習し、さらに具体的な質問がきた場合を想定して二次面接用の回答を準備しましょう。
二次面接では「あなたを動物にたとえると?」「10年後の自分はどうなっているか?」などユニークな質問を行う場合もあるため、さらに深い自己分析を行っておくのもオススメです。幅広い質問に対応できるように予習しておくことで、二次面接を通過できる可能性が高くなるでしょう。

▼関連記事
二次面接に必要な対策とは?

キャリアチケットで面接対策しませんか?

キャリアチケットでは、就活アドバイザーによる企業別の面接対策を行っています。よくある質問別に対策を行い、それぞれの回答ポイントを実施。さらに、面接対策後は課題をフィードバッグしています。課題に合わせたアドバイスも行っているので、自分の課題を克服してから本番に臨める環境です。
また、一人ひとりの就活をサポートするため、アドバイザーによる独自の自分発見カウンセリングを実施。あなたの強み、性格にぴったりの業界や企業をご紹介しています。
面接や就活でお悩みの方は、ぜひ一度キャリアチケットにご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!