就活用の写真で担当採用者の印象アップ!注意点とポイントをご紹介

このページのまとめ

  • 就活の写真は企業が人物像をイメージしやすくなり、本人確認にもなる
  • 就活用の写真撮影はスタジオでもスピード写真でも問題はない
  • スタジオもスピード写真も費用や撮影環境など、それぞれメリットとデメリットがある
  • 就活で好印象を与える写真を撮るときは、身だしなみや姿勢に気をつけよう

応募書類に添える写真は、就活に欠かせません。企業は写真だけで合否を判断しているわけではありませんが、マイナス印象を避けるためにも服装や髪型、表情などの基本的なマナーは把握しておく必要があります。
また、スタジオ撮影とスピード写真の違いについても解説しているので、自分に合った方法で採用担当者に好印象を残せる写真を撮りましょう。

就活の写真は企業からの第一印象を決める重要アイテム!

就活において、写真は企業からの第一印象を左右する重要なアイテムです。
日本の企業にエントリーシートや履歴書を提出する際、高確率で写真の添付も求められます。写真があれば会う前の段階でもひと目で応募者の人物像をイメージしやすく、面接時の本人確認にもなるからです。
そのため、採用担当者に好印象を与えられるよう、マナーを押さえた写真を撮る必要があります。

就活の写真はスタジオで撮ったものでないとNG?

企業によりますが、就活用の写真撮影はスタジオでもスピード写真でも問題はありません。最近のスピード写真は美肌機能や撮影データのダウンロードサービスなど、オプションが充実している機種もあります。
企業は清潔感や身だしなみ、表情などをチェックしているため、撮影場所よりも写真から伝わる印象が大切です。
また、スタジオもスピード写真もそれぞれ一長一短なので、メリットとデメリットを踏まえて自分に合うほうを選びましょう。

スタジオのメリット・デメリット

スタジオ撮影には、下記のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

スタジオにはカメラマンがいるため、プロの目線による身だしなみや表情のアドバイスを貰えます。また、スタジオによってはメイクやヘアセット、スーツのレンタルといった手厚いプランが用意されている場合もあります。枚数に不安があれば、焼き増しやデータダウンロードにも対応が可能です。
確実に好印象な写真を撮りたい就活生は、スタジオ撮影が安心と言えるでしょう。

デメリット

スタジオ撮影の最大のデメリットは、費用がかかることでしょう。スタジオによりますが、ヘアセットやメイクなどのオプションサービスの利用や、整備された撮影環境を望む場合は出費が1万円前後になることも。
また、予約が必要な場合もあり、人気のスタジオだとなかなか予約が取れない可能性があります。

スピード写真のメリット・デメリット

スピード写真のメリットとデメリットは、下記のとおりです。

メリット

スピード写真機での撮影は、費用が安いのがメリットの1つです。通常の撮影であればおよそ800円前後、美肌機能のようなオプションをつけても1000円前後とお手頃。
また、スピード写真機は街中にあるので、予約なしで撮りたいときに気軽に撮れます。
機種によっては試し撮りやデータダウンロードが可能な点も魅力です。

デメリット

スピード写真はカメラマンがいないため、服装や髪型、表情などはすべて自分でチェックしなければいけません。また、レンズが汚れていると写真に写り込んでしまう恐れがあるので、確認と掃除も自分で行う必要があります。
また、撮り直しの回数が限定されており、一度の撮影で納得できる写真にならなかった場合、結局費用がかさんでしまう可能性も。
試し撮りやデータダウンロードなどの便利な機能はすべての機種に採用されているわけではないので、その点にも要注意です。

▼関連記事
履歴書に貼る証明写真は、意外とチェックされている!

好印象な写真を撮るために押さえておきたい4つのポイント

採用担当者に好印象を与える写真を撮るためのポイントを4つご紹介します。

1.身だしなみを整える

身だしなみは多くの採用担当者が見ているため、撮影前にしっかり整えましょう。そのまま面接に向かえるかどうかを基準にするのがベストです。

服装

企業から指定がない限り、服装はスーツが基本です。
襟元が開きすぎていたり乱れたりしていないか、スーツとシャツに汚れやシワがないかを念入りにチェックしましょう。
男性の場合はネクタイの歪みや緩みにも注意してください。

髪型

前髪は目にかからないように分け、耳を出して爽やかさと清潔感のある髪型にしましょう。
ロングヘアの女性には、ポニーテールやシニヨンなどの後ろにまとめる髪型がおすすめです。
ワックスやヘアスプレーは乱れの防止になりますが、つけすぎると不潔な印象になるため、適量の使用を心がけましょう。

メイク

就活のメイクは、派手すぎないナチュラルメイクが鉄則。
ファンデーションは顔と首の中間の色、リップやチークは自分の肌に馴染む自然な色を選ぶのがおすすめです。
また、マスカラの使用は少量で目元を明るく見せる程度に留めましょう。

2.表情は明るく

前をしっかり見据え、口角を少し上げると明るく頼りがいのある表情になります。
口角の下がった暗い表情や硬すぎる表情、過度の笑顔はマイナスな印象を与えるので、避けましょう。

3.背筋を伸ばす

撮影時は顎を引き、まっすぐ背筋を伸ばしましょう。スピード写真の場合は、事前に椅子の高さを調整しておくと姿勢を正しやすくなります。

4.本人と相違がないように撮る

先述したように、就活の写真は本人確認の役割もあります。そのため、現在の自分と相違がないように撮影しましょう。たとえば、普段メガネをかけている人は、撮影時もメガネを装着してください。髪が短い人の場合、撮影時よりも伸びてきたときは切るか新しく撮り直すのが無難です。
また、自分を良く見せたいからと写真を過度に修正・加工することは避けましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする