就活に必須の証明写真!データ化するメリットと方法とは

このページのまとめ

  • 証明写真をデータ化すると、必要なときすぐにプリントアウトできたりWebエントリーに対応できたりというメリットがある
  • 一般的なのは写真館で証明写真を撮影して画像データを受け取る方法
  • データ化サービスを実施している証明写真機や家のスキャナー、自分で撮影してコンビニプリントを使用する方法もある
  • 最も見栄えが良くなるのはプロが撮影してくれる写真館
  • それぞれ必要な時間やかかるコストが異なるので、自分の用途に合った方法を選ぼう

就活に必須の証明写真!データ化するメリットと方法とはの画像

エントリーシートや履歴書に貼る証明写真は、就活生にとって必須アイテムの1つ。
しかし、中には予想以上に必要になって困っている…という方もいるのではないでしょうか。
そんな方に向けて、当コラムでは「証明写真のデータ化」についてまとめています。
データ化するメリットや方法を知りたい方は、参考にしてください。

 

証明写真をデータ化するメリット

就活の必須アイテムである証明写真ですが、近年では写真をデータ化して保有する人が増えているようです。
写真をデータ化するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

気軽に追加プリントできる

就活をするときに、履歴書やエントリーシートに証明写真を貼るケースは多いと思います。
あらかじめ必要となる枚数を想定して用意していても、状況によっては写真が足りなくなるケースも考えられるでしょう。
写真が足りなくなった場合、必要に応じて新たに撮影しなければならないため、時間やお金がかかります。
しかし、証明写真をデータ化しておけば、写真が足りなくなったときにその都度撮影する必要はなく、気軽に追加プリントをすることができます。

Webエントリーにも対応できる

紙を使用しているエントリーシートであれば写真館や証明写真機で撮影したものを直接貼り付けますが、近年ではWeb上でエントリーシートを提出する「Webエントリー」を実施している企業も。
データ化した証明写真を保有していれば、Webエントリー用のエントリーシートにも簡単に証明写真を添付することができるでしょう。

また、写真を追加する場合、新たに撮影し直すのと比べて画像データをプリントしたほうがコストがかからないというのもメリットの1つ。
次項目から写真をデータ化する方法を説明するので、興味のある方は参考にしてください。

 

写真館のサービスを利用する

写真館のサービスを利用するの画像

最も簡単かつポピュラーな方法として、写真館の利用が挙げられます。
多くの写真スタジオでは、撮影と紙の写真、画像データが入ったメディアがセットになった「就活プラン」を採用しており、希望に合わせて画像データのサイズを指定できるケースも多数。

また、写真スタジオによってはスーツの貸出しやヘアメイク、希望する業界に合わせた雰囲気で撮影をするといったサービスを実施しているケースもあるようです。

プロのカメラマンが撮影してくれたり、表情やポーズなどに関するアドバイスを受けられたりするといったメリットが期待できる写真館での撮影は、値段は安いと1500円から、上記のようなサービスを追加する場合は1~2万円になることも。
撮影と数枚の現像、画像データが付いて5000円程度が相場のようです。

▼関連記事
証明写真はどこで撮る?就活で印象を良くする撮影のコツ

 

証明写真機を活用する

写真スタジオは費用が高い、すぐに必要だから時間がない…という場合は、駅や街中に設置してある証明写真機を利用するのも良いでしょう。

証明写真機で画像データを入手するには、データ化サービスのある写真機を使用する必要があります。
専用のアプリをスマートフォンにダウンロードし、アプリを経由して画像データを入手できる機種があるので、それを使用するのがおすすめ。
撮影した写真をデータ化する際に、「再プリント用」と「Web用」のどちらか1つを選ぶ必要があるので注意が必要です。

証明写真機は自分の都合の良いタイミングで撮影できたり、コストが低かったりする一方で、スーツやヘアメイクを事前に準備する必要がある、被写体と撮影者が同一なので客観的な意見がない、スタジオ写真に比べて画像が粗いケースがあるといったデメリットも挙げられます。
しかし、近年の技術の発達に伴い、証明写真機でも簡単な画像加工が行えたり、背景の色を選べたりする機能が搭載されている場合も。
実際に証明写真機で撮影した写真を履歴書やエントリーシートに使用している人も多いので、用途や予算に合わせて使用してみるのも良いでしょう。

▼関連記事
スタジオと証明写真機どちらが良い?値段と撮影のコツ

 

スキャナーで取り込む

スキャナーで取り込むの画像

すでに紙の証明写真を持っていて、画像データに変えたい場合、家にスキャナーがあれば紙の証明写真を活用できます。

紙の写真をスキャナーで取り込み、画像編集ソフトでサイズや背景などを調整して保存すれば、手持ちの証明写真をデータ化することができるでしょう。
スキャンした画像を紙の写真にする場合は、写真用紙をプリンターにセットしてサイズを指定してプリントアウト、Web上のエントリーシートに添付する場合はリサイズして貼り付ければいいので、家で気軽に行うことができます。

注意点としては、スキャンした証明写真は写真館はもちろん証明写真機で撮影したものに比べても画質が劣るケースが多いということ。
写真の見栄えを気にする場合は避けたほうが良いかもしれません。

 

コンビニを利用する

コストを抑えたいけど家にスキャナーがない方は、コンビニを利用するのも1つの方法。

手持ちのカメラやスマートフォンで撮影し、コンビニに設置してあるマルチコピー機で印刷します。
使用するコピー機によって使えるメディアに差があるものの、デジカメであればSDカード、スマートフォンであればアプリを活用するのが一般的。
プリント時にサイズが指定できるほか、位置合わせや明るさの調節など簡単な調整を行える機器もあるようです。
また、200円~300円程度でプリントできるため、コストを低く抑えられる点もポイント。

しかし、自宅で撮影するので適切な背景や明るさの場所を探すのが大変、自撮りをする必要がある(家族などに頼めるケースも)、写真館や証明写真機に比べて見劣りしやすいといったデメリットが挙げられます。


以上が、写真をデータ化する代表的な方法です。
写真だけで採用が左右されることは基本的にありませんが、証明写真からは清潔感や身だしなみ、第一印象などを判断されるケースが多いようです。
少しでも印象をよく見せたい、何度も撮影する手間を省きたい方は写真館での撮影、写真の質だけでなくコストにも配慮したい方はデータ化サービスが利用できる証明写真機、徹底的にコストを抑えたい方はスキャナーやコンビニ印刷と、目的や予算に合わせて使い分けてみても良いでしょう。

「業界に合わせた撮影のコツはあるの?」「エントリーシートで気をつける点が知りたい」という方は、新卒向け就職エージェントのキャリアチケットにご相談ください。
キャリアチケットでは、専任の就活アドバイザーによるサポートを実施しています。
カウンセリングや書類添削、面接練習はマンツーマンで行うので、ほかの求職者を気にせず気兼ねなく相談できる雰囲気が魅力。
多数の業界情報に精通しているアドバイザーが、志望業界に合わせた対策をお伝えいたします。

「特に希望する業界がない」「自分に合った就職先が見つからない」という方もお気軽にお問い合わせください!
カウンセリングを通して、あなたの適性やスキル、仕事に対する考え方などを判断。
その情報をもとに、保有する多彩な求人からあなたにぴったりの企業をご紹介いたします。
紹介するのは、アドバイザーが現地取材を行った信頼できる企業のみ。
Web上の情報だけでは分かりにくい社内の雰囲気や職場環境をお伝えできるので、入社後のミスマッチを防ぐ効果も期待できます。
なかなか内定が出ない、第三者からアドバイスをもらいたいという方は一度ご相談ください。
カウンセリングや求人紹介といったサービスは全て無料でご利用いただけます。

▼関連記事
コンビニで証明写真ができる!果たして就活で使えるの?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!