証明写真のデータ化はどうやる?4つの方法や実施時の注意点を解説

このページのまとめ

  • 証明写真のデータ化は「証明写真機」「写真館」「アプリ」「スキャナー」でできる
  • 証明写真をデータ化すれば、簡単に印刷できて費用も抑えられる
  • 証明写真のデータ化する場合はサイズ調整を忘れない

証明写真のデータ化はどうやる?4つの方法や実施時の注意点を解説のイメージ

「証明写真のデータ化ってどうやるの?」と気になる就活生も多いでしょう。データ化の方法は、証明写真機を使ったりスキャナーで取り込んだりなど、いくつかあります。証明写真をデータ化しておくとすぐに印刷でき、Webエントリーにも対応できるので便利です。

この記事では、証明写真をデータ化する方法や注意点を解説します。印刷費用を抑えられるので、すぐに実践してみましょう。

好印象を与える証明写真を撮りたい

   
目 次

証明写真のデータ化はどうやる?4つの方法を紹介

証明写真をデータ化するには、「証明写真機を使う」「写真館を利用する」などの方法があります。4つの方法を紹介するので、証明写真のデータ化が必要な方は参考にしてみてください。

1.証明写真機を使う

証明写真のデータ化が必要な場合は、証明写真機を使いましょう。ただし、機種によってデータ化できる場合とできない場合があるので気をつけてください。

画像データの方法は機種によって異なり、専用アプリからダウンロードする方法やQRコードを使用する方法があります。また、「Web用」「再プリント用」などの違いもあるので、間違えないようにしましょう。

証明写真機については、「証明写真機の値段は?就活に適した撮影方法や注意点をご紹介」の記事で詳しく解説しています。

2.写真館のサービスを利用する

写真館では、撮影した証明写真のデータをCD-ROMで受け取れたり、メールや写真館のWeb上でダウンロードできたりします。簡単にデータ化ができるのでおすすめです。

また、プロの写真家に撮影してもらえるので、印象の良い証明写真が撮影できます。ほかの撮影手段に比べると撮影時間やコストは掛かりますが、おすすめの撮影方法です。

3.スキャナーで取り込む

紙の写真をスキャナーで取り込み、データ化する方法もあります。パソコンで画像編集を行えば、Webエントリーにも対応できるでしょう。

ただし、ほかの撮影手段に比べて、画質が劣る点に注意してください。また、サイズや背景なども自分で調整しなければならない点も覚えておきましょう。

4.アプリを使用する

証明写真用のアプリを使用し、データ化する方法もあります。スマートフォンやタブレットへ簡単にデータ保存ができるのでおすすめです。

アプリを使用する場合は自分で撮影することになるので、綺麗に撮れるように準備しましょう。適切なカメラの位置になっているか確認したり、明るさに問題がないか確認したりすることが必要です。

好印象を与える証明写真を撮りたい

 

証明写真をデータ化するメリットは主に4つ

証明写真をデータ化すれば、焼き増しが簡単になったり、コストを抑えられたりするメリットがあります。4つのメリットを紹介するので、データ化するか迷うときの判断材料にしてください。

1.証明写真の焼き増しが簡単になる

証明写真をデータ化しておけば、焼き増しが簡単にできます。エントリーシートや履歴書に貼る証明写真がなくなっても、手軽に印刷できるので便利です。

就活を行っていると、想定以上にエントリーシートなどの提出が必要になり、用意した証明写真では足りなくなる場合もあります。データ化しておけば、必要なときに必要な枚数だけ印刷できるので、効率的に就活を進められるでしょう。

2.印刷費用を抑えられる

追加で印刷する費用をおさえられる点も、データ化を行うメリットです。撮影を新しく行うよりも、写真データを印刷したほうがコストが安く済みます。

たとえば、コンビニのコピー機を使用すれば、200〜300円で印刷できます。証明写真機で新しく撮影する場合だと600〜900円、写真館は3000円ほど必要です。データ化して焼き増ししたほうが、出費を抑えられるのを覚えておきましょう。

証明写真の値段については、「証明写真の値段ってどのくらい?スピード写真と写真館でいくら違うのか」でまとめています。

3.Webでのエントリーに対応できる

写真をデータ化しておくと、Webエントリーに応募できます。近年では、Web上で履歴書やエントリーシートの提出を求めている企業も多いので、準備しておきましょう。

4.応募企業に応じてサイズを変えられる

応募企業の指定にあわせて、写真サイズを変更できる点もデータ化のメリットです。一般的に使用されるサイズ以外でも、対応できるので便利でしょう。

もし、撮影したサイズと指定されたサイズが違う場合、写真を撮り直さなければなりません。時間的にもコスト的にも大変なので、自由にサイズを変えられる写真データが役立ちます。

好印象を与える証明写真を撮りたい

 

証明写真をデータ化する際におすすめのサイズ

ここでは、証明写真をデータ化する際のサイズを紹介するので参考にしてください。

履歴書は「縦40mm×横30mm」が一般的

証明写真をデータ化する場合、「縦40mm×横30mm」のサイズがおすすめです。一般的な履歴書のサイズなので、問題なく使用できるでしょう。

応募企業によってサイズが異なる場合もありますが、基本的には「4:3」です。小さなデータを大きくすると画像が荒くなる場合もあるので、最初から少し大きめの写真データを用意しておくのが良いでしょう。

画質は「縦560px × 横420px」がおすすめ

証明写真では、画質サイズにも気をつけてください。画質は「縦560px × 横420px」がおすすめです。

Webエントリーの企業によっては、「縦600px × 横450p」で指定される場合もあります。指定の有無を確認し、提出するようにしましょう。

証明写真のサイズについては、「証明写真のサイズはどれが最適?好印象な履歴書をつくるコツを解説」の記事で詳しく解説しています。こちらもあわせてご一読ください。

好印象を与える証明写真を撮りたい

 

証明写真をデータ化する際のポイント

証明写真をデータ化する際は、データまでの時間と保存方法に注意しましょう。データ化する際のポイントを解説します。

データ化までに必要な時間を確認しておく

証明写真をデータ化するまでに、どれくらいの時間が掛かるか確認しておきましょう。データ化する手段によって、必要な時間は変わります。

基本的に、データ化は当日中にできますが、撮影後の予定も確認しておいてください。

データはスマホやPCなど分けて保存する

証明写真のデータは分けて保存しましょう。データが消滅してしまうリスクを抑えられます。

また、スマホとPCに分けて保存しておくと、エントリー時に便利です。外出中でもスマホからWebエントリーができるので、効率的に応募に進めます。

好印象を与える証明写真を撮りたい

 

証明写真をデータ化して履歴書に添付する方法

ここでは、証明写真をデータ化して履歴書やエントリーシートに添付する方法を解説します。エントリー時に必要なので、チェックしておきましょう。

1.証明写真のデータをパソコンに取り込む

まずは撮影した証明写真のデータをパソコンに取り込みましょう。CD-ROMやUSBメモリなどの記録メディアを使うのが一般的です。

スマートフォンに保存している場合は、無線接続やメールでもデータを移せます。

2.適切なサイズと画質に編集する

取り込んだ証明写真のデータは、適切なサイズと画質にしておきましょう。企業から指定がある場合は、従ってください。なければ、「縦40mm×横30mm」の大きさで問題ありません。

写真館で撮影する場合、適切なサイズに編集してもらうことも可能です。自分で行う場合には、加工ソフトやWebサービスを利用して調節しましょう。

また、パソコンに取り込む前にスマートフォンのアプリを使用し、サイズ調整を行っておくのも一つの方法です。

3.履歴書を作成したソフトで証明写真を添付する

履歴書を作成したソフトを開き、証明写真のデータを添付しましょう。「画像を添付する」の項目を選び、証明写真のデータを選べば大丈夫です。

履歴書をデータで提出する方法については、「履歴書をデータで提出する方法は?作り方や証明写真の挿入についても解説」の記事も参考にしてください。

好印象を与える証明写真を撮りたい

 

データ化した証明写真を使う際の注意点

証明写真のデータ化して使う場合には、サイズや画質に注意しましょう。ここでは、4つの注意点をまとめました。

指定されたサイズに合わせる

指定されたサイズと異なっている場合、「規定を確認していない」「雑な面がある」とマイナスな評価を受ける可能性があります。応募要項は必ず確認してください。

また、写真館で撮影する場合、データサイズが撮影時のままになっている場合もあります。データが大き過ぎるので、事前に調整しておきましょう。

データが大き過ぎると、アップロードができなかったり、データを開くのに時間が掛かったりしてしまいます。応募企業に迷惑をかける可能性もあるので、事前に確認してください。

画像がぼやけていないか確認する

画質が悪く、画像が見えにくくなっていないか注意しましょう。証明写真がぼやけていると、採用担当者からの印象が悪くなります。また、本人かどうか確認しにくくなるので注意してください。

画像がぼやける原因は、データが小さ過ぎるからかもしれません。顔がしっかりと判別できるように、調整しておきましょう。

顔の大きさや余白に気をつける

顔がアップで写っていないか、余白が多過ぎないかなどにも注意しましょう。バランスが悪いと違和感があり、印象が悪くなります。

特に、自分で証明写真を撮影する場合には注意しましょう。画像編集を行いトリミングする際も、余白や顔の大きさに気をつけてください。

身だしなみが整っているか確認する

証明写真を撮影する際は、身だしなみを確認しておきましょう。面接と同じようにスーツを着て、笑顔で撮影するのが大切です。髪型やネクタイ、シャツの乱れなどにも注意してください。

証明写真のアプリを使って、美肌加工をしたりくまを隠したりする人もいます。絶対にしてはいけないわけではありませんが、加工し過ぎて実物と異なった写真にならないようにしましょう。

証明写真を自分で撮る人は「就活の履歴書は証明写真で印象が変わる!服装や髪型のポイントを解説」の記事をご一読ください。証明写真は印象を良くする一つのポイントなので、綺麗に撮れるように意識しましょう。

好印象を与える証明写真を撮りたい

 

証明写真をデータ化をどうやるかといった就活について相談したいあなたへ

証明写真のデータ化方法や印刷方法など、就活では分からないことも多いでしょう。どのような方法で進めるのか、どのような注意点があるのかなど、一人で考えて準備するのは大変です。就活マナーに苦戦している場合は、ぜひキャリアチケットを利用してください。

キャリアチケットでは、就活マナーをはじめ、内定獲得に向けたアドバイスを実施しています。証明写真についてのアドバイスはもちろん、エントリーシートの書き方や面接対策などもお任せください。

就活を効率的に進めるためには、プロの力が重要です。志望企業の内定獲得を実現するために、キャリアチケットに相談してみましょう。

好印象を与える証明写真を撮りたい

   

本記事の監修者

淺田真奈(あさだまな)

大学時代は接客のアルバイトを3つかけもちし、接客コンテストで全店1位になった経験をもつ。新卒では地方創生系の会社に入社をし、スイーツ専門店の立ち上げからマネジメントを経験。その後、レバレジーズへ中途入社。現在はキャリアチケットのアドバイザーとして、学生のキャリア支援で学生満足度年間1位と事業部のベストセールスを受賞し、リーダーとしてメンバーのマネジメントを行っている。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。