就活で提出する健康診断書って?必要項目や受診場所も詳しく紹介

このページのまとめ

  • 就活時、企業から健康診断書の提出を求められる場合がある
  • 就活で健康診断書は提出するのは、労働安全衛生規則第43条で定められているから
  • 健康診断書の提出は内定後が一般的だが、場合によっては選考中に求められることも
  • 診断するべき必須項目などはあらかじめ企業に確認して正しく検査を行う
  • 就活中はいつ提出を求められても良いように余裕を持って健康診断を受診しておく

就活中、企業から「健康診断書」の提出を求められる場合があります。しかし、なぜ就活で健康診断書が必要なのか、どこで発行ができるのか、など気になっている就活生も多いのではないでしょうか。このコラムでは、健康診断書の概要や提出ルール、健康診断を受ける際の費用や注意点について詳しくご紹介します。現在健康診断書の提出を求められている方や、これから提出する機会のある方は、ぜひご参考にしてください。
 

就活における健康診断書とは?

まずは健康診断書の概要や就活時に提出する意味を知りましょう。
就活時、主に内定後や最終選考などに企業側から健康診断書の提出を求められる場合があります。健康診断書を求められたとき、その内容によって内定の判断に影響を及ぼすのでは、と不安に思う就活生もいるのではないでしょうか。しかし、そういうわけではありません。
就活時に提出する健康診断書は「雇い入れ時健康診断」といって、企業側は、労働安全衛生規則第43条により「常時使用する労働者を雇い入れるときは、当該労働者に対し」「医師による健康診断を行わなければならない」と義務付けられています。

参照元:労働安全衛生規則第43条

健康診断書の種類

健康診断書のほかに、「健康診断証明書」というのもあります。健康診断書は受診結果を自分で確認するもので、公的な文書とはいえません。その点、健康診断証明書は、提出用に発行する公的な文書なので、就活中に提出する書類として望ましいといえます。ただし、「健康診断書」の提出を求める企業も多く、どちらを提出するかはその企業の方針や指示に準じるのが無難でしょう。
 

健康診断書の提出ルール

就活における健康診断書の意味が分かったところで、次に提出の際のルールなどを抑えておきましょう。

提出するタイミング

健康診断書を企業に提出する具体的なタイミングは、基本的に以下のとおりです。

内定後

健康診断書を提出するタイミングは、主に内定後となります。厚生労働省は、企業が就活生を健康上の問題などで不採用にしないよう、公平性を保つために内定後の提出を推奨しているからです。ただし、あくまで推奨なので別のタイミングに提出を求める企業もあります。

選考途中

多くはないものの、1次・2次面接など、選考の途中で提出を求める企業もあります。選考途中で急に求められても対応できるよう、あらかじめ健康診断の受診や診断書の発行を済ませておくと良いでしょう。

最終面接

内定後の次に多いのが、最終面接での提出です。ただし、最終面接で健康診断書の提出を求められたからといって確実に内定がもらえるとは限らないので、気を抜かずに面接に挑みましょう。

提出なし

4月の入社以降に企業内で健康診断を行う場合、提出なしとする企業もあります。

原本を提出する

企業側から「コピーでも良い」と言われない限り、基本的に健康診断書は原本を提出します。企業に提出する大切な書類だということを忘れず、丁重に扱いましょう。

有効期限は基本的に3ヶ月

健康診断書の有効期限は3ヶ月以内が一般的です。また、企業が提出を求める場合、新卒の健康診断書の有効期限は「年度内」であることが多いでしょう。この年度内とは、主に4月1日から翌年3月31日までを指します。

健康診断の必要項目

健康診断の必須項目が企業によって異なりますが、一般的には以下のとおりです。

・既往歴および業務歴の調査…今まで自身が患った病気など。

・自覚症状および他覚症状の有無の検査…自覚症状は、現在自身の健康状態、違和感のある症状。他覚症状は、医師の所見により確認された症状。

・身長、体重、視力および聴力の検査、腹囲の測定…胸囲は40歳未満(35歳を除く)、妊娠中や腹囲が内臓脂肪の蓄積を反映していない、と診断された場合、BMIが20未満の人などは受診の必要がないこともある。

・胸部エックス線検査…40歳未満で以下の条件に該当しない場合、受診の必要がないこともある。
1.20歳、25歳、30歳、35歳である
2.定期的に検査の必要がある職場内で働いていたことがある
3.3年に1度の「じん肺健康診断」の受診対象になっている

・血圧の測定

・尿検査

・貧血検査…35歳未満または36~39歳の場合、受診の必要がないこともある。

・肝機能検査…40歳未満(35歳を除く)は、受診の必要がないこともある。

・血中脂質検査…40歳未満(35歳を除く)は、受診の必要がないこともある。

・血糖検査…検査を受ける場合は検査日の朝食および検査数時間前までの間食は避ける。また、40歳未満(35歳を除く)は、受診の必要がないこともある。
 
・心電図検査…35歳未満または36~39歳は、受診の必要がないこともある。

健康診断はどこで受けられる?費用は?

健康診断を実施している場所は、主に下記のとおりです。

・総合病院
・保健所
・クリニック
・診断所

診断はどの施設で受診しても問題ありません。立地や料金などから決めましょう。また、病院によっては診断可能な曜日や時間が決まっていることもあるので、事前に確認することをおすすめします。

診断にかかる費用の一例

保健所には就活用の健康診断をしてくれる所もあり、病院より安く済むケースが多いでしょう。保健所の場合、検査料金は主に4,000~6,000円。病院の場合は7000円~15000円程度が相場です。
 

健康診断書の発行にかかる費用と時間

健康診断をすでに受けている方は、健康診断書の発行だけで済むため、値段はそれほど多くかかりません。大学内で健康診断を受けた場合、診断証明書の発行は、数百円で収まります。そのため、事前に大学の健康診断を受けておくことをおすすめします。
また、健康診断書の発行は病院・保健所などで可能な場合が多いです。以下、主な発行費用と必要時間をまとめました。

診断書の発行にかかる費用

年に1度、大学内で行っている健康診断の場合、発行は100円〜200円ほど。病院や保健所を利用すると、だいたい500円〜2000円かかります。

発行には3日~1週間かかる場合も

診断を病院や保健所で受けた場合、検査項目によっては健康診断書発行に3日~1週間程度かかってしまうおそれもあります。再検査を受ける必要がある場合は、さらに時間がかかってしまうので、提出期限から2週間以上の余裕を見て診断を受けておくと良いでしょう。

健康診断書の提出が間に合わない場合

再検査などで診断書の発行が間に合わない場合、すぐに企業の採用担当者に連絡を入れましょう。断りもなく書類の提出期限を過ぎてしまうと、企業に与える印象が悪くなってしまう可能性が高いからです。

就活中は余裕を持って健康診断書を準備しておこう

先述のとおり、健康診断書とは企業にとって重要な書類です。就活時、提出を求められる可能性もあるので、その度に焦って準備することのないよう、事前に受診や発行を済ませておくと良いでしょう。
また、企業から求められた書類を準備し、提出期限に間に合わせるというのは、社会人に必要とされる基礎的なマナーです。企業から信頼できる人物だと見なしてもらうためにも、期限内の提出をしっかりと行いましょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!