就活セミナーを無断欠席してしまったら?選考に及ぼす影響や対処法を解説

このページのまとめ

  • 就活セミナーの無断欠席は、企業に迷惑をかけ悪印象を与える
  • 就活セミナーの無断欠席がほかの企業での選考に影響することはない
  • 就活セミナーを無断欠席したことは、系列企業内で情報共有される可能性がある
  • 無断欠席をしてしまったら、できるだけ早く企業へ謝罪の連絡を入れる
  • 別日程での再参加を望むなら、謝罪後にその旨を伝え企業側に判断を委ねる

就活セミナーを無断欠席してしまったら?選考に及ぼす影響や対処法を解説の画像

就活セミナーに無断欠席してしまったら、どのように対処すべきでしょうか。「無断欠席したから今さら謝罪しても意味ないかな…」と考える就活生もいるでしょう。
基本的に、無断欠席をしたら企業に与える悪印象は避けられません。しかし、応募先企業への入社を望むなら、謝罪の連絡を入れる必要があります。このコラムでは、無断欠席の対処方法や謝罪メールの例文などをご紹介。適切な対応を取り、マナーのある就活を行いましょう。



 

就活セミナーとは?

就活セミナーとは、主に就活対策を実施するイベントを指します。企業説明会なども含めた総称として使用されることもあるようです。
説明会とセミナーの違いは、おおまかにいうと参加型か否かという点でしょう。説明会では企業側から会社の業務内容や特色の紹介を受け、セミナーではワークショップやグループディスカッションを通した実践的な就活スキルを磨きます。就活に必要な情報や準備、対策のやり方を学べるため、就活の進め方に迷っている方は積極的に参加してみると良いでしょう。



 

就活セミナーに無断欠席したら何が起こるのか

就活対策に適したイベントといえる就活セミナーですが、万が一にも無断欠席してしまったらどうなるのでしょうか。

企業に迷惑をかけてしまう

就活セミナーは、企業が就活生に自社をより知ってもらえるよう準備したイベントだといえるため、無断欠席をすれば、企業に迷惑がかかってしまいます。
参加型のセミナーでは人数制限が設けられているのが一般的です。無断欠席者が出ると、企業側は自社を紹介できる人材を1人減らしてしまうことになります。また、セミナーの定員枠から漏れてしまった就活生の貴重な機会が失われる結果にもなり得るでしょう。多方面に迷惑をかける結果につながることを肝に銘じて、日頃からスケジュール管理の徹底を心がけてください。

企業に悪印象を与えてしまう

無断欠席をすれば、企業にマイナスイメージを残してしまうことは避けられないでしょう。
本来、やむを得ない理由で欠席するのであれば、事前連絡をするのがマナーです。無断欠席は社会的マナーに反した行為だといえるため、常識の有無や信頼性を人事に疑われて採用チャンスを遠ざけてしまいます。
人数制限のあるセミナーでは、当日の受付で予約者と出席者の照合を行うのが一般的。無断欠席の事実をごまかすことは難しいでしょう。内定を掴むには、企業に「信頼に足る人物」として評価されることが重要です。無断欠席は、企業からの信頼を損なう行為であることを覚えておきましょう。

▼関連記事
説明会の無断欠席、選考にはどの程度影響する?



 

無断欠席の事実はほかの企業にも共有されるか

無断欠席をしたことは、ほかの企業にも情報共有されるのでしょうか。

系列企業でなければ情報共有はされない

基本的に、就活生の情報が企業間で共有されることはありません。「どの就活生が何のセミナーに予約したか」という個人情報は、適正に保護され取り扱われるべき対象です。そのため、無断欠席した事実がほかの企業に漏れることはないでしょう。他社での選考会などに影響する心配もないといえます。
ただし、系列企業であれば話は別です。応募先企業が複数のグループ会社を保持していた場合、系列企業内で就活生の情報が共有される可能性はあります。無断欠席をすれば、企業内で要注意人物として扱われ、系列企業の選考会で不利に働く恐れもあるでしょう。



 

就活セミナーの規模によって無断欠席の影響は異なる

無断欠席がどれくらい採用選考に影響するかは、就活セミナーの規模によっても異なります。以下で、規模別の影響差を知りましょう。

規模の大きい就活セミナーの場合

数百人規模で行われる就活セミナーでは、出欠を取るだけで相当な時間を要すると考えられるため、あえて出欠確認を行わないケースもあります。また、無断欠席者が多数出るという状況も多く、企業側がいちいち把握しきれない場合もあるでしょう。
ただし、企業によっては就活セミナーの規模に関わらず出欠確認や無断欠席者のデータ化をしている所もあるようです。小規模な就活セミナーに比べて、無断欠席が選考に与える影響は少ない可能性がありますが、一概にはいえません。就活では、欠席しないことを前提とした行動を心がけましょう。

規模の小さい就活セミナーの場合

数十人規模の就活セミナーでは、出欠確認をするのが一般的でしょう。欠席者の数も少ないことが予想されるため、無断欠席をすれば人事にマイナスイメージを与えることは避けられません。
無断欠席した時点で採用検討の対象外になると考えられますが、企業や人事担当者によっては状況次第で融通を効かせてくれる可能性もあります。入社を強く望む企業であれば、できるだけ早期に謝罪の連絡をしましょう。

▼関連記事
会社説明会に遅刻しそう!適切な対処の仕方とは?



 

就活セミナーに無断欠席した際の対処法

就活セミナーに無断欠席してしまった際にはどうしたら良いのでしょうか。以下で、具体的な対処法を確認しましょう。

できるだけ早く謝罪の連絡を入れる

就活セミナーを欠席してしまったことに気づいたら、時間を空けず迅速に企業宛に謝罪の連絡をしましょう。
無断欠席はマイナス評価につながるだけでなく、企業に「選考会に参加する意思のない人物」として捉えられる可能性があります。そのまま何も連絡をしないと、今後は企業の選考会などに関する情報連絡が途絶えることも考えられるでしょう。
連絡を入れたからといって、企業に与えた悪印象を好転させられるとは限りませんが、まずは真摯にお詫びをし、誠意を示すことが大切です。

電話で謝罪連絡する

電話で謝罪の連絡をする際には、かける時間帯に配慮しましょう。
電話連絡は企業の営業時間内に行い、始業時間や就業時間、昼休憩などの時間帯は避けたほうが無難です。
担当者不在の場合は改めてかけ直す旨を伝えて、間接的な謝罪にならないようにしてください。

メールで謝罪連絡する

電話越しの直接的な会話で謝罪するのが基本ですが、メールのみでの対応指定があったり、なかなか電話がつながらなかったりするケースもあるでしょう。
メールで謝罪する際には、相手が認識しやすいよう、分かりやすい件名を入れてください。本文は挨拶から始め、次に自分の学校名と氏名を名乗るのがマナーです。
以下の例文を参考に、誠意が伝わる自分なりの謝罪文を作成しましょう。

【例文】

件名:◯月◯日の企業セミナーのお詫び

株式会社◯◯
人事部 ◯◯様

お世話になっております。
◯月◯日の企業セミナーに予約を入れておりました、〇〇大学の◯◯と申します。

◯月◯日開催の企業セミナーにお伺いするはずが、日程を失念し欠席という形になりましたこと、深くお詫び申し上げます。
貴重な機会をご用意いただいたにも関わらず、大変申し訳ございませんでした。

ご無理を申し上げまして恐縮ですが、別の日程で企業セミナーに参加させていただきたく、◯月◯日開催予定のセミナーに予約をいたしました。

以後は十分に留意し、二度とこのようなことはいたしません。ご検討のうえ、再度の機会を賜りますと幸いです。
この度は、多大なご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
〇〇 〇〇(氏名)
住所:〒○○○-○○○○  東京都◯◯市
電話番号:○○○-○○○○-○○○
メールアドレス:○○○@○○.ne.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーー


無断欠席に関しての言い訳はせず、端的な表現で真摯に謝罪しましょう。
選考会に再度参加できる可能性は低いですが、志望度の高い企業なら、別日程での再参加を希望する旨を伝える必要があります。その際は丁重にお詫びしたうえで、あくまで企業側の判断に委ねる姿勢を示しましょう。

▼関連記事
説明会を当日キャンセルするときのマナーと注意点



 

就活セミナーを欠席するときは事前連絡が肝心

就活セミナーの無断欠席は、就職するチャンスを1つ失うことだといえます。予約したセミナーには出席するのが基本なため、就活中はスケジュールや体調管理を徹底して行い、企業に不信感を与えない対応に努めることが重要です。
もし、それでもやむを得ない事情で欠席する場合は、予定が分かった時点で企業へ事前連絡を入れ、謝罪しましょう。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。