外食産業はどんな業界?主な職種や就職するメリットを解説!

このページのまとめ

  • 外食産業とは家庭外での食事を提供する産業
  • 外食産業には「居酒屋」「ファミレス」「学校の給食」などが含まれる
  • 外食産業には「ホールスタッフ」「研究開発」「店舗開発」などの職種がある

外食産業はどんな業界?主な職種や就職するメリットを解説!のイメージ

「外食産業が気になるけどどんな業界?」「仕事内容について詳しく知りたい」などと考える就活生もいるでしょう。外食産業は飲食業界の一種であり、ファミレスや居酒屋などが含まれています。就職に向けて、どのような業界か詳しく調べるのが大切です。

この記事では、外食産業の特徴や主な職種について解説しています。就職するメリットとデメリットも紹介しているので、進路を考える際の参考にしてください。

外食産業の求人を探す

 
目 次

外食産業とは?食品を提供する業種について解説

外食産業とは、「ファミレス」「居酒屋」などのように、家庭外で食事を提供する飲食業のことです。食事は家庭内で調理をする「内食」、外部で調理されたものを家庭内で食べる「中食」家庭外で食べる「外食」の3つに分類されています。

そのなかでも、食品を提供する業種として分類されているのが、「外食産業」と「中食産業」です。それぞれどのような産業なのかを解説します。

外食産業

外食産業とは、食事や飲食スペースを提供する産業です。学校や病院などで給食を提供する場合も、外食産業に該当します。外食産業には、以下のような施設が該当するので覚えておきましょう。

・レストラン
・カフェ
・ファミレス
・ファストフード
・居酒屋
・料亭
・旅館
・学校(給食がある場合)
・病院(給食がある場合)

「家族全員で外食」や「特別な日のお祝い」など、さまざまなシーンで利用されています。

中食産業

中食産業とは、家庭内での食事を目的に、外部調理を行う産業です。中食産業には、次のような業態が挙げられます。

・持ち帰り専門のお弁当店
・テイクアウト専門店
・宅配専門店
・スーパーマーケットの惣菜コーナー
・コンビニエンスストア

コンビニエンスストアやスーパーマーケットで目にする冷凍食品やレトルト食品なども、中食産業の一つです。近年は、消費者の節約志向や高齢化などの理由から、中食産業が勢いを増しています。しかし、外食産業や飲食業界は現代の食文化に欠かせないものであり、今後も高い需要が見込まれるでしょう。

外食産業について詳しく知りたい場合は、業界研究を行いましょう。「業界研究のやり方とポイントを詳しく解説!自分に合った仕事を見つけよう」を参考に調べてみてください。

外食産業の求人を探す

 

外食産業の主な職種

外食産業で働く場合、「ホールスタッフ」などの店舗勤務や、「研究開発」などの内勤勤務があります。どのような職種があるのかを紹介するので、参考にしてみてください。

ホールスタッフ

ホールスタッフは、飲食業の店舗で勤務するスタッフです。来店したお客さまの案内やオーダーの確認、メニューの紹介、レジ業務などを行います。

フロアスタッフとも呼ばれ、お客さまに直接関わる点が特徴です。ファミレスや居酒屋などを思い浮かべると、イメージがしやすいでしょう。

キッチンスタッフ

キッチンスタッフは、提供する料理を作る職種です。料理の下ごしらえから盛りつけ、ホールスタッフへの提供までを一貫して行います。

また、調理器具の清掃や、食材の仕入れを担当することもあるようです。

研究開発

研究開発は、店舗で提供するメニューやレシピの開発を行う職種です。予算やお客さまの満足度をもとに、新しいメニューを考案します。

「どのような料理が流行っているか」「子どもからお年寄りまで、幅広い年代に好まれるメニューは何か」など、さまざまな視点からメニューを開発するのが特徴です。

販売促進

販売促進は、店舗の売上向上のために、店舗業務のマネジメントを行います。キャンペーンの規格やポスターの作成なども、販売促進の仕事です。

エリアマネージャーと呼ばれる場合もあり、店舗の予算管理や店長の育成、調理指導なども行います。

店舗開発

店舗開発は、新しい店舗を立てるために仕事をする業種です。市場調査や店舗物件の発掘、競合他社の調査などを実施します。会社の計画をもとに、新店舗の立ち上げに携わる場合もあります。

どのような職種があるかは、企業やフードビジネスの形態によっても変わるので注意しましょう。企業研究を行い、志望企業で行っている仕事を確認しておくのが大切です。

企業研究の方法については、「企業研究とは?目的や手順を解説!ポイントを押さえて就職成功を目指そう!」の記事で解説しています。

外食産業の求人を探す

 

外食産業が抱える課題

外食産業をはじめとする飲食業では、人手不足やコスト増加などの課題を抱えています。就職を考える際には、飲食業界の状況も知っておきましょう。ここでは、3つの課題について解説します。

慢性的な人手不足

外食産業では、慢性的な人手不足が課題の一つです。その背景には、労働のボリュームが多い、給与が低いなどの影響があると考えられています。

労働が多かったり給与が低かったりすると、「求人に対して応募が少ない」「すぐに辞めてしまう」などの影響が表れます。外食産業では、人手不足のためにどのような対応を行うかが重要です。

市場規模の縮小

市場規模が小さくなっている点も、外食産業の課題に挙げられています。節約志向の影響から外食の機会が減り、中食産業に顧客が流れている傾向にあるからです。

今後も不況や少子高齢化の影響から、外食産業の市場規模は縮小するともいわれており、新しい施策が必要でしょう。

コストの増加

食材や人件費など、コストの増加も課題です。食材は気候の影響を受けやすく、安定した価格での販売が難しいことが影響しています。

食材の価格が上昇すれば、店舗で提供するメニューの価格も上げなければなりません。しかし、メニューの価格が上がると客足が遠のき、売上が減少する場合もあるのです。

外食産業や飲食業界について詳しく知るためには、業界研究セミナーに参加してみましょう。飲食業界のセミナーに参加すれば、飲食業界に絞って業界研究ができます。

詳しくは「業界研究セミナーとは?気になる内容と参加するメリットを解説」の記事で解説しているので、参加する際の参考にしてください。

外食産業の求人を探す

 

外食産業が人手不足解消に向けて実施する取り組み

外食産業は人手不足を解消するために、働き方の改善やITの活用を行っています。ここでは、3つの取り組みについてまとめました。

働き方の整備

柔軟に働ける環境を作るなど、働き方改革を実施しています。柔軟な働き方ができるようになれば、採用できる人が増えたり、離職する人が減ったりするためです。

たとえば、通勤できる地域内の店舗のみに限定し、勤務時間を柔軟に調整できる「限定社員制度」を導入している企業もあります。限定社員は時短勤務が可能であり、週に20時間以上の労働があれば正社員で働ける点もメリットです。

福利厚生の充実

従業員が働きやすくなるように、福利厚生に力を入れる企業もあります。福利厚生が充実すれば、就業を希望する人材が増え、今いる従業員の長期的な就労にもつながるからです。

たとえば、従業員が働きやすいように、休暇を取りやすくする企業もあります。また、退職金制度や住宅手当などの支給を行い、福利厚生の整備を進める企業もある状況です。

福利厚生の内容は、企業によって変わります。ユニークな制度を導入する企業もあるので、「独特な制度もある!ベンチャー企業の福利厚生事情とは」も参考にしてみてください。

ITの活用

従業員の負担軽減に向けて、ITサービスを導入する企業もあります。アナログでの業務は従業員の負担が大きく、ミスも発生しがちだからです。

たとえば、「顧客情報の管理」「クレジットカード決済の導入」「会計システムの導入」など、業務の効率化に必要なサービスがあります。このようなサービスを導入し、従業員が働きやすい環境を目指す企業も増加しているようです。

外食産業の求人を探す

 

外食産業に就職するメリット

外食産業で働くメリットには、次のようなものが挙げられます。

・人材を募集しており比較的採用されやすい傾向にある
・シフト制の店舗は自分の都合に合わせて勤務を調整しやすい
・資格がなくても採用されやすい
・頑張り次第で昇格できるチャンスがある
・料理やお酒などの知識を深められる
・テーブルマナーや接客スキルが身につく

勤務する店舗にもよりますが、料理の知識や接客術などのスキルを身につけられる点がメリットです。また、将来独立を考えている場合は、店舗で働くとスキルアップにつながるでしょう。

起業を考えている方に向けては、「起業したい大学生が押さえるべきポイントは?」で詳しく企業について解説しています。将来のことも考えて、就職する業界や企業を選びましょう。

外食産業の求人を探す

 

外食産業に就職するデメリット

外食産業で勤務する場合、次のような点をデメリットに感じるかもしれません。

・休日や祝日が忙しく、友人や家族と時間を合わせづらい
・店舗での勤務は体力が必要になる
・人と接する仕事なため、話すことが苦手な人にはハードルが高い
・他業界と比較すると休日が少ないといわれている
・人手不足から長時間労働になる場合がある
・スタッフの急な休みに対応しなければならない

外食産業は、個人のお客さまに対応する「BtoC(Business to Consumer)」の仕事です。顧客からの要望やクレーム対応が必要になることもあります。場合によっては悪質なものもあり、ストレスを受ける可能性もあるので注意しましょう。

外食産業の求人を探す

 

外食産業で実現できるキャリアステップ

外食産業では、「管理責任者」「マネージャー」などのキャリアを目指せます。どのようなキャリアステップがあるかを解説するので、自分の将来像をイメージするのにお役立てください。

管理責任者

管理責任者とは、店長や副店長など、店舗のトップになる役職です。店舗の売り上げ目標を立てたり、売上管理を行ったりします。店舗が経営を行うために、欠かせないポジションです。

そのほか、「食材の仕入れ」や「衛生管理」「アルバイトなどの面接」「クレーム対応」なども管理責任者の業務といえます。働きながら経営のノウハウを学べ、多くの人との人脈を広げられる役職です。

マネージャー

マネージャーは、店舗の経営を行います。企業によっては、マネージャーと管理責任者を兼任する場合もあるので覚えておきましょう。

マネージャーは売上上昇に向けた対策を考えたり、マーケティングを行ったりします。本社と現場の間に入って業務を行うことが多く、コミュニケーション能力が求められる仕事です。

企画

企画には、「営業企画」「商品企画」「販促企画」などの種類があります。

営業企画は営業活動を行うための広告を考え、商品企画は新メニューの考案や既存メニューの見直しが仕事です。また、販促企画では、メニュー表やチラシ、ポスターの作成などを行います。

企画職は裏方に回る業務のため、店舗ではない部分で飲食業に関わりたい方に向いているでしょう。

店舗の独立

自分の店舗を持ちたい場合、独立する選択肢もあります。外食産業に就職し、経営ノウハウを学び、開業資金を貯めれば、スムーズに独立しやすくなるでしょう。

就活では、面接でキャリアについて聞かれる場合もあります。将来のキャリアについて、就活の段階から意識しておきましょう。

キャリアの考え方については、「『入社後したいこと』はどう答えたら良い?キャリアプランを聞く理由と答え方を解説!」で解説しています。

外食産業の求人を探す

 

外食産業への就職を目指すあなたへ

外食産業に興味があり、就職を目指している人もいるでしょう。飲食業界は身近な業界であり、志望する人も多い業界です。しかし、内定を取得するためには、企業研究や面接対策などの準備が欠かせません。

外食産業への就職を目指す場合は、ぜひキャリアチケットに相談してください。キャリアチケットでは、面接対策やエントリーシートの添削など、内定獲得に必要な準備をサポートいたします。外食産業だけではなく、あなたの希望に応じて求人の紹介を行うので、安心してください。就活エージェントを活用して、納得のいく就活ができるように準備しましょう。

外食産業の求人を探す

   

本記事の監修者

淺田真奈(あさだまな)

大学時代は接客のアルバイトを3つかけもちし、接客コンテストで全店1位になった経験をもつ。新卒では地方創生系の会社に入社をし、スイーツ専門店の立ち上げからマネジメントを経験。その後、レバレジーズへ中途入社。現在はキャリアチケットのアドバイザーとして、学生のキャリア支援で学生満足度年間1位と事業部のベストセールスを受賞し、リーダーとしてメンバーのマネジメントを行っている。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。