400字であなたを伝える!自己PRの流れとまとめ方

ES(エントリーシート)に自己PRを書く時、企業によっては文字数の指定があります。 よくあるのが400以内という指定ですが、原稿用紙1枚で自分を伝えるのはなかなか難しいもの。 無駄のない構成を意識し、要点を押さえてアピールする必要があります。 今回のコラムでは、自己PRの基本的な構成と注意、エピソードを400字に収めるコツを解説していきます。 限られた字数で目一杯のアピールをしましょう!

目次



 

結論から書く!自己PR基本の流れ

わかりやすい自己PRを書くには「私の強みは〇〇です」というように、冒頭に結論をもってきましょう。〇〇には、協調性や忍耐力、コミュニケーション能力といったあなたの能力を示すワードを入れると良いでしょう。
その後強みの根拠となるエピソードを紹介し、冒頭の結論に説得力を持たせます。
エピソードはあなたの物事に取り組む姿勢や意欲が伝わるように説明していきます。どんな活動をしていたのか、その活動をしようと思った動機は何か、活動をしていく中で生じた問題や課題は何かを明らかにしていきます。

企業はあなたが問題をどう捉えどのような行動をとったのかに注目します。なぜなら課題に対する取り組み方からは、あなたが入社後どんな風に活躍するかがイメージできるからです。
ですから、問題に対しての取り組みはなるべく具体的に説明することが大切。行動をとった結果までを紹介します。
そして最後に一連の経験から何を学んだかを書き、入社後に自分の強みがどのように活かせるかを説明しましょう。

▼関連記事
学生必見!自己PRの書き方を例文つきでご紹介
 

 



 

400字に収めるコツとは?

400字で過不足なく自己PRをするためには、アピールする強みや根拠となるエピソードは1つに絞りましょう。
「エピソードなら沢山あるのに…」と思うかもしれませんが、あまり多くの要素を盛り込むと要点がぼやけてかえって全体の印象が薄れてしまいます。自分の価値観や人柄が伝わる1つの経験を深堀りして、具体的に説明するよう意識しましょう。

字数が限られている時は、「何を一番に伝えたいのか」を意識すると話が寄り道することなく文章に無駄がなくなります。1度字数を気にせず書いた後に見直しをし、無駄な表現や必要のないエピソードを省いていくと良いでしょう。

ESの自己PRでは、わかりやすさも大切です。専門用語は使わず、一文が長くなり過ぎないように注意しましょう。
年配の人でも見やすいように文字の大きさや行間にも気をつけ、話の流れによっては改行を入れて読みやすい文面を心がけます。
採用担当者は一度に大量の書類を読み込んでいる可能性があるので、ぱっと見た印象は大切です。見にくい書類はそれだけで落とされる恐れもあるため、読みやすさに気をつけ見直しをしましょう。

▼関連記事
自己PRを400字以内で書くには?気をつけるべきポイント
 



 

例文丸写しはダメ!自己PRを書く時の注意

就活関連の書籍やWebサイトを見ると、数多くの例文が掲載されています。
こういった例文を話の流れや文章の書き方の参考にするのは構いませんが、例文丸写しの自己PRはいけません。

大量のESを見る採用担当者は学生の嘘を見抜きますし、本人の言葉で語られていないPRが面接官に響くことはないでしょう。
「人に自慢できるような実績がないから…」という理由で自己PRを詐称する人がいますが、企業が見ているのは実績のすごさではありません。
企業が新卒に求めるのは、今までの実績ではなくこれからの可能性。その人の姿勢や人柄が現れた自己PRこそが、新卒採用では評価されます。

「アルバイトに力を入れて取り組み、店舗の売り上げを伸ばすことができた」
このような具体性に欠ける自己PRも評価の対象とはなりません。この文章には、具体的にどんな工夫をしたのか、どんな方法で売り上げを伸ばしたのか、どの程度売り上げが伸びたのか、そこから何を学んだのかという説明が欠けています。
大切なのは、売り上げを伸ばそうと試行錯誤した姿です。自己PRでは、結果に至るまでのプロセスに重点を置いてエピソードを説明しましょう。

▼関連記事
自己PRってどうすればいいの?書き方と注意点を紹介
 

 



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。