自己PRを200字でまとめるコツは?効果的な方法

「自己PRを200字でどうまとめるか悩んでいる」という方はいませんか? このコラムでは、自己PRを200字で書くコツや、効果的にまとめる方法をご紹介。これから自己PRを作成するという方は、参考にしてみてください。

目次



 

自己PRを200字でまとめるコツ

エントリーシートや履歴書の自己PRの文字数は、200字〜300字に指定する企業が多いといわれています。
就職活動をしている人の中には、「自己PRを200字でどうまとめるか悩んでいる」という方がいるかもしれません。

自己PRが200字の場合、以下の3つに気を付けることが大切です。

・はじめに自分のアピールポイントを一文で書く
アピールポイントを冒頭に書くことで、読み手の印象に残りやすくなります。
イメージしやすい内容となるよう、自分の強みを一言で表現しましょう。

・根拠に関係のない文章は省く
200字の場合は書ける内容が限られるため、必要な文をピックアップする必要があります。
抽象的な内容にならないよう気を付けながら、情報を盛り込みましょう。

・一文をできる限り短くする
一文を長くしてしまうと、文字数が増えるだけでなく、読み手にとってわかりづらい内容になります。
主語と述語に注意し、簡潔な文の作成を心がけましょう。

自己PRは、自分の長所や強みをアピールする絶好のチャンス。「200字にまとめるのは難しそう」と思っている方も、要点を押さえれば効果的な自己PRを作成できます。



 

200字の自己PRはPREP法が有効!

PREP(プレップ)とは、「Point」「Reason」「Example」「Point」の頭文字をとったもの。
それぞれを自己PRの流れに合わせると、以下のようになります。

・「Point」:要点(自分のアピールポイント、強み)
・「Reason」:理由(強みだと思う理由)
・「Example」:例(強みの根拠となる具体的なエピソード)
・「Point」:結論(強みを応募先の企業でどう活かすか)

前の項目でも触れたように、自己PRをまとめる際は、はじめにアピールポイントを述べることが大切です。
また、信憑性を高めるために、強みの根拠となるエピソードを盛り込むことが必要。具体的な経験を述べ、採用担当者がイメージしやすい内容にしましょう。
さらに、結論として強みをどのように活かせるか書けると、入社後に活躍する姿を採用担当者が想像しやすくなります。

これから自己PRを作成する方は、PREP法を参考にして説得力のある内容にしましょう。
 



 

200字の自己PRを作成する方法

伝えたい内容は思い浮かんでも、200字でまとめることに苦労している方がいるかもしれません。
200字の自己PRを作成するコツとして、以下の2つをご紹介します。

・アピールしたい長所を選ぶ
200字の自己PRでは、長所をたくさん書いてしまうと、それぞれの根拠や具体例を書けなくなります。
応募先の企業で活かせる長所を1つ選び、それについて具体的に書きましょう。

・無くても意味が通じる文や表現を省く
まずは、文量を気にせずにPREP法の流れで自己PRを書いてみましょう。
書き終わった後に文章を読み直し、無くても意味が通じる文や表現を省く方法が効率的です。

自己PRを200字でまとめるには、企業の求める人材像を把握した上で、アピールポイントを選択することが大切です。
中身に不安のある場合は、家族や友人など第三者に読んでもらうのも1つの方法。わかりやすい内容になっているか確認してもらうと、改善点が見つかるかもしれません。

採用担当者に強みを効果的にアピールできるよう、事前に自己分析をしっかり行い、説得力のある自己PRを作成しましょう。
 



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。