自己PRで忍耐力をアピール!効果的な方法とは?

就活での自己PR。自分には「忍耐力があります」と述べる人も少なくないのではないでしょうか。しかし単に忍耐力があることだけを伝えても採用担当者にうまく強みが伝わりません。では効果的に伝えるコツとは何でしょうか? こちらのコラムでは、自己PRで「忍耐力」をアピールすることにスポットを当ててご紹介していきたいと思います。

目次



 

自己PRで「忍耐力」は評価される?

就職活動の自己PRで忍耐力をアピールすることは重要だといえます。
社会人として働いていく中で、ほとんどの仕事で忍耐力が求められる場面が多いからです。
たとえば、大変な仕事を任せられたり、社内や取引先との人間関係の中にもストレスがあったりします。そのような中で、ストレス耐性があることは十分評価されるでしょう。
企業としても入社してもすぐに辞めてしまう人よりも、忍耐力を持って長く続けてくれる人材のほうが欲しいと考えられます。
しかし、忍耐力をアピールする学生は多く、企業によっては受け身の印象を持つことがあるので工夫が必要となります。
採用においても、忍耐力だけをアピールすればいいということではないようです。
業種や職種によっては、忍耐力が最重要視される場合もあるでしょう。しかしながら、ほとんどの場合は忍耐力と他の複合的な力が求められることになります。そのため、忍耐力が自分の最大の強みだとしてもそれだけをアピールすることはあまりおすすめできません。
次に、自己PRの内容に忍耐力を選ぶ際の注意点をご紹介していきます。

▼関連記事
求められるのは分析力と客観性!性格から選ぶ長所一覧



 

「忍耐力」を自己PRにする際の注意点

単に「私は忍耐力があります」と述べたとしても、抽象的で印象に残りにくい傾向にあります。
それだけでは、忍耐力よりも「ただ我慢した」「当たり前のことをした」と捉えられてしまう可能性が高いでしょう。
状況をきちんと伝えないと、逆にそのようなことで忍耐力が必要なのかと思われてしまうことにも。また、我慢する癖がついてしまっているだけと捉えられ、精神的に崩れやすいのでは、とマイナスの評価をされるリスクもあるので注意が必要です。
「忍耐力」というワードだけでなく、ほかの表現も交えて説明することがポイントとなります。

・精神的に無理をして耐えているといういる感覚はなく、苦しいことにもチャレンジできます
・厳しい状況の中で耐えながら解決策や改善策を模索することが得意です
・耐えた先に自分の成長や成功が待っていると考えています など

つまり、自分としては「耐えること」や「我慢すること」をマイナスなイメージではなくプラスとして捉えているというニュアンスにして伝えることが大切です。
「忍耐力」というワードを、分かりやすく「物事をやり遂げる力」「最後まで諦めない力」などと言い換えてみてもいいでしょう。

▼関連記事
「粘り強さ」を自己PRで伝えよう!強みをアピールする書き方と例文を紹介



 

「忍耐力」を効果的にアピールするには?

まずは、裏付けとなるエピソードを探しましょう。
採用担当者は、同じ時期に同じような学生の自己PRを見ることになるため、なるべく印象に残るようなエピソードを盛り込んだほうがより効果的だといえます。
どのような課題があって、どう対処したのか、それによってどんな成果がでたのかを分かりやすく伝えましょう。
また、自分で「私には忍耐力があります」と述べるより、第三者からの評価を得たほうが信憑性が高いものになります。たとえば、友人や家族から「忍耐力があるとよく言われる」「根気があると言われたことがある」といった話を入れることでより具体性も増すでしょう。
忍耐力を言い換えて、「粘り強い」「気骨がある」「芯が通っている」といったワードも使うことで、自分らしさを表現できるようにしてみるとなおいいでしょう。
そして入社後、その「忍耐力」をどのように活かし会社に貢献できるかを伝えます。
そのためにも、やはり企業研究を徹底的に行う必要があります。しっかり企業の方向性や求められている能力を理解し、自分の強みとマッチしていることをアピールしましょう。

▼関連記事
自己PRで諦めない姿勢をアピールするには?説得力を持たせる方法



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。