履歴書添削に求人紹介!新卒応援ハローワークの利用方法

このページのまとめ

  • 「新卒応援ハローワーク」は、ハローワークが実施する無料の新卒支援サービス
  • 履歴書添削や模擬面接、セミナー参加や企業ツアーなどサービスは多岐に渡る
  • 人事や労務で経験を積んだジョブサポーターが就活を積極支援
  • Webサービスのクラブ会員になるとネットで優良企業へのエントリー可能
  • 求人の応募には紹介状が必要な場合もあるので要確認

就活生の皆さん、ハローワークで就活支援を受けられること知っていますか?
ハローワークは転職者向けの機関だと思われがちですが、「新卒応援ハローワーク」として、履歴書の添削や求人紹介などの支援を実施しています。
企業研究や選考を進めるなかで、「大手就活エージェントとはまた違った就活支援を受けてみたい!」「穴場の優良企業の求人情報を知りたい…」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事では、「新卒応援ハローワーク」の概要と、その利用方法について詳しくご紹介します。
 

新卒でもハローワークを利用できる!

まずは「新卒応援ハローワーク」のサービス内容を知りましょう。

ハローワークとは

ハローワークは、正式には「公共職業安定所」と呼ばれる国営の職業案内所です。
主に求職者向けの職業紹介や失業保険の手続き、職業訓練など、就職困難者の支援サービスをおこなっています。
民間の就活エージェントなどと同じように、無料でサービスを受けることができます。

新卒応援ハローワークとは

「新卒応援ハローワーク」は、全国全てに設置された、新卒学生や既卒3年以内の求職者に対して就活をサポートするサービスです。
具体的には、求人の紹介や履歴書の添削、就活セミナーの実施などをおこなっています。

ジョブサポーターとは

ジョブサポーターとは、ハローワーク独自の、就活相談員に対する呼称です。
企業で人事や労務の経験を積んだジョブサポーターが、カウンセリングや求人情報の提供、履歴書添削など、さまざまな形で就活生をサポートします。

Webサービスが便利

日々の面接や説明会に忙しく、頻繁にハローワークまで足を運べないという方は、Webサービスを活用してみてはいかがでしょう。
厚生労働省が運営する「大卒等就職情報WEB提供サービス」のクラブ会員になると、ネットでハローワークのサービスを受けることができます。
セミナーや面接会などのイベント情報を受け取れるほか、求人情報の検索や希望企業のエントリーも可能です。
クラブ会員でなくても、全国各地の就活イベント情報をチェックできるので、一度チェックしてみてください。
ただし、こちらはパソコン向けのサービスになっており、スマートフォンの機種によっては見ることができませんので、ご注意ください。
 

就活でハローワークを活用しよう

それでは、「新卒応援ハローワーク」の具体的なサービス内容をみていきます。
内容は各ハローワークによって異なりますので、お近くの施設の情報をよく確認しましょう。

個別相談

経験豊富なジョブサポーターによる一対一の個別相談ができます。
予約は不要で、1回約50分相談が受けられます。

求人紹介

全国の求人の中から、一人ひとりに合った企業を紹介。
大手の就活サイトには載っていない、優良な中小企業の求人を多く扱っているのが特徴です。
担当者が実際に企業に訪問し、その企業の採用ニーズを熟知した求人もあるので、一度話を聞いてみてはいかがでしょう。

履歴書添削

ジョブサポーターが丁寧に応募書類を添削し、その人の魅力が伝わる履歴書づくりをサポートします。

模擬面接

ハローワークでは志望企業を想定した模擬面接も受け付けています。
こちらは求職登録と事前予約が必要なので、ご注意ください。

面接会

ハローワークでは、数社が集まる合同面接会や、1社のみのミニ面接会などを開催しています。
興味のある企業があれば、ぜひ意欲的に参加してみましょう。

会社説明会

年間を通じて多くの会社説明会を実施。
企業の担当者から生の声を聞いて、企業のことをさらに詳しく知りましょう。

企業ツアー

実際に企業を訪問し、見学することができます。
百聞は一見にしかずと言います。Webサイトを見ただけでは分からない現場の声を拾い、さらに企業理解を深めましょう。

セミナー

面接対策や志望動機など、年間300以上の役立つ就活セミナーを実施しています。
利用する際は求職登録と事前予約が必要なので、迷ったらまず問い合わせてみましょう。
 

ハローワーク利用時のポイント

それでは、実際に「新卒応援ハローワーク」を利用する際のポイントを確認していきましょう。

利用前の手続きは不要

利用にあたっての手続きは特にありません。
また、サービスは全て無料で受けられますので、費用面での心配も必要ありません。

セミナーや講座は予約制のものもある

個別の就活相談や模擬面接、セミナーなどは、予約が必要な場合もあります。
まずはお近くのハローワークにて、確認してみましょう。

服装は基本的に私服でかまわない

ハローワークでの個別面談や書類添削などの場合、服装は私服で構いません。
ただ、すぐに求人に応募したいと考えている場合、その場で面接が決まり直行することもあるので、念の為スーツを着用していきましょう。
他にも、セミナーや講座の中にはスーツ着用の指定が入る場合もあります。また、採用に直結する面接会や、実際の面接を想定しておこなう模擬面接などはスーツが好ましいです。
状況に合わせ、その時々に適した服装を心がけましょう。
 

ハローワークの求人応募に必要な「紹介状」

ハローワークの求人に応募する際、紹介状が必要な場合があります。
求人票に「採用拡大奨励金対象求人」書かれているものは、紹介状が必須の企業です。
そういった場合はかならずハローワークで紹介状を交付してもらいましょう。

紹介状とは

ハローワークを介して求人に応募する際、場合によって必要な書類です。
紹介状には、その人の氏名や面接予定日、企業の所在地など、選考の情報がまとめられています。
自分が応募者本人であることを示す役割があるほか、企業から助成金をもらう場合に必要になる大切な書類なので、紛失しないよう慎重に扱いましょう。ちなみに紹介状の原本はハローワークで保管されます。

発行方法

紹介状をもらうには、志望企業の求人票とハローワークの登録カードが必要です。
これらを持参し、ハローワークの総合受付にて発行してもらいましょう。
ハローワークの相談員が企業側に連絡をし、問題がなければ紹介状が交付されます。
紹介状の発行には必ず企業側の承認が必要なので、朝や昼休憩時など、企業に連絡を取りづらい時間帯は避けましょう。

紹介状は採用率と無関係

勘違いしてはいけないのが、紹介状は企業に応募するための事務手続きだということです。
つまり、紹介状が交付され、企業に提出できたからといって採用の可能性が上がるというものではありません。
紹介状に安心せずに、気を引き締めて選考を進めていくことが大切です。


以上、「新卒応援ハローワーク」の概要と、その利用方法についてお伝えしました。
ハローワークでの個別面談は事前予約不要。お近くの施設へ赴き、その場で面談を受けることができます。
しかし、混雑している場合はすぐに面談を受けられない場合も考えられます。
時間に余裕がなく、なるべく待たずに就活相談を受けたいという方には、キャリアチケットがおすすめです。

キャリアチケットは、新卒向け就活エージェントです。
就活のプロである専任アドバイザーとの個別カウンセリングや履歴書添削、セミナー参加などが全て無料で受けられます。
登録や面談予約なども、全てスマートフォンひとつで可能です。
度重なる説明会や、面接の合間に日程調整をすることができるので、まずはお気軽にご登録ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!