就活で適切な履歴書のサイズは?選び方やマナーについてご紹介

このページのまとめ

  • 履歴書のサイズはA4とB5の2種類しかなく、どちらを選んでも問題はない
  • 企業や大学から履歴書のサイズ指定があった場合は従おう
  • 履歴書のほかに提出書類がある場合はサイズを合わせる
  • 履歴書の欄はすべて埋める
  • 履歴書を書く際は誤字脱字に注意する

就活で履歴書を作成する際、どのサイズが良いか悩んだ経験はありませんか?基本的に企業から指定がなければ、A4とB5のどちらのサイズで作成しても支障はないため、自分の好みに合わせて選びましょう。このコラムでは、履歴書のサイズを選ぶときの基準や、サイズ以外にも気にかけるべき履歴書のマナーをご紹介。正しい知識を身につけた万全の状態で履歴書作成に取り組みましょう。
 

履歴書のサイズはA4とB5の2種類のみ

履歴書のサイズはA4とB5の2種類のみのため、どちらかを選びましょう。
基本的に履歴書においては、A4はA3を半分に折ったサイズ、B5はA4を半分に折ったサイズを指します。

A4とB5どちらの履歴書を使用しても問題はない

一般論ではA4の履歴書は新卒の就活、B5の履歴書はアルバイトや転職といわれていますが、どちらを使用しても選考の評価に大きく影響することはありません。
企業から指定がない限り、自分が書きやすいほうを選ぶと良いでしょう。

A4もB5も貼り付ける写真のサイズは同じ

履歴書に貼り付ける写真のサイズは、A4でもB5でも変わりません。
履歴書用の縦4cm✕横3cmの証明写真を写真用の欄に貼り付けます。企業から通常よりも小さいサイズの写真を求められた場合のみ、改めて撮りに行くと良いでしょう。

▼関連記事
履歴書はA4?B5?正しいサイズの選び方を解説します
 

使用する履歴書のサイズを選ぶ4つの基準

使用する履歴書のサイズに迷っている場合は、下記の4つを基準に選びましょう。

1.大学や企業からサイズ指定があった場合は従う

大学や企業から履歴書のサイズ指定があった場合は、それに従いましょう。指定と異なるサイズの履歴書を使用すると、悪印象に繋がる恐れがあります。不安な場合は、企業に問い合わせて確認すると安心です。

2.書きたい文章量で決める

履歴書のサイズは、自分が書きたい文章量で決めましょう。書きたいことが多く、文章が長くなる可能性がある場合は、余裕を持ってA4サイズを選ぶのが無難です。書きたいことが少ない場合や内容を簡潔に収めたい場合、長文を書くのが苦手な方は小さめのB5サイズを選ぶと良いでしょう。

3.各記入欄のサイズや内容で決める

履歴書は、各記入欄のサイズや内容を見て選びましょう。「趣味や特技をアピールしたい」「志望動機や自己PRは長めに書きたい」など、就活生によって書きたい項目や力を入れたいポイントは異なります。
内容に沿った項目が用意されているか、書きたい項目のスペースは大きめに取られているかなど、自分の好みに合わせて決めましょう。

4.ほかの書類のサイズと合わせる

履歴書のサイズは、ほかの書類に合わせましょう。
企業に提出する書類は、履歴書のほかに送付状(添え状)やエントリーシートがあります。送付状は企業への簡単な挨拶や、同封書類の内訳を記載した書類です。
たとえば、エントリーシートや送付状がA4サイズだった場合、履歴書もA4サイズにすると統一感が出ます。
 

サイズ以外にも覚えておきたい履歴書の6つのマナー

履歴書で気にしなければいけないのは、サイズだけではありません。履歴書に関するマナーはほかにもあるので、覚えておきましょう。

1.履歴書の欄はすべて埋める

履歴書の記入欄はすべて埋めましょう。空欄があると「書き忘れ」と思われてしまう可能性があり、あまり印象が良くありません。もし書くことがない場合も、空欄は作らず「特になし」と記入するようにしましょう。

2.誤字脱字に注意する

履歴書作成時は、誤字脱字に十分注意しましょう。履歴書は企業に自分をプレゼンするための書類なので、誤字脱字があると「注意力がない」「熱意が足りない」と思われてしまう恐れがあります。
書き終わった後も油断せず、誤字脱字がないか入念にチェックしましょう。

3.書き損じた場合は訂正せず新しく書き直す

書き損じた場合は修正液や修正テープで訂正せず、新しく書き直すのが基本です。修正した痕跡があると見栄えが悪いうえ、印象ダウンにも繋がります。もし「1から書き直すのが面倒」「紙がもったいない」と感じる場合は、鉛筆やシャーペンで下書きをして事前に対策すると良いでしょう。

4.基本的に履歴書は手書きを心がける

企業から指定がない限り、履歴書は手書きでの作成を心がけましょう。パソコンが普及した現在でも、手書きを重視する文化は残っているようです。そのため、パソコンか手書きか迷った場合は、手書きで作成したほうが無難でしょう。ただし、IT系や外資系を志望する場合は、パソコンで作成したほうがスキルのアピールになり、評価が上がる可能性もあります。

5.2枚綴りの場合はクリップで留める

パソコンで履歴書を作成し、自宅で印刷した場合は、履歴書が2枚綴りになることもあるでしょう。そのような場合は、書類のばらつきや紛失を防止するためにクリップで留めます。ホチキスは外す際に相手に手間をかけてしまうため、使用しないようにしましょう。

6.履歴書を封筒に入れる際は半分に折ったままにする

履歴書を封筒に入れる際は、半分に折った状態のまま入れましょう。折り目が3つ以上になると、文字が重なったり、潰れたりして読みづらくなってしまう可能性があります。そのため、封筒は半分に折った履歴書が収まるサイズのものを選びましょう。2枚綴りの場合はそのまま折らずに封筒に入れます。

▼関連記事
新卒の就活に使う履歴書はA4サイズ2枚になってもよい?
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする