不動産業界を目指す方へ!働くやりがいや大変な点とは

このページのまとめ

  • 不動産業界には、業者や事業領域など幅広い分野が存在する
  • 一時的な業績の下落を経て、再び好調をキープしている業界
  • 顧客の生活に密着できる点でやりがいが大きく、頑張りが収入に反映されやすい魅力がある
  • 営業職ではノルマの大変さもあり、精神的、体力的ともにタフさが求められる

一口に不動産業界といっても、扱う対象や業者は実にさまざまです。今回のコラムでは、不動産業界の市場状況や働くやりがいなど、仕事探しの参考になるポイントをお伝えします。

不動産業界とは

土地や建物の管理・売買と密接に関わるのが不動産業界です。開発業者や不動産仲介業者、管理会社、住宅販売会社など、業者にも多くの種類が存在します。

開発業者(デベロッパー)は、主に商業施設やマンション、ビルなどの開発を行っています。不動産仲介業者は、物件の売買と賃貸を仲介する業者のことです。注文住宅や建売住宅を展開するハウスメーカーの仲介も含まれます。
住宅販売会社では、文字通りマンションや戸建てといった住宅を販売。管理会社は不動産物件の保守や管理を担い、顧客の満足度を高めるサービスを行う業者です。

開発のみや売買のみ、仲介のみと、各分野に限定して事業を行う企業もあれば、総合的なビジネスを手掛けている企業もあります。

このように、土地や建物といった不動産をさまざまな形で取り扱い、買い主・借り主に引き渡したり管理したりするのが不動産業界です。手掛ける事業領域によって、仕事内容も異なります。

取り扱う物件の状態も、中古から新築まで多種多様。個人の住宅をはじめ、土地や商業施設、ビルなど、対象の規模や価値に応じて金額が動く業界といえます。
 

 

不動産業界の現状

好調な流れを維持し、安定した市場が見込まれる不動産業界。都心部ではオフィスビルの開発が進み、需要は拡大傾向にあります。
東京ミッドタウンや、丸の内・大手町の再開発などは、不動産業界の好調な業績を支えている事業の1つです。オフィスだけでなく商業施設も加わった複合施設の開発をはじめ、アウトレットモールやショッピングモールの開発の進展も、不動産業界の業績アップに大きく貢献しています。

世界金融危機が発生した2007年、不動産業界は一時的に業績不振に陥りました。都心のオフィスビルでは空室が目立つようになり、複合施設の開発も急激に低迷する事態に。しかし、デフレからの脱却を掲げて制定された経済対策により再び業績は持ち直し、徐々に市場拡大の一途をたどっています。

消費税増税前には駆け込み需要の効果もあり、マンションや住宅の売れ行きがアップ。新築だけでなく、老朽化した中古物件を大規模に改築したリノベーション物件の人気も高まっています。都心部のオフィスビルの空室問題も解消傾向になっており、不動産業界は好調な業績を保っているといえるでしょう。

大手企業が不動産業界全体をけん引しているなかで、地域密着型の企業も地域の特性を踏まえた事業を展開しています。国内だけに留まらず、海外に拠点を広げる企業も出てきているようです。

フィリピンやインドネシア、ミャンマーといった日本の周辺国の経済発展は著しいものだと予測されています。人口増加と経済の発展が期待される国では不動産の存在が不可欠であり、需要も高まるでしょう。
このように、将来的な動向も踏まえたうえで、今後は海外展開に乗り出す企業が増えていくかもしれません。

不動産業界で働くやりがい

不動産業界では動く金額が大きく、数千万や数億という大きな額を扱うことも。不動産の購入は、顧客とって一生に一度の買い物といえるかもしれません。そのため、より強い使命感を持って仕事にあたる姿勢が問われるでしょう。取り引きの規模が大きいぶん、やりがいも存分に実感できるはずです。

不動産は、人が生きるうえで欠かせない「衣食住」の1つを構成しているといえます。土地や家といった人の生活に密着したものが事業の対象のため、顧客の要望を叶えることができた際には感謝の言葉とともに代えがたい喜びも得られるでしょう。

不動産業界は、建築基準法や借地借家法など法的な要素が絡む場面も多いです。業務で得た不動産関連の法律や知識は、自分自身の実生活にも役立つといえます。

顧客とのやり取りが長期にわたるケースが多いのも、不動産業界ならではの特徴。長い付き合いのなかで信頼関係を築くこともでき、顧客の記憶に残る存在になることも可能です。

不動産業界での仕事は、顧客のさまざまなリクエストを聞き入れながら一生モノの買い物をサポートする接客業。人と接することが好きな方や人の生活に密接に関わりサポートしたい方にとって、不動産業界はうってつけの就職先といえます。
顧客の心情や真のニーズを汲み取り、誠心誠意を尽くせる人に向いている職業です。

もちろん、土地や建物など不動産そのものに関心がある方にも適しています。業務を通じて、日々あらゆる不動産に触れることが可能です。不動産に関してさらに詳しい知識を身につけられるため、やりがいは大きいものになるでしょう。

営業職の場合だと、頑張りが給与に反映されるというメリットもあります。大規模な取り引きを成功させた際には、収入アップがより期待できるかもしれません。
契約獲得や販売実績といった自身の力が収入につながる業界であり、若いうちから高収入を狙うチャンスもあると考えられます。
 

 

不動産業界で働く大変さ

不動産業界は、景気に左右されやすい側面があります。前述したように、2007年の世界金融危機を発端に業績は急降下。高需要と思われていたオフィスビルは、空室が目立つ時期も。景気に応じて不動産の相場も下がり、結果的に収入面で影響が出るケースもあるようです。

少子高齢化にともなう人口減少も、不動産業界に影響を与える問題といえます。不動産と人口動態の相関性は高く、少子高齢化の問題が継続すれば販売数の減少も考えられるでしょう。

繁忙期も、不動産業界では避けて通れない大変なポイント。不動産業界の繁忙期は特に2~3月にあたるといわれており、営業時間終了後の雑務や休日出勤が発生するケースもあるようです。特にこの時期は、体力的・精神的なタフさが問われると考えられます。

営業職であれば、ノルマが大きな課題になるでしょう。一定の期間に取るべき契約数が決められていたり、毎月個人の契約件数が発表されたりすることもあります。
ノルマは企業によって差がありますが、あまりに多いノルマを定められているとプレッシャーを感じる可能性も。頑張ったぶんだけ収入につながりますが、スタッフ間の競争意識だけが目立ってしまう職場もあるようです。

このように、不動産業界にはさまざまな活躍の場があり、やりがいや大変さも多種多様。人の生活に不可欠な住まいに深く関わることができる点は、不動産業界ならではの魅力ともいえます。
このコラムを読んで不動産業界への関心が高まった方は、就職エージェントを利用してさらに詳しい情報を得てみてはいかがでしょうか。

キャリアチケットでは、新卒者を対象に就職支援を行っています。業界の情報を網羅しているだけでなく、就活に必要な応募書類の書き方や面接対策も万全です。
まずは一度ご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする