不動産業界を目指す方へ!業務内容や働くことのメリットをご紹介

このページのまとめ

  • 不動産業界では、土地や建物の管理・売買と密接に関わっている
  • 開発や流通、管理というように不動産業界の業務内容は多岐にわたる
  • 不動産業界に向いているのは、コミュニケーション能力があり情報収集ができる人
  • 若手でも出世しやすく、頑張りが給与に反映されるというメリットがある

不動産業界を目指す方へ!業務内容や働くことのメリットをご紹介のイメージ

不動産業界では、どのような仕事をしているのか気になる方は多いでしょう。
一口に不動産業界といっても、開発や流通、管理といったように業務内容は多岐にわたります。
このコラムでは、不動産業界ではどのような仕事をしているのかご紹介。働くうえでのメリットについても解説しています。不動産業界に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。
 



 

不動産業界とは

土地や建物の管理・売買と密接に関わるのが不動産業界です。
一口に不動産業界とはいっても、業務内容は多岐にわたるのが特徴。具体的にどのような業務があるのか、次項で解説していきます。

▼関連記事
就職する前に知っておきたい!不動産業界で働くメリット
 



 

不動産業界の業務内容

先述のとおり、不動産業界での業務内容は多岐にわたります。どのような業務があるのか、以下にまとめました。

開発

主に商業施設やマンション、ビルなどの開発を行っています。不動産を開発する専門業者はデベロッパーと呼ばれるようです。
土地の仕入れから建物を完成させるまでの仕事に携わっているのが特徴といえます。

流通

流通では、不動産のオーナーと顧客を結ぶ働きをしています。
流通は「不動産仲介事業」と「不動産販売代理」の2つの事業に分類。それぞれの特徴を以下で解説します。

不動産仲介事業

物件の売買と賃貸の仲介を行っています。注文住宅や建売住宅を展開するハウスメーカーとの仲介も含まれるようです。
不動産オーナーと顧客を仲介する際の手数料で利益を得ています。

不動産販売代理

不動産のオーナーから販売を受託し、顧客に向けて広告活動や販売を行っています。不動産業界の営業担当ともいえるでしょう。
不動産のオーナーの要望に応えることが仕事であるため、手数料は売り手にのみ発生します。

管理

不動産物件の保守や管理を担い、顧客の満足度を高めるサービスを行っています。
不動産が保有している建物に限らず、ビルや商業施設などの管理を担うこともあるようです。

▼関連記事
デベロッパーとは?新卒で不動産業界を目指す方に意味や仕事内容を解説
 



 

不動産業界の現状

好調な流れを維持し、安定した市場が見込まれる不動産業界。都心部ではオフィスビルの開発が進み、需要は拡大傾向にあります。
東京ミッドタウンや丸の内・大手町の再開発などは、不動産業界の好調な業績を支えている事業の1つです。オフィスだけでなく複合施設の開発をはじめ、アウトレットモールやショッピングモールの開発の進展も不動産業界の業績アップに大きく貢献しています。

また、国内だけに留まらず、海外に拠点を広げる企業もあるようです。
フィリピンやインドネシア、ミャンマーといった日本の周辺国の経済発展は著しいものだと予測されています。人口増加と経済の発展が期待される国では不動産の存在が不可欠であり、需要も高まるでしょう。
このように、将来的な動向も踏まえたうえで、今後は海外展開に乗り出す企業が増える可能性があります。
 



 

不動産業界に向いている人の3つの特徴

ここでは、不動産業界に向いている人の特徴をご紹介します。不動産業界への就職を考えている方は、自分に当てはまる特徴があるか確認してみましょう。

1.コミュニケーション能力がある

不動産業界で働くには、コミュニケーション能力が必要不可欠です。
管理会社や顧客などさまざまな人と関わる機会も多く、コミュニケーションを取れることが求められるでしょう。円滑にコミュニケーションが取れることで、顧客との商談や契約をスムーズに進められます。

2.情報収集できる

情報収集ができることも、不動産業界に求められる要素の一つです。
情勢の動向を把握し、不動産価値にどのような影響があるかを考える必要があります。新しい情報を収集できることで、会社の利益に結び付くようなアイデアが思い付くこともあるでしょう。

3.行動力がある

行動力があることも重要です。
不動産での業務では、顧客の相談に乗る機会もあり、速やかに行動できることが求められます。顧客からの質問にすぐ回答したり、相談事に速やかに返信したりすることで、信頼を獲得しやすくなるでしょう。

▼関連記事
不動産業界で働きたい!志望動機の例文と書き方を紹介します
 



 

不動産業界で働く3つのメリット

不動産業界で働くことには、メリットがあります。どのようなメリットがあるのか、以下で確認してみましょう。

1.やりがいを感じられる

顧客の暮らしをサポートする役目を担っていることもあり、不動産を賃貸・販売できたときにはやりがいを感じられるでしょう。
賃貸や販売など目的が異なっても、動く金額が大きく、数千万や数億といった額を扱うことも。取引の規模が大きい分、やりがいも存分に実感できるはずです。

2.若手でも出世しやすい

不動産業界は、実力主義である企業も多く、若手でも出世しやすいといえます。
成果を出せば、年齢や学歴に関係なく評価がされやすいことも魅力の一つ。社長や経営陣も若い人が多い傾向にあるようです。

3.頑張りが給与に反映される

歩合制を設けている職場であれば、個人の努力や成果が給与に反映され、収入が増えるメリットもあります。
歩合制とは、売上の何%を個人の成果として給与に反映させる制度のこと。
毎月一定数の契約を取れれば、同世代の平均収入を上回ることもできます。
 



 

不動産業界で働く3つのデメリット

一方で不動産業界で働くことには、デメリットもあります。どのようなデメリットがあるのかも把握しておきましょう。

1.景気に左右されやすい

まず、景気に左右されやすいというデメリットがあります。
不景気に陥ると、企業や個人に関わらず出費を抑える流れへと変化。取り扱う不動産物件が高額であれば、取引が減少し売上にも影響します。

2.繁忙期がある

繁忙期があることも、デメリットとして挙げられます。
不動産業界で一般的に繁忙期とされる2~3月あたりには、営業時間終了後の雑務や休日出勤が発生することもあるようです。
案件の数が増えるため、特にこの時期は体力的・精神的なタフさが求められるでしょう。

3.ノルマを定められることもある

営業職であれば、ノルマを定められることもあります。
一定期間に取るべき契約数が決められていたり、毎月個人の契約件数が発表されたりすることも。あまりにも多いノルマを定められていると、プレッシャーやストレスを感じてしまう人もいるようです。

 



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。