就職する前に知っておきたい!不動産業界で働くメリット

このページのまとめ

  • 不動産業界の仕事は、不動産の仲介、管理、投資、企画、開発など多岐に渡る
  • 不動産業界は実力主義なので出世が早く、給料も高いというメリットがある
  • 不動産業界はプレッシャーが大きく、景気に影響されやすく、休みが少ないというデメリットがある
  • コミュニケーション能力、素早い行動力、精神的なタフさがある人のほうが不動産業界に向いている

不動産業界とは、土地や建物に関わる仕事に携わる業界のことです。
個人の住宅から店舗、オフィス、テナントなど、様々な建物や土地の売買、賃貸、管理、仲介と仕事内容は多岐に渡ります。
不動産業界は必然的に物件単価が高い案件を取り扱うことになるので、給与面や達成感、やりがいなどの点で就活生から人気の業界の1つです。
そこで、当コラムでは不動産業界への就職を目指す方に向けて、不動産業界の仕事内容や働くメリット・デメリットなどをご紹介します。
 

不動産業界の仕事

不動産業界の仕事というと、まず真っ先にアパートやマンションの賃貸契約を結ぶ場面が思い浮かぶのではないでしょうか。
引っ越しする時や一人暮らしを始める時に不動産会社へ足を運んだことがある方はそういったイメージが強いようです。
確かに賃貸契約を結ぶことは不動産業界の仕事の1つですが、携わる仕事はそれだけではありません。
不動産業界には他にどんな仕事があるのか?こちらでご紹介します。

不動産の仲介

不動産の仲介とは、マンションやアパート、一戸建て住宅、土地などの賃貸・売買の際に、購入希望者と売却希望者もしくは借主と貸主の間に立ち、売買契約や賃貸契約を結ぶのが仕事です。
主に不動産流通事業会社が行っており、顧客が購入希望者や借主の場合は条件に合った物件の紹介、物件下見の日程調整、物件の現地案内などを行い、売却希望者や貸主の場合は物件の売却価格や賃貸料金の査定、チラシやインターネットなどを利用した物件の広告、売却希望者や貸主の状況に合わせた物件の販売や賃貸のプラン提案などを行っています。

不動産管理

不動産管理とは、マンションやアパート、オフィスビル、商業施設などの入居者対応、空室募集、物件の維持管理、オーナー対応を行うのが仕事です。
不動産管理事業会社が、オーナーから委託された建物や設備のメンテナンス、清掃などを行い、入居者の募集、審査、契約、入居者からのクレーム対応、家賃の回収、滞納者への督促といった管理も行っています。

不動産投資

不動産投資とは、資産運用を考えている方を対象に、投資用のマンションなどを販売して利益を増大させるのが仕事です。
主に不動産投資事業会社が行っており、マンションやオフィスビル、商業施設などの不動産物件を販売し、購入した物件を顧客が入居希望者に貸して賃貸収入を得たり、購入した物件が購入価格よりも値上がりしたら売却して、利益を増やすお手伝いをしています。

不動産の企画・開発

不動産の企画・開発とは、マンション開発やリゾート開発、都市再開発など大規模な建物の企画・開発を行うのが仕事です。
主に不動産開発・販売事業会社が行っており、特に大規模な開発を行う会社は不動産デベロッパーとも呼ばれています。
仕事内容は、土地の取得から始まり、土地を活性化させるにはどのような建物を建てれば良いのか企画し、その企画を元にマンションやオフィスビルを設計、建築、販売まで多岐に渡るのが特徴です。
また、建物を建てたら終わりではなく、コミュニティの形成を図ったイベントなども開催します。
 

不動産業界で働くメリット

これから就職に向けて活動している方は、不動産業界で働くことのメリット・デメリットが気になっているのではないでしょうか?
こちらでは不動産業界で働くメリットについて、いくつかご紹介します。

まず、不動産業界はやりがいがあるのがメリットの1つです。
なんと言っても人々の生活に深く関わり、賃貸や売買、投資など目的は違っても取り扱う商品の取引単価が大きいため、不動産の賃貸または販売が契約成立した時は大きな達成感とやりがいを感じることができます。

次に、不動産業界は実力主義なので、評価されやすいのがメリットの1つです。
そのため年齢が若くても成果を出すことができればキャリアアップがしやすく、早くに出世できる可能性は十分あります。出世に伴う昇給も見込めるでしょう。

また、不動産業界は給料の高さもメリットの1つです。
完全歩合制の企業は多くありませんが、それでも固定給に出来高報酬がプラスされる企業は多くあります。
大きな取引を成立させると給料に反映され、頑張れば頑張った分だけ自分の実績が目に見える形で現れるので、働きがいのある仕事です。
 

不動産業界で働くデメリット

不動産業界で働くには当然デメリットもあります。こちらでいくつかデメリットについてご紹介します。

まず、不動産業界はプレッシャーが大きいのがデメリットの1つです。
物件を賃貸もしくは購入する方は、決して安くはない金額を出すことになるため、契約に至るまで時間をかけることが多くあります。
そのため、時間と労力を割いたのにも関わらず最終的に成約に繋がらなかったケースを考えると、プレッシャーやストレスを感じてしまう方が少なくないようです。
特に、不動産業界の営業職ではノルマが課せられることが一般的なので、月に一定数以上の契約を取ることを求められることがよくあり、ノルマを達成できないと上司からプレッシャーをかけられたり、場合によっては給料を下げられることもあるようです。

次に、景気に左右されやすいのも不動産業界のデメリットの1つです。
不動産業界では時に数千万円、数億円を超える高額な物件を扱うことがあるため、売上が景気に大きく左右されます。
不景気になると企業はもちろん、家庭も出費を控えるため、賃貸の場合も売買の場合も相場が下がり、取引案件が減ってしまうので、その分収入も減ってしまうのです。

また、不動産業界では顧客の都合に合わせて打ち合わせなどをしたりするので、土日祝日はあまり関係ありません。
世間一般の休日は顧客が多く訪れるため、休日は水曜日などの平日が中心なのが特徴です。
定休日の他に平日にもう1日休みが取れる企業もありますが、週1日しか休みしかない企業もあり、他の業界に比べると、休日は少なめと言えるのがデメリットの1つです。
 

不動産業界に向いている方

不動産業界では、仕事をしていく上でどんな能力や素質が求められるのでしょうか?
どのような人が不動産業界に向いているのか、ご紹介します。

どういった仕事でもコミュニケーション能力は必要ですが、不動産業界では特に重要なスキルです。
何故なら不動産業界では、若い方から年配の方まで幅広い年代の方と関わりを持つ機会が多く、特に物件の仲介を行う場合、顧客の要望を聞いたり、内見で複数の物件を移動しながら紹介したりすることがあるため、人との会話や人付き合いをとことん楽しめるコミュニケーション能力がある方に向いていると言えるます。

次に、不動産業界に向いているのは、素早く行動に移せる方です。
顧客がいるからこそ仕事が成り立つ不動産業界では、どれだけ顧客のことを考えて素早く行動に移せるかがとても重要となります。
一般的に不動産の取引は何度も行うものではありません。また、取り扱う金額も大きいため、顧客はとても真剣になっているので、誠実に対応し、フットワークが軽くすばやく動ける方は信頼を集めることができるでしょう。

最後に、不動産業界には精神的に強い方が向いていると言えます。
上記でも述べましたが、不動産業界は、日々様々なプレッシャーやストレスを受けることになるので、くじけることなく頑張れるかどうかが重要です。
ストレス耐性が強いに越したことはなく、結果を出すことを楽しむことができ、プレッシャーを力に変えられるようなタフな方こそ向いている仕事でしょう。

不動産業界は仕事内容が多岐に渡り、それぞれの仕事内容も大きく異なります。
自分が不動産業界の中でどのような仕事をしたいのか迷った時は、キャリアチケットを利用してみましょう。
キャリアチケットでは、専任の就活アドバイザーが内定を取れるまでマンツーマンでサポート。これまで多くの就活生を内定に導いてきた実績を持つプロのアドバイザーが、一人ひとりにヒアリングを行い、それぞれの気質にどんな仕事が合っているか判断します。
エントリーシートの添削や面接対策なども行っているので、就職活動に不安がある方はぜひ登録してみてください!

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!