ハウスメーカーへの就職を目指す就活生のための基礎知識

このページのまとめ

  • ハウスメーカーとは、住宅を施工し販売を行う会社を指す
  • ハウスメーカーには、設計、施工管理、営業などの職種がある
  • 建築士や建築施工管理技士などが仕事に活きる資格
  • 顧客のビッグイベントの1つに携われることがやりがい
  • 人口減少に伴い、住宅業界の市場は縮小する傾向にある
  • 各メーカーが時代に合ったサービスの多様化を目指している

生活の基盤である家。住宅次第で住まい手がより良い生活を送れるかどうかが左右されます。人生の中で重要な買い物の1つである家の購入に関心を持ち、住宅業界への就職を目指す学生は多いです。
ハウスメーカー志望の方のために、業務内容ややりがい、取得しておくと有利な資格についてまとめてみました。業界研究のお役に立てれば幸いです。



 

ハウスメーカーとは?

住宅を施工し販売を行う企業のことをハウスメーカーと言います。住宅建設会社や住宅メーカーなどとも呼ばれており、明確な定義はありません。
似たように、注文住宅を請け負う会社として「工務店」という呼称を耳にしたことがあると思いますが、ハウスメーカー同様明確な定義はないようです。
ハウスメーカーと工務店、両者の違いを大まかに挙げるとすれば、ハウスメーカーの場合にはいくつか決まったデザインの中から好きな設計を選択。企業にもよりますが、セミオーダースタイルで家を施工するメーカーが多いようです。
一方、工務店の場合にはフルオーダーで対応しているところが多く、こだわりを持って自由度高く設計を行いたいと考える人に適していると言えます。
 



 

ハウスメーカーの職種

ハウスメーカーでは、主に以下のような業務を担います。

設計

顧客の要望に沿った間取りを設計図に起こすお仕事です。顧客と会うケースと会わないケースがあり、会う場合では、要望を直接ヒアリングでき、完成した図面を営業スタッフと一緒に同席し、プランについて説明することができます。
直接話ができる分、より顧客のニーズにマッチした設計を提案できるほか、修正や変更などにおいてもスピーディーに対応できるでしょう。
一方、顧客に会わない場合には営業スタッフのヒアリング結果から顧客のニーズを汲み取り、図面に起こす必要があります。ヒアリングが細かくできていなければ、修正が複数回発生することもあるようです。
設計スタッフがどこまでするかは、メーカーにより異なります。やりたい仕事ができるかどうかは、事前に企業研究を行いしっかり確認しておきましょう。

施工管理

設計された図面をもとに、実際の工事現場をマネジメントするお仕事です。施工を行う建設会社や大工といった関係者との仲立ちを行います。主に、工程管理・品質管理・安全管理・原価管理の4つの管理を行うのが施工管理の役割です。
工程管理とは、着工から竣工に至るまでのスケジュールを立て、施工担当に指示。スケジュールに沿って住宅が完成するよう、日々進捗状況を管理します。
品質管理とは、既定値を満たした材料を使用すること。また、最適に材料を使用できるよう環境整備を行うことです。安全管理では、危険な場所に手すりをつける、作業員の健康チェックを行う、ケガが起きないよう現場を整理整頓するといった業務を担当。
現場関係者が安全に作業を進められるよう環境を整えます。

営業

住宅展示場などで接客を行い、住宅の購入を検討している顧客の相談に乗るお仕事です。予算やニーズに応じて最適な住宅を提案。契約を獲得するのが営業の役割です。
契約獲得で終わりではなく、施工中のサポートや住宅引き渡し後のフォローも大切。施工の経過を報告したり、ときには見学に同行したりすることもあります。
引き渡し後には、何か困っていることはないかのヒアリングや点検の提案などを実施。状況に応じてリフォームの提案を行います。
また、チラシやテレビCMなどを使い、見込み顧客の集客を目指すこともハウスメーカーの営業スタッフのお仕事です。



 

ハウスメーカーに有利な資格

この項目では、ハウスメーカーへの就職が有利に働く資格についてまとめてみました。
職種別にご紹介いたします。

設計

・一級建築士
・二級建築士
・木造建築士

施工管理

・建築施工管理技士
・電気工事施工管理技士
・管工事施工管理技士

営業

・宅地建物取引主任者
・ファイナンシャルプランナー
・住宅ローンアドバイザー
・不動産仲介士
・インテリアコーディネーター
・ライフスタイルプランナー

上記は一例です。志望するハウスメーカーによっては、歓迎スキルではなく、必須スキルとして挙げられていることも。また、ほとんどの企業では、最終学歴が大卒を条件に求人を出しています。
さらに、職種によっては建築学科や環境学部など、学科・学部を指定している企業もあるようです。自身の望むステージでお仕事できる資格を持っているのかどうか、企業の採用情報をしっかりチェックしておきましょう。
 



 

ハウスメーカーで働くやりがいは?

人が生活する上で必要な衣食住。そのうちの「住」を担うのがハウスメーカーです。
住宅を購入するのは、人生の中でもビッグイベントの1つであり、金額自体もとても高額。そう何度もあることではなく、顧客の大きな決断をサポートできることは、大きなやりがいに繋がるでしょう。
顧客が簡単に購入を決断することはなく、複数のハウスメーカーから比較検討を行うことがほとんどです。そんな中、自分のハウスメーカーを選んでもらい契約を獲得できたということは、信頼を獲得したことと同義であると言えます。
大きな商品、高額な値段のやり取りをするため、関わる時間は長期。実際に住宅が完成して引き渡す際、感謝の言葉をもらったときは大きなやりがいを感じるでしょう。
設計や施工管理といった技術職の場合、自分の設計が施工を通じて実際に形になったときに大きな達成感を得られます。

また、収入が高額であることもハウスメーカーで働くやりがいの1つです。営業スタッフの場合、契約数に応じて歩合給が発生。実力次第では、年収800万から1000万以上も夢ではないようです。
一般的なサラリーマンに比べると、約2倍の収入を得る人もいます。
技術職の場合、所持している資格によってプラスアルファの手当が見込めます。がんばりが数字となって還ってくる仕事だと言えるでしょう。



 

業界の今後

業界の市場規模や業界全体の売上高は上位にあるハウスメーカー。安定した職業であると認識する人が多い中、一方で少子高齢化による人口の減少や災害による損害を懸念したマイホーム離れ、独身主義者の増加といった理由から、今後の市場縮小は避けられないとの指摘があります。
そこで生き残りをかけて各ハウスメーカーが力を入れているのが、サービスの多様化です。
オール電化住宅や高耐震住宅、省エネ住宅、バリアフリー住宅など、単身者や核家族、高齢者といったさまざまな住人のニーズにマッチする住宅の性能を提案。
住まい手一人ひとりの理想の家づくりを通じ、満足度の高い住宅の提供を目指しています。

また、新築の着工数の伸び悩みを打破するべく、リフォーム市場に力を入れているメーカーが多いようです。長い年月を快適に過ごせるよう、定期点検やリフォームの提案、間取りの変更など、住まい手のニーズに沿った提案を行うメーカーが増えています。
今後は、時代やライフスタイルの変化に応じた住まいの提案が求められると言えるでしょう。

▼関連記事
住宅業界の現況・今後の動向について


いかがでしたか?志望する企業からの内定を獲得するために必要なのは、徹底した業界・企業研究です。自分一人での就活に不安をお持ちであれば、就活エージェントを活用してみませんか?
キャリアチケットでは、新卒の方を対象に、一人ひとりのお悩みやニーズに合わせたサポートを実施。業界研究の方法をレクチャーしたり、面接対策をしたりと、二人三脚で就活を勝ち抜くためのアドバイスを行います。
お気軽にお問い合わせください。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。