封筒に入れるその前に!履歴書の折り方、それで合ってる?

このページのまとめ

  • 履歴書の折り方には「二つ折り」と「三つ折り」がある
  • 履歴書は折り目をつけずに送るのがマナーであるため「二つ折り」がベスト
  • 二つ折りの履歴書を入れるのは、角形A4か角形2号の白封筒が最適
  • 郵送する場合は、切手の料金に過不足がないよう気をつける
  • 三つ折りで提出しても良い場合もあるが、新卒の場合は二つ折りが良い

履歴書の内容に力を入れる方は多くいますが、折り方や送り方にまで注意を払っている方はどのくらいいるでしょうか。
二つ折りと三つ折り、どっちが良いのか分からない…という方も多くいるようです。
せっかく良い内容の履歴書を書けたとしても、折り方や封入の仕方、送り方のマナーがなっていないとマイナスの印象を与えてしまい、中身をしっかり読んでもらえなかった…ということにもなりかねません。
当コラムでは、適切な履歴書の折り方や封入方法などの基本マナーについて分かりやすく解説しています。ビジネスマナーをしっかり押さえて、「読みたくなる履歴書」を提出しましょう。

履歴書の折り方は二つ折りがベスト!


履歴書の折り方には、「二つ折り」と「三つ折り」があります。二つ折りは真ん中で半分に折ったもの。三つ折りは、二つ折りした履歴書を三等分に折ったものを指します。
履歴書は、できるだけ折り目なく提出するのが基本マナーです。そのため、折り目が少ない二つ折りで提出するのがベストだと言えるでしょう。
では、「二つ折り」と「三つ折り」それぞれのメリットとデメリットを以下で解説していきます。

二つ折りのメリットとデメリット
二つ折りは折り目が少ないというメリットがあります。デメリットは、大きいため持ち歩きづらく、かばんの中で折れたり、シワになったりしやすいことです。

三つ折りのメリットとデメリット
三つ折りは長形封筒に入りコンパクトになるため、持ち歩きやすいというメリットがあります。デメリットは折り目が多くついてしまうことです。

二つ折りが良い理由

多くの企業では、A4サイズのクリアファイルやバインダーなどが使用されています。そのため、小さく折られた履歴書は広げる手間があるため扱いづらい傾向にあります。一方で、折り目が少ない二つ折りの履歴書は見やすく、すぐにファイリングできるため管理がしやすいようです。
企業によっては、履歴書の折り方で応募者のビジネスマナーをチェックしている…という場合もあります。そのため、履歴書は二つ折りで提出するのが最適と言えるでしょう。
履歴書の折り方が評価に直接影響するということはほとんどありませんが、「履歴書を広げる手間を省く」「読みやすい状態で提出する」という受け取り手への配慮は大切です。
内容だけではなく折り方にも十分注意を払い、採用担当者が「思わず読みたくなる履歴書」の提出を目指しましょう。

履歴書の折り方と封筒への入れ方

二つ折りの折り方と封筒選び、封入方法などについて以下で説明していきます。

折り方

写真や氏名が外側に来るように、真ん中で折ります。市販の履歴書の多くは二つ折りの状態で売られていますが、自作の履歴書を提出する場合は注意が必要です。端と端をきれいに合わせ軽く折り目を付けたら、最後に定規でなぞりしっかり折り目を付けます。

封筒の選び方

サイズ

角形A4か角形2号の封筒を用意します。
市販の履歴書にはB5サイズもありますが、同封する他の書類に合わせ、A4サイズが入る角形A4号か角形2号を選ぶと、折らずに入れることができるでしょう。

白の封筒がおすすめです。白封筒は上品で清潔な印象を持たれやすく、目立ちやすいというメリットがあります。封筒に「履歴書在中」と朱書きをした際も白と赤のコントラストで文字が目立つため、目に止まりやすくなるでしょう。

封筒への入れ方

「送付状」を一番前に、「履歴書」「その他の書類」と重ねます。
これらの書類は全てクリアファイルに入れるのがおすすめ。シワや汚れを予防するだけではなく、取り出しや管理がしやくなり、採用担当者に好印象を与えられるかもしれません。

郵便料金

郵送する場合は封筒に切手を貼ります。

二つ折り

定形外郵便物扱い。50g以内であれば120円、50g以上100g以内であれば140円切手を貼ります。

三つ折り

50g以内であれば定形郵便物扱い。25g以内なら82円、50g以内であれば92円の切手を貼ります。なお、2019年10月1日からは郵便料金が変更となり、25g以内なら84円、50g以内は94円になるため注意しましょう。

料金の過不足がある切手を貼ってしまうと、悪い印象を与えてしまう可能性もあります。
不安な方は郵便局の窓口で正確な重さを量ってもらい、適切な料金の切手を購入しましょう。

履歴書の折り方、三つ折りでも良いケースはある?

履歴書の折り方は二つ折りがベストだと解説してきましたが、以下3つのケースでは三つ折りでも良いとされています。

パート、アルバイトの応募

パート、アルバイト用の三つ折りの履歴書も市販されており、就活生や社会人に比べると三つ折りが許容されやすいようです。企業のもとに届くのも三つ折りの履歴書が多いため、特別悪い印象を与える…ということもありません。
しかし、三つ折りの履歴書が多いなか、折り目の少ない二つ折りの履歴書を提出すると好印象につながることもあります。目を引く履歴書を目指す場合は、二つ折りの提出がおすすめです。

派遣会社や人材紹介会社に提出する場合

サービスを利用するために履歴書を提出する…という場合は、三つ折りで出しても良いでしょう。ただし、直接手渡す際に三つ折りにして小さい封筒に入れるのは、広げる手間を取らせてしまうため不親切と言えます。この場合は、二つ折りで封筒ではなくクリアファイルに入れて渡しましょう。

選考に関係なく履歴書の提出を求められた場合

選考に関係ない場合や、形だけの提出を求められた場合は、履歴書を三つ折りで提出しても構いません。
ただし、この場合も手渡しする際は二つ折りのままクリアファイルに入れて提出する方が良いでしょう。

では、履歴書を三つ折りする際の折り方をご紹介します。

折り方

二つ折りにした履歴書を、写真と氏名を一番上にして、横から見て折り面がZ形になるように折ります。
市販の三つ折り用履歴書の場合、用紙に折る位置に印が付いていることも。その場合は印に沿って折り、印がない場合は定規で長さを測りながら、幅が均等になるように丁寧に折っていきましょう。
Z形に折れたら最後に上から定規でなぞり、しっかり折り目を付けます。

三つ折りでも良いケースについて解説しましたが、上に記載した3つのケースを除いては、二つ折りでの提出が望ましいようです。
特に、新卒の就活では履歴書の内容や折り方、送り方などを通して、基本的なビジネスマナーの有無をチェックされることが多くあります。履歴書は二つ折りで提出する…という基本のビジネスマナーを守り、好印象を与える履歴書を提出しましょう。

応募書類の作成に自信がない…一人での就活が不安…とお悩みの方は、キャリアチケットを利用してみませんか。
キャリアチケットは、新卒向け就活サポートサービス。経験豊富な就活アドバイザーが、マンツーマンであなたの就活をサポートします。
丁寧なカウンセリングを行い、あなたの個性や強みに合った企業をご紹介。履歴書の書き方やマナー、面接対策など、好印象につながるアドバイスも実施しています。キャリアチケットのサービスはすべて無料です。まずはお気軽にご相談ください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!