就活はひとりでは難しい?友達とするべき?それぞれのメリット・デメリットを解説

このページのまとめ

  • 就活をひとりですることにはメリットもデメリットもある
  • どちらの方がよいというわけではなく、自分に合った方法で就活することが重要
  • ひとりで就活する際も親や先輩、就活エージェントの力を借りてみよう

就活はひとりでは難しい?友達とするべき?それぞれのメリット・デメリットを解説のイメージ

ひとりで就活を行うことに不安を抱いていませんか?その理由には、「ひとりで就活するのは非効率的」「仲間がいたほうが有利」などがあるでしょう。

しかし、ポイントを押さえることでひとりでも就活を上手く進めることができます。

この記事で就活をひとりで行う際のポイントや注意点、複数で行う就活との比較を知り、ぜひ参考にしてみてください。

24卒の就活について相談したい

   
目 次

就活をひとりで行うことに問題はない

ひとりで就活するか、仲間と就活するかに正解はなく、自分に合っていればどちらでも問題はありません。就活とは限られた期間で行う個人戦であり、自分のキャリアや将来のために行うものです。友人と一緒に就活を行ったとしても、最終的に目指す業界や職業は一人ひとり異なるでしょう。

重要なのは、自身の性格や思考などを踏まえ、納得のいく形で就活を進めること。自分にとってどのような方法がベストなのかを知り、自信を持って就活を行いましょう。

24卒の就活について相談したい

 

ひとりで就活を行うメリット

「ひとりで就活=不利」というイメージがありますが、ひとりだからこそ、就活をスムーズに進められることも。特に、「できれば就活以外のことでストレスを抱えたくない」「ひとりのほうが集中出来る」と感じる方は、ひとりで就活するほうが向いているでしょう。

この項目では、ひとりで行う就活のメリットについて解説します。

自分の就活に集中しやすい

自分の就活に集中しやすいのがひとり就活の大きなメリットです。仲間と一緒だと面接や書類などのフィードバックを貰える反面、自身も仲間のために時間を割くことになります。

ひとりであればその必要もないため、企業研究や筆記試験対策など、やるべきことにじっくり取り組めるでしょう。

自由に動けて人脈を広げやすい

ひとりの就活では、学校などの仲間にスケジュールを合わせる必要がなく、自由に動けて新たな人脈を広げやすいでしょう。仲間といると情報交換がしやすい分、ほかの情報源や人脈に目を向けにくくなることもあるようです。

自分だけで行動すれば、OB・OGといった社会人をはじめ、必然的に身近な仲間以外の人脈に注目することになります。就活の視野が広がり、より有益な情報を得られるでしょう。

OB・OG訪問については、「OGとOBの違いは?OB・OG訪問をするメリットとマナーを解説!」も参考にしてください。

自分で情報を集める力が身に付く

ひとりで就活していると、周りの人からは情報が入ってきません。重要な情報を自分で集める必要があります。

そのため、自分でインターネットや書籍から情報を集め、自分にとって重要な情報を取捨選択する力が身に付くでしょう。

周囲と比較してしまう環境を避けられる

ひとりの場合、周りと比較することなく就活を進められます。就活中は書類選考や面接などで、どうしても「合格・不合格」といった結果が出てしまうものです。仲間の存在は励みにもなりますが、自分と友人の選考状況を比較して思い詰めてしまったり、気を遣い過ぎて疲れてしまったりすることも。

そのため、「就活以外のことで振り回されたくない」という人は、ひとりで就活したほうが効率的でしょう。

考えがぶれることなく進められる

ひとりなので、周りの人の影響を受けることがありません。「あの子が目指している業界も面白そう」「あの子はこんな風に対策してダメだったらしい」などと他の人を気にすることがありません。

そのため、考えがぶれることなく自分の就活に集中できます。

24卒の就活について相談したい

 

ひとりで就活を行うデメリット

続いて、ひとりで就活を行うデメリットをご紹介します。

困ったときの相談相手が身近にいない

ひとりで就活をする場合、困ったときに相談出来る相手が身近におらず、心細さを感じることがあります。仲間がいれば同じ就活生の目線で悩みを共有できますが、ひとりだとそれが困難です。

そのため、悩みを抱え込みやすい人は自分を追い詰めてしまう恐れがあります。

内定が出ないとお悩みの方は「どうして内定が出ない?就活で落ちる原因と対処法を解説」も参考にしてください。

客観的な意見をもらえない

仲間がいないと就活に関して客観的なアドバイスを貰える機会が少なく、視野が狭まってしまう可能性も。エントリーシートの作成や面接の受け答えもひとりで考えるため、客観的に見るとあまり評価されにくい内容になってしまうリスクがあるでしょう。

得られる就活についての情報が限られる

ひとりだと周りの就活生から情報をもらえる機会がありません。自分で調べたことしか知らないので、得られる就活についての情報が限られます。

そのため、情報を知らないがために機会を逃してしまう可能性があります。

ひとりでは対策が難しいことがある

就活をしていると、ひとりでは対策が難しいものがあります。面接対策やグループディスカッションなどです。これらは人と話すことがメインなので、誰かに協力してもらわないと対策が難しいことがあります。

24卒の就活について相談したい

 

友達と就活するメリット

仲間がいると心強い反面、お互いの選考状況によってはストレスを抱えてしまうこともあります。

友達と就活を進めるメリットとデメリットの両方を理解しましょう。まずはメリットからご紹介します。

就活に関する情報交換がしやすい

仲間と一緒であれば、就活に関する情報交換が可能です。ひとりでも情報を集めることはできますが、仲間がいれば自分だけでは知り得なかった情報も入手でき、効率が上がるでしょう。

たとえば、隠れた優良企業や広く周知されていない企業のイベント、選考に関することなど、仲間とのやり取りを通して有効な情報を入手出来る可能性があります。

お互いを評価し合える

友人同士でお互いを評価し合い、客観的な意見を取り入れられるのもメリットの一つです。

たとえば、仲間同士でグループディスカッションの練習や模擬面接を行った場合、気になる点を率直に指摘し合えるため、改善に繋げられます。

また、お互いの長所も探して伝え合うことで、今まで気づかなかった自分の強みを発見できるでしょう。

仲間の存在が心の支えになる

身近に志をともにする仲間がいると、その存在が心の支えになるでしょう。就活はやることが多々あり、学業との兼ね合いも考えながら取り組まなくてはいけません。さらに、その苦労が必ずしも報われるとは限らないため、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかります。

「就活が上手くいかない」と感じるとき、悩みを共有でき、励まし合える仲間がいればストレスや不安が軽減されるでしょう。

就活へのモチベーションを保ちやすい

周りに頑張っている就活生がいると、自分のやる気がなくなりそうになっても、周りに刺激されてモチベーションを保ちやすくなります。一緒に就活している仲間で高め合いながら就活することができるでしょう。

就活へのモチベーションが上がらない方は「就活でモチベーションが上がらないときは?原因と対策を解説」も参考にしてください。

客観的な意見をもらえる

自分のことをよく知る仲間から、就活に関して客観的な意見を貰えます。エントリーシートの添削をしてもらえたりと、悩みを解決しやすいです。他の人に意見を貰うと、自分では気づかなかった視点での意見をもらえるでしょう。

24卒の就活について相談したい

 

友達と就活するデメリット

続いて、友達と就活するデメリットについてご紹介します。

周囲と比べてしまい人間関係に支障をきたす恐れがある

就活仲間がいるデメリットの一つは、自分と周囲の状況を比べてしまい、人間関係に支障をきたす恐れがあることです。

たとえば、内定がなかなか決まらない中で仲間が次々と内定を貰ったという状況になった場合、「なぜ自分だけ…」と悩んでしまう可能性も。また、逆の立場になった場合でも、過度に気を使ってしまう人はストレスを感じるでしょう。

考え方や情報収集源が仲間内に偏る

仲間がいると情報共有や意見交換をしやすいですが、情報収集源や考え方が内輪に偏ってしまうことも。

就活では、可能な限り多くの人から情報や知識を聞き、視野を広げていくことが重要です。就活を効率良く進めるには、仲間内だけに留まらず、自身でも行動範囲を広げていく必要があります。

視野を広げたい方は「視野を広げるために逆求人サイトを利用│元地方就活生に聞く就活体験談【第3回】」も参考にしてください。

24卒の就活について相談したい

 

就活をひとりで進めるための4つのポイント

ひとりでも就活を勝ち抜くためには、より積極的に行動することが求められます。

下記で重要なポイントを詳しく解説しているので、参考にしてください。

1. 積極的に情報収集を行う

インターネットや就活本、新聞などで志望業界や企業に関する情報をチェックしましょう。その業界で働く人の傾向や雰囲気、今後の動向などが見えてくる可能性があります。また、学校のキャリアセンターでは卒業生の就職情報などをチェック出来ることも。

2. OB・OG訪問をする

気になる企業があれば、OB・OG訪問を行い、実際に働いている先輩から話を聞くのも有効です。社会人のリアルな声を聞くことで、Webサイトでは分からない実際の雰囲気や業務内容などを深く理解出来る可能性も。また、社会人としてのマナーや企業で活躍している人の特徴も聞けるチャンスです。

志望企業で働く人から情報収集できる貴重な機会なので、質問がある場合は事前に内容をまとめて準備しておきましょう。

3. 興味のある企業のインターンに参加する

興味がある業界や企業のインターンに参加すると良いでしょう。実際の業務に携わることで、仕事のやりがいや大変さを体感できます。また、インターンを通して得た気づきは、エントリーシートや面接でのアピール材料になるでしょう。説得力のある志望動機を述べられるようになります。

4. 面接練習を繰り返す

インターネットや就活本などを見れば、ひとりでも面接対策は行えます。面接練習は、自宅で本番を想定して実践しましょう。その際、鏡を使うことで表情や姿勢をチェックできます。

また、電子機器の録音機能などを利用し、自身の話すことを聞き直すと自分の癖や問題点が見つかりやすいでしょう。

面接での志望動機の書き方については「面接官を惹き付ける志望動機とは?回答例とNG例を合わせて紹介」も参考にしてください。

24卒の就活について相談したい

 

ひとり就活の不安を解消する方法

ひとりの就活が不安になったときは、以下の解消法がおすすめです。

社会経験のある家族や先輩に悩みを相談する

親しい先輩や年上の兄弟など、社会経験がある身近な人に就活の悩みを相談しましょう。同年代の就活生とは違った、社会経験者ならではの有益なアドバイスを貰える可能性があります。また、親身に話を聞いてもらえるだけでも気持ちが楽になるでしょう。

SNSで就活用のアカウントを作る

SNS上で就活の情報交換ができます。SNSの中でも、特にTwitterには就活アカウントが多いです。就活生はもちろん、企業も就活アカウントを持っていることがあります。SNSなら、実際に関わることのできる人数よりはるかに多くの就活生から情報を得ることができます。

就活用のアカウントを作る際の注意点があります。まず、個人情報のわかる内容は載せないこと。そして企業の採用担当が見ていることもあるので、自分が不利になりうる投稿はしないことです。

Twitterの使い方については「Twitterの使い方が就活を左右する!?」も参考にしてください。

キャリアセンターに相談する

自分の大学にあるキャリアセンターで就活について相談することができます。イベントの情報を知ることが出来たり、面談出来たりするので、積極的に利用してみると良いでしょう。

就活エージェントを利用する

「就活が上手く行かないけれど、相談出来る相手もいない…」という場合は、就活エージェントを利用するのも有効です。

就活エージェントでは、カウンセリングや企業とのマッチング、面接対策など、就活に関する幅広いサポートを受けられます。また、就活の悩み相談にも対応しているため、ひとりで抱え込む心配もありません。

中でもキャリアチケットは、あなたの価値観にあう企業を厳選して紹介する就活エージェントです。どんな企業にいきたいのかを明らかにする自己分析の深掘りや業界・企業分析はもちろん、実際の選考対策であるESの添削や面接練習なども実施しています。

「とにかく就活が不安なので相談したい」という温度感でも大丈夫なので、ひとりで就活することに不安を抱えている方は、ぜひ利用してみてください。

24卒の就活について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。