几帳面を自己PRに書く際の適切な方法は?評価ポイントや例文を紹介

このページのまとめ

  • 几帳面な性格の長所と短所を知り、自己PRに書こう
  • 几帳面を自己PRに書く際は第三者からの評価も交えるとより効果的
  • 自己PRで几帳面をアピールするときは企業が求める要素を盛り込むと好印象
  • マイナスなイメージを持たれないようなアピール方法が大事

几帳面を自己PRに書く際の適切な方法は?評価ポイントや例文を紹介のイメージ

「几帳面を自己PRに書きたいけど評価ポイントになる?」と悩んでいる就活生は多いでしょう。几帳面は自己PRによく書かれる要素の1つです。このコラムでは、几帳面を自己PRに書く際の適切な方法について解説。また、評価ポイントや自己PRを書く際の例文も紹介しています。几帳面を自己PRに書こうか悩んでいる就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

「几帳面な人」の長所と短所

几帳面な人には長所と短所があります。長所と短所についてそれぞれご紹介。自己PRでアピールする際には、長所となる部分をうまく伝えられるようにしましょう。

長所

几帳面な人は真面目で細かいことにも気がつきます。時間や約束を守る人も多いため、信頼されることも多いでしょう。また、物事の準備や管理が得意な人が多いのも特徴で、計画を予定通り進めることができます。

短所

几帳面な性格の人は細かいことが気になったり、何度も確認作業をしてしまったりするため、仕事が遅いという印象を与えてしまうことも。また、完璧主義者と思われてしまうこともあります。
 

几帳面を効果的にアピールするには?

几帳面な人材は企業が魅力を感じる要素の1つです。しかし、好印象を与えるには効果的にアピールすることが大事。この項目では、几帳面を自己PRに書く際の効果的なアピール方法について紹介します。

具体的なエピソードを伝える

自己PRで几帳面な性格をアピールするには、具体的なエピソードを伝えることが有効です。具体的なエピソードがないと面接官にも曖昧な印象を与えてしまうことも。今までの経験を通して、几帳面な性格でどのように貢献したかを具体的に伝えると相手もイメージしやすくなります。

仕事に役立つか明確にする

几帳面さをアピールするには、仕事に役立つ内容であることが重要です。たとえば「几帳面な性格を活かして、最後まで責任を持って業務に取り組みたい」など、入社後にしたいことを伝えると効果的でしょう。ただ几帳面であることを伝えても企業には響きにくいので、自己PRに書く際は仕事に役立つことを分かりやすくアピールすることがポイントです。

第三者からの評価も取り入れる

先述の具体的なエピソードの中に、第三者からの評価を盛り込むことで説得力が増します。几帳面な人は周りの人から「真面目」「細かいことによく気づく」と言われることも多いでしょう。自分自身で几帳面さをアピールするの良いですが、第三者からの評価があることで説得力が増し、企業にも納得してもらえる可能性があります。

▼関連記事
就活時の長所の答え方は?思い浮かばないときの対処法も解説

企業が求める3つのポイント

几帳面な人に企業が求めるポイントは3つあります。この項目では、企業が求めるポイントについて解説。几帳面な性格をアピールしたいと考えている就活生は、企業が求めてるポイントを知り、自己PRに書きましょう。

1.仕事が丁寧

物事を慎重にこなしていき、ミスなく丁寧に仕事をする人には安心して業務を任せられるでしょう。日々の業務ではミスが許されない場面も多くあります。仕事が丁寧な人は企業から信頼してもらえるでしょう。

2.細かいところに気づける

業務に対してスピード感ではなく品質を求める企業にとっては、細かいところに気がつける几帳面さは強みとなります。普通の人なら手を抜いてしまうような場面でも、最後まで対応する人は「手を抜かない人」「細かい部分まで真面目に対応する人」という印象を与えられるでしょう。

3.事前準備をしっかり行える

何事にも準備を欠かさず取り組む姿勢は、企業から高い評価を得られるでしょう。たとえばプレゼンを行うとします。事前に必要なものを用意したり、情報を集めたりすることは、プレゼンを成功させるうえで大切なことです。そういった姿勢が企業からの信頼に繋がり、仕事を任せられることも増えるでしょう。

自己PRを書く際の注意点

「几帳面」は伝え方によっては、マイナスなイメージになってしまうこともあります。自己PRで「几帳面」をアピールするには伝え方が大切。この項目では、「几帳面」を自己PRに書く際の注意点について解説します。

仕事に時間がかかると思われる

几帳面な性格の人は細かいことを気にするあまり「仕事に時間がかかるのでは?」と思われてしまうこともあるようです。几帳面さをアピールするには、スピード感を重視していることもあわせて伝えると良いでしょう。

神経質な印象を与えてしまう

几帳面な人は細かいところを気にすることはもちろん、大雑把な人に対して「どうして大雑把なのか」とストレスが溜まることも多いでしょう。しかし、そういった姿勢は「神経質で怖い」といった印象を与えてしまうことも。几帳面さを全面に出してアピールするのは避けた方が無難でしょう。

大雑把に対応することが苦手

几帳面な人は細かいところに気づいて対応できますが、手を抜くことが苦手な人も多いです。質より量を重視する会社もあるため、そのような企業を志望している場合は几帳面な性格が裏目に出てしまう可能性も。大雑把に対応することができない=手を抜くことができない、というイメージにも繋がりかねません。手を抜いて物事を進めることが苦手な人は、企業の求めるペースで業務に取り組めるという姿勢をアピールすることをおすすめします。

自己PRに書く際の例文

この項目では、「几帳面」を自己PRに書く際の例文をご紹介。几帳面さをアピールしたい就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

アルバイトでの経験を話す場合

ただ几帳面であることをアピールするのではなく、どのような行動を取り、どのような結果になったのかを盛り込むことで、より印象に残りやすい自己PRになります。几帳面さが仕事にどう活かされたかを具体的に伝えると効果的でしょう。

「私の強みは几帳面であることです。周りの人が見落としがちなことにもよく気がつく性格です。
大学時代に飲食店でアルバイトをしていたのですが、日頃からサービスの品質向上を意識していました。お客様向けのアンケート用紙の管理も行っており、お客様からの声もしっかりと確認していました。そのなかで曜日や時間帯によってお客様の満足度が大きく異なることが発覚しました。そこから、満足度が低かった曜日のシフトに着目し、接客態度の見直しをしました。その結果、アンケート用紙にはお客様から満足いただけたとの記入も増え、以前よりも売上が伸びるようになりました。
店長からも『細かいことに気づいてくれて助かった。』と感謝され、自分の性格にも自信を持てました。
この几帳面な性格から情報を整理して改善点を洗い出すことができたので、貴社でも課題解決に努めたいと考えております。」

学生時代の経験を話す場合

几帳面であることと同時にほかの長所をアピールするのも効果的です。長所を挙げすぎるのは逆効果ですが、2つ程度であれば効果的にほかの学生と差をつけられるでしょう。。

「私の長所は几帳面であることです。高校時代に難易度の高い課題を多く出されたことがありました。友人たちは答えを見ながら課題に取り組んでいましたが、私は自分の力で全ての課題を解きました。自分の力で最後まで取り組まなければ意味がないと感じてしまう真面目な性格のため、答えを見ながら課題に取り組むという行為をする気になれなかったのが理由です。
貴社に入社した際は、この几帳面で真面目な性格を活かし、最後までしっかりと業務に取り組みたいと考えております。」

▼関連記事
就職活動で求められる自己PRとは?作成のポイントと例文
 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。