人気の航空業界で就職前線を勝ち抜く方法とは?

このページのまとめ

  • 航空業界で運航している企業にはメガキャリアとLCCの2種がある
  • メガキャリアは人気が高いため就職が困難な傾向にある
  • LCCや航空関連の他職種に目を向けるのも良策

航空業界と聞くと、どんなイメージを抱かれるでしょうか。
おそらく、華やか・格好良い・高収入といったフレーズが出てくるでしょう。
その一方、LCCの参入による業界内での激戦化という現実もあります。
航空業界の現状を踏まえつつ、就職への道を探っていきましょう。

航空業界とは


ビジネスの世界は、さまざまな業界の努力により成り立っています。
航空業界への就職を考えるうえで、まずは、具体的に何をもって航空業界というカテゴリーが確立するのか確認していきましょう。

航空業界における主な業務は、飛行機やヘリコプター等の機器を使用し、旅客や貨物の輸送を行うことです。何かを運ぶという点では、「運輸業(空運)」という産業に属するでしょう。
しかし、就活というフィールドでは、より分かりやすいように航空業界と称しています。

また、航空業界において、航空会社は下記のように大きく2つに分類されます。

1.メガ・キャリア(Mega Carrier/大規模航空事業者)
2.LCC(Low CostCarrier/格安航空会社)

両者にはどのような違いがあるのか、次の項で詳しく見ていきましょう。
 

 

メガ・キャリアの特徴


メガ・キャリアとは、乗客にとっての利便性や質の高いサービスをセールスポイントとしている航空事業者のことです。
機内食の充実、高品質なサービス対応、預かり荷物の上限など、あらゆる面においてハイクオリティなサービスを提供しています。なかでも運行路線の多さは、目を見張るほど。どこへ行くにしても、何時に発つとしても、不便さを感じることは少ないでしょう。
その一方、運賃はリーズナブルとはいえないようです。高品質なサービス、利便性の高さと比例する価格設定がされています。それも含めてブランド化しているといえるでしょう。

LCCの特徴


LCCと呼ばれる格安航空会社は、その名の通り低運賃をセールスポイントとして打ち出しています。お得だと感じる方もいるでしょうが、利点ばかりではないようです。
よくいわれるのは、サービス内容が薄い、機体の状態が心配、チェックインカウンターが遠い、といったこと。また、一日あたりの本数はさほど多くないうえ、時刻も利便が良いとはいえないでしょう。
しかしながら、リーズナブルに利用しやすいため、多くの消費者に支持されているようです。
 

 

航空業界の取り組みと就活事情


LCCの勢いに対し、メガ・キャリアは価格以外のことで差をつけようとしています。サービスの質はもちろんのこと、新興国の航空会社と提携を積極的に推進。運行路線の整備と拡大による利便性を高めている最中です。
また、ハード面を整えるだけではなく、日本の魅力を海外に伝える取り組みも行なっています。
このように、メガ・キャリアはベースを日本としていることから、就活生には安心感があるようです。そのうえ、メガ・キャリアの航空事業者にはネームバリューがあるため、就職先としても不動の人気を保っています。

現在、LCCは海外でのシェアを中心に需要が高まっているようです。その中には、日本便を持つLCCもあります。
社会へのアンテナ感度が高く視野が広い就活生のなかには、そこに目を付ける人もいるとのこと。その理由を考察してみます。

航空業界への就職を志望している場合、まず国内の航空事業者をリサーチすることでしょう。しかし人気業界のため、過去の倍率に驚いて気弱になってしまう人もいると思われます。
並みいる優秀な就活生のなかから勝ち抜くにはどうすれば良いのでしょうか?
特定のメガ・キャリアありきの人は、ひきつづき自己研鑽に励むことと思われます。しかし、特定の企業ではなく航空業界で働きたい、というのであればLCCに目をむけてみるのもひとつの方法です。
さらに、就職の可能性を広げたいならば、職種にこだわらないという選択もあります。

メガ・キャリアにとって、LCCの参入は脅威であったかもしれません。しかしながら、消費者や就活生にとってはチャンスが増えたとの見方ができます。

航空業界で選べる仕事


航空業界ではどのような職種の方が活躍しているでしょうか?職種を挙げるとともに、その仕事内容について見ていきましょう。

・パイロット/旅客機の操縦
・客室乗務員/機内にて旅客へのサービス提供および保安
・グラウンドスタッフ/チェックイン手続き、ラウンジでの接客、出発前業務、到着後業務
・運航管理業務のスタッフ/飛行プランの作成や天候の推移をパイロットへ伝達
・整備士/機体の点検と整備
・航空貨物/貨物の空輸に関する業務
・グランドハンドリングのスタッフ/駐機中の整備、貨物の搭載や荷下、燃料補給、清掃
・ケータリング会社のスタッフ/機内食の調製、飲食物や機内免税品、雑誌などの搭載
・公務員/検疫官、食品衛生監視員、気象庁航空官、管制官、入国警備官など
・航空管制官/航空機の飛行ルートを管理
・警備会社のスタッフ/搭乗ゲートに移動する前の手荷物検査
・航空機メーカーのスタッフ/機体の製造など
・航空会社の基幹社員、総合職/営業、事務、技術に関する業務
・航空IT関連/システムの開発、運用、管理など
・航空機関連の輸出入を手がける商社/航空機や部品の輸入に関与
・エアライン系旅行会社/自社便を利用したツアーの企画および実施
・発券業務会社のスタッフ/搭乗予約の受付業務

このように、航空業にはさまざま種類の職種があります。雇用先も航空会社にとどまりません。
何らかの形で航空業界に関わりたいという方は、LCCや上記のような職種および民間会社をリサーチしましょう。選択肢が増えるうえ、社会への視野も広がります。
その際、次のようなことをポイントにして見ていくと、志望先がスムーズに決まるかもしれません。

・航空業界でどのようなことを行いたいのか
・必要な知識の有無
・適性
・勤務地
・転勤の有無
・勤務形態
・福利厚生

また、理系出身であれば技術や官制、文系であれば総合職や営業。体力に自信があるならば保安、外国語が得意ならば接客というように、出身学部や特性、スキルなどからアプローチするのも良いでしょう。

実際に社会人となり仕事をし始めると、理想とは違うと感じたり、業務や人間関係に悩んだり…といったことが時折あります。せっかく就職するのであれば、なるべくそれらの杞憂は払拭したいものです。
しかし、個人で行う就活には限度があるでしょう。そのようなときは民間のエージェントを利用するのもおすすめです。
キャリアチケットは企業へ実際に足を運んで様子を見ているため、社内の雰囲気までもお伝えできるのが強みです。
はじめての就活は何かと不安になることが多いもの。キャリアチケットを利用することで、心軽やかに就活できると幸いです。
 

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする