エントリーシートの作成…手書きとパソコンどっちが好印象?

このページのまとめ

  • エントリーシートを作成するときは、書き方の指定がないか確認する
  • 指定がない場合は、企業の社風や求めるスキルによって作成方法を決定する
  • それでも迷ったときは、手書きとパソコンのメリット、デメリットから考える
  • 手書きの場合、丁寧に書く、下書きをする、見栄え良く仕上げるのがポイント
  • パソコンで作成するときは、文字の大きさやフォントに注意し、こまめな保存を心がける

就職活動を始めたばかりの頃は、エントリーシートを手書きで書くか、パソコンで作成するかで迷ってしまうこともあるのではないでしょうか?
手書きとパソコンのどちらにも、良い点や悪い点があります。
当ページでそれぞれのメリット・デメリットを確認して、自分の状況に合わせた作成方法を選択しましょう!
 

エントリーシートは手書き?パソコン?


エントリーシートを作成するときは、まず最初に「指定の有無」を確認してください。企業から「手書きでご用意ください」「パソコンで作成してください」といった指定があれば、それに従いましょう。

指定がある場合、企業の意図として考えられるのは、「パソコンスキルが見たい」「手書きから感じられる人柄が見たい」というもの。こうした企業側の視点を念頭に置き、作成するようにしましょう。

一方、指定がない場合は、企業の風土に合わせて作成手段を選択するのがおすすめです。一般的に、IT系や外資系、ベンチャー系といった一定のパソコンスキルが評価されやすい企業ではパソコン作成、伝統を重んじる社風があったり、人事担当者が年配だったりする企業では手書き作成が好まれる傾向があります。
ただし、これにも例外はあるので、応募先企業についてよく調べた上で判断しましょう。
 

それぞれのメリット・デメリットを知ろう


企業からの指定がなく、どうしても作成方法に迷ってしまうときは、それぞれのメリット・デメリットから考えるのも1つの手です。以下をよく読んだ上で、最適な作成方法を考えてみましょう。

手書きのメリット・デメリット

「入社意欲が伝わる」「個性を表現できる」というのが手書きのメリット。文字を丁寧に書く、文字の大きさを揃える、適度に改行するなどの工夫点が読み手にも伝わります。完成させるにはそれなりの時間がかかるため、入社への本気度を示すことが可能です。また、人によって字や表現方法が異なるので、他の応募者と被ることはありません。字体や文字の大きさ、筆圧などの変化によって自由に個性をアピールできるでしょう。

反対に、「間違えたら最初からやり直しになる」「工夫しないと読みづらい印象になる」などが手書きのデメリット。後ほど詳しくお伝えしますが、間違えた場合、修正テープや修正液で消したり二重線を書いて訂正印を押したりするのは、マイナスイメージに繋がります。また、改行せず文字を書き連ねるだけでは読みづらくなり、採用担当者が飽きてしまう恐れも。見やすく分かりやすいエントリーシートにするには、工夫して書く必要があるでしょう。

パソコンのメリット、デメリット

パソコンで作成するメリットは、「作成に費やす労力や時間が短縮できる」「誰でもきれいに仕上がる」というもの。文章を保存しながら書き進めることができるので、文字量の調整や誤字脱字の修正などが簡単にできます。また、字の上手い下手に関わらず、誰でもきれいに仕上げることができるのもパソコン作成の魅力。強調したければ字体を変えたり太字にしたりするなどの工夫も可能です。

一方で、企業によっては「入社意欲が低い」と見られることも。先述したように、手書きには一定の時間と労力がかかりますが、パソコンで作成するのは比較的簡単です。メリットである手軽さがかえってマイナス印象になるケースもあるため、パソコンスキルを重視しない企業へ応募する際は、避けた方が無難でしょう。
 

手書きのポイント


手書きでエントリーシートを作成するときのポイントをまとめました。
以下の3つの点に注意するだけでも、完成度がぐっと高まります。

丁寧な字で書く

丁寧に書くのは基本中の基本。字が下手で自信がない…という場合でも、丁寧に書いていれば読み手には伝わるでしょう。反対に、きれいな字体であっても、文字がかすれている、とめ・はね・はらいができていないなどは、雑な印象を与えます。採用担当者にしっかりと最後まで読んでもらうためにも、字は丁寧に書いてください。

下書きでミスをなくす

就職活動は、ビジネスマナーを守れているかどうかも重要なチェックポイント。前項でご紹介したように、間違えた場合は修正液や修正テープを使う、二重線で消す、訂正印を押すといった修正はせず、書き直すのがマナーです。ミスや誤字脱字を防ぐためにも、下書きは必ず行ってください。清書した後は、下書きを丁寧に消しましょう。

見栄え良く仕上げる

適度な改行や見出しによって、読みやすい書類にする工夫をしましょう。枠内いっぱいに自分の想いを書くのは大切ですが、文字が小さすぎる、詰まって見えるのは、読みやすい書類とは言えません。改行や見出し以外にも、文字サイズを揃え、一列に書くことも意識してください。採用担当者が「読みたい」と思えるような書類にすることが大切です。
 

パソコンで作成するときの注意点


パソコンで作成するときに気をつけたいポイントは次の2点です。
手書きに比べて注意点は少なめですが、大切なので必ずチェックしておきましょう。

文字サイズ、フォントに注意

文字サイズは9~10.5pt程度がおすすめ。これ以上小さい文字だと読み手が大変なので、書きたい内容が多い場合は要点を絞るなど工夫するようにしましょう。フォントは「MS 明朝」「MS ゴシック」を選ぶ方が多いようです。見出しと本文で異なるフォントを選択し、組み合わせて使用するのはOKですが、文中でフォントを変えるのは読みづらくなるので避けてください。

こまめに保存する

こまめにデータを保存しておくと、思いがけないトラブルが起きた際に便利です。ありがちなトラブルは、「手元が狂って書いていたもの消してしまった」「ネットが突然途切れてしまった」というもの。万が一こうしたケースが起きたとしても、データを保存していれば簡単に復元できます。保存していない場合は、手書きと同様に最初から書き直すことになりかねないので、くれぐれも保存は忘れないように気をつけましょう。
 

内容が一番大切!


これまでエントリーシートの作成方法についてお話してきましたが、これはマナーの1つに過ぎません。
採用の場では、よっぽど常識がないと判断されることがなければ、エントリーシートの内容を重視する傾向があります。採用担当者の視点は、質問の意図を理解しているか、伝えたいことが分かるように書けているか、自社とマッチした人材かなど。それを踏まえた上で、書類を作成することが大切です。

また、エントリーシートや履歴書の内容と面接で話すことは、一貫性を持たせる必要があります。エントリーシートと履歴書の内容が違っている、書類と発言内容が異なっているということになれば、不信感に繋がる恐れも。提出する書類はコピーやメモを取って、忘れないようにしておくと良いでしょう。

エントリーシートの作成に不安のある方は、キャリアチケットがお手伝いいたします。
キャリアチケットは、新卒向けの就職エージェント。就職サポートの一環として、応募書類の添削や面接対策を実施しています。就職活動のやり方に迷ったときは、専任の就活アドバイザーが丁寧にアドバイスしますので、不安な方は安心です。サービスを利用してみたいという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!