エントリーシート手書きとパソコン作成におけるポイントを解説

このページのまとめ

  • エントリーシートを作成するときは、書き方の指定がないか確認する
  • 手書きの場合、丁寧に書く、下書きをする、見栄え良く仕上げるのがポイント
  • 自由記入の指定がある場合、空白にしない

エントリーシート手書きとパソコン作成におけるポイントを解説のイメージ

エントリーシートで意外と多いのが手書き指定。また一部の企業である「あなたを自由に表現してください」といった自由記入指定がある際、何を書けばいいかわからない人もいるのではないでしょうか。この記事では、企業が手書き提出を求める理由や手書き提出の際に気をつけたほうが良いポイント、自由記入の際のポイントをお伝えします。企業が手書きで求めていることを意識して、好印象なエントリーシートに仕上げていきましょう。



 

目 次

エントリーシートは手書き?パソコン?

エントリーシートを作成するときは、まず最初に「指定の有無」を確認してください。企業から「手書きでご用意ください」「パソコンで作成してください」といった指定があれば、それに従いましょう。
指定がある場合、企業の意図として考えられるのは、「パソコンスキルが見たい」「手書きから感じられる人柄が見たい」というもの。こうした企業側の視点を念頭に置き、作成するようにしましょう。
一方、指定がない場合は、企業の風土に合わせて作成手段を選択するのがおすすめです。一般的にIT系や外資系、ベンチャー系といった一定のパソコンスキルが評価されやすい企業ではパソコン作成、伝統を重んじる社風があったり、人事担当者が年配だったりする企業では手書き作成が好まれる傾向があります。
ただし、これにも例外はあるので、応募先企業についてよく調べたうえで判断しましょう。



 

企業が手書きのエントリーシートを求める理由

企業が手書きのエントリーシートを指定することには、下記のような意味があります。

志望度が高い学生を集められる

人気の企業には多くの学生が応募するため、採用担当者は書類を確認するのに大きな負担がかかります。特にパソコンで作成したエントリーシートの場合は入力の使い回しができることもあり、その傾向が強いようです。エントリーシートを手書きにすれば、記入に労力が必要となる分「とりあえず受けておこう」という学生が減り、志望度が高い人だけを集めやすくなります。初期段階で熱意のある学生を見つけられるため、企業にとって効率的な採用方法だといえるでしょう。

学生の性格や熱意がひと目で伝わる

エントリーシートを手書きにすれば、内容で差別化しなくてもひと目見ただけで学生の熱意や人柄が分かります。パソコンで作成したエントリーシートの場合、文字フォントが揃っていて見やすい分全員が似たような印象になってしまうというデメリットも。手書きであれば個性も伝わり、見分けもつきやすくなります。



 

エントリーシート手書きの3つのポイント

エントリーシートを手書きする際は、PCで入力するエントリーシートと違って意識・工夫したほうが良いところがあります。以下、3つのポイントに注意して作成してみましょう。

読めるように丁寧な字で書く

丁寧に書くのは基本中の基本。字が下手で自信がない…という場合でも、丁寧に書いていれば読み手には伝わるでしょう。反対に、きれいな字体であっても、文字がかすれている、とめ・はね・はらいができていないなどは、雑な印象を与えます。採用担当者にしっかりと最後まで読んでもらうためにも、字は丁寧に書いてください。

下書きでミスをなくす

就職活動は、ビジネスマナーを守れているかどうかも重要なチェックポイント。前項でご紹介したように、間違えた場合は修正液や修正テープを使う、二重線で消す、訂正印を押すといった修正はせず、書き直すのがマナーです。ミスや誤字脱字を防ぐためにも、下書きは必ず行ってください。清書した後は、下書きを丁寧に消しましょう。

見栄え良く仕上げる

適度な改行や見出しによって、読みやすい書類にする工夫をしましょう。枠内いっぱいに自分の想いを書くのは大切ですが、文字が小さすぎる、詰まって見えるのは、読みやすい書類とは言えません。改行や見出し以外にも、文字サイズを揃え、一列に書くことも意識してください。採用担当者が「読みたい」と思えるような書類にすることが大切です。

▼関連記事
これだけ読めば、エントリーシートの書き方が全てわかる!
選考通過するエントリーシートのコツ!内定につながる書き方を一から解説



 

エントリーシート自由記入で指定があったとき

ここでは、「自由記入(手書き)」を指定された場合のポイントについてお伝えします。

空白は作らない

エントリーシートで自由記入の指定があった場合は、空白を作るのは避けましょう。企業がこの形式で見たいのは、志望度と個性です。空白があると志望度が低いとみなされてしまう恐れがあります。

自身の性格や価値観をアピール

エントリーシートで自身の性格や価値観をアピールしましょう。過去の経験に基づいて述べたり、文字だけでなく写真や絵などを載せたりすると印象に残りやすくなります。応募企業がどのような人材を求めているか、どんな風に書くと好印象につながるかを考え、書き方を工夫してみましょう。

▼関連記事
就活生の大半はダメなエントリーシートを書いている

【実際のESをプロが添削!ES書き方講座#8】~Sさん自己PR:ゼミ編~


本記事の執筆者

梶川沙綺(かじかわさき)

新卒でレバレジーズ株式会社に入社。年間1000名以上の就活生の支援を行い、入社3年目で神戸支社の立ち上げに携わる。現在は本社でサービスの向上にも関わりながらキャリアコンサルタント国家資格取得に向けてスキルアップ奮闘中。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。