エントリーシートにおける自己PRの重要性とは?

このページのまとめ

  • 就活生の人柄や物事に対する取り組み方が分かる自己PRは、企業も重要視している
  • 結論から始めるPREP法で、より説得力のある自己PRを作成しよう
  • 企業が求める人材像を理解して、企業それぞれに合わせた自己PRを作成するのがポイント
  • 失敗談から学んだことや乗り越え方を盛り込んで、「失敗から学ぶ姿勢」を表そう

就活において必須となっている、自己PR。
企業も重要視している内容ですが、なぜ重要なのかご存知ですか?
当コラムでは、企業が重視する理由や評価につながる自己PRの組み立て方を解説。
華やかな経歴をお持ちでない方でも、効果的な自己PRを作成できるポイントも掲載しています!
 

企業にとって自己PRはなぜ重要?

履歴書やエントリーシートの項目の中でも、重要度の高い自己PR。
重要度が高い理由としては、

・就活生の人柄や、自社との相性が分かる項目だから
・入社意欲があるか確かめられるから
・学生時代の頑張りやエピソードで、入社後どのように活躍してくれるかをイメージできるから
・物事に対して、どのように取り組む人材かを見極めることができるから

といった理由が挙げられます。

以上を踏まえ、採用担当者が「会ってみたい、直接話を聞いてみたい」と思うような自己PRを作成することが大切です。
 

自己PRを考える順序

では、採用担当者に響くような自己PRはどのように作成したら良いのでしょうか?

まず、今まで自分がしてきた経験を振り返ることから始めましょう。
特別な経験だけでなく、日常で経験してきたことも洗い出すことが大切。
さらに、自己分析を行ったり第三者に自分を分析してもらうなどして、「自分がどのような人間か」を決定します。

次に、経験や自己分析から「自分の強み」といえる部分を探し出します。
前述した「自分がどのような人間か」を、自分の強みとして挙げてもいいでしょう。

そして、その強みを裏付ける具体的なエピソードをまとめます。
経験談だけで終わらず、その経験やエピソードからなにを学んだのかまで盛り込むと、より説得力のある自己PRに。

最後に、その強みが仕事でどのように活かされるのかを考えます。
どのように強みを活かすかを記載することで、志望度の高さが採用担当者に伝わりやすくなるかもしれません。

伝わりやすい自己PRの構成

経験やエピソードがしっかり考えられていても、採用担当者に伝わりにくい構成の自己PRでは評価を得られないでしょう。
評価されやすい、伝わりやすい自己PRの構成は、結論から先に述べるPREP法を採用することをおすすめします。
PREP法とは、「強み(Point)→強みが「強み」となったきっかけ(Reason)→結論を裏付けるエピソードや、経験から学んだこと(Example)→強みを活かして入社後にどう活躍するか(Point)」という流れで文章を構成する手法です。
PREP法を採用しなくても魅力的な自己PRは作成可能ですが、説得力や一貫性をアピールできるPREP法は、効果的な自己PRの助けとなることでしょう。

強みやエピソードが複数ある場合

就活生のなかには、強みやそれを発揮したエピソードなどを複数持っている方もいるでしょう。
そういった場合は、1つの企業の自己PRに複数の強みを詰め込むのは避け、応募企業ごとに内容を変えることをおすすめします。
営業系の企業であればフットワークの軽さや目標達成能力を示すエピソード、事務系の企業なら真面目さや正確さなど、企業に合わせて自己PRの内容も変更すると良いでしょう。
 

こんな自己PRは評価されない

「一生懸命努力した」や、「問題解決に尽力した」といった、抽象的な言葉を使用した自己PRは評価されない傾向にあるようです。
「◯◯を達成できるよう努力した」「問題解決のために◯◯を行った」など、具体的で分かりやすい文章表現を心がけましょう。

また、抽象的な表現も含めて、どのような企業にも使いまわすことのできる自己PRも避けたほうが安心です。
それぞれの企業の求める人材像を把握し、それに合わせた自己PRを作成することが大切です。

エントリーシートに欄を設けている自己PRの場合、小さな文字でぎっしりと書き込むことも避けましょう。
採用担当者が読みやすいよう配慮することも、評価につながるポイントとなる可能性があるようです。
 

目立つエピソードがなくても大丈夫!

自己PRというと、「◯◯サークルで代表経験」「ボランティア団体で活動」といった目立つエピソードを多い浮かべる方も多いでしょう。
「華やかな経験がない」と悩んでいる方がいるかもしれませんが、アルバイトや部活などの日常的なエピソードであっても、自分なりに考えた結果や工程、試行錯誤が伝われば大丈夫。

さらに、成功経験だけに限らず失敗経験も、「挫折を乗り越えられる力がある」と評価される可能性があります。
失敗経験を盛り込む場合は、どのようにして乗り越えたか、失敗した経験から学んだことを記述して、「失敗から学ぶ姿勢」を表すことが大切です。
 

キャリアチケットで書類作成のサポートを受けてみませんか?

以上から、自己PRの大切さや効果的な構成方法が分かったと思います。
それでも、自分のエピソードに自信が持てなかったり、強みやエピソードを決めかねている方もいらっしゃると思います。
そんな方は、就活キャリアエージェントのキャリアチケットまでご相談ください。
キャリアチケットでは、独自の自分発見カウンセリングを提供中。
経験豊富なスタッフが、あなたの強みを一緒に探し、各種書類の添削も行います。
受かるポイントを押さえたアドバイスで、内定獲得までしっかりとサポートいたします!

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!