留年が就活に与える影響とは?

このページのまとめ

  • 留年をした場合、就職活動ではどうしても通常の新卒より不利になる
  • 家庭事情や病気などのやむを得ないケースの場合は就職活動にほとんど影響はない
  • 留年した理由は正直に伝え、自分の非を認める
  • 志望先の企業で働くための知識やスキルを深めておくことが大事

留年してしまった時、就職活動ではどのようにアピールしていけばいいのでしょう?
通常ならばストレートで進級している方が多い中で、留年はマイナスイメージを免れません。
それを払拭し、プラスのアピールに変換するための方法を紹介していますので、自分の経歴に不安がある方はご参照ください。

留年してしまった…就活にどれくらい響く?

留年した場合、就職活動にどのような影響があるのでしょうか?
かつてよりは緩和されているものの、今でも留年に対してマイナスイメージを抱く方は少なからずいます。
そのため、通常の新卒と比較すると、就職活動が不利になりやすいのは否定できません。
ストレートで進級した人の就職活動ならば、自己アピールから始めることが可能です。
しかし、留年後の就職活動はマイナスイメージを払拭することからスタートしなければならず、自分をアピールするのはその後になってしまいます。

特に単位不足など、努力をしていれば起こり得ないような理由で留年した場合、影響は大きくなるでしょう。
ただし、病気や怪我、家庭の事情など、やむを得ないケースの留年は就職活動にほぼ影響はないといえます。
どちらの場合でも留年した理由は面接で必ず聞かれるため、しっかり答えられるように準備しておきましょう。

▼関連記事
留年経験が就職活動に与える影響とは?
 

留年した理由を明確に伝えられるかが成功の鍵となる

どのような理由であっても、嘘をついたり誤魔化したりせず、留年の理由を正直に答えることが大切です。
もし家庭の事情などで理由を答えづらい場合は、伝えても支障がない範囲で問題ありません。
単位不足などのような努力不足による留年の場合は、自分に悪い点があったことをきちんと認めましょう。
その場しのぎで言い訳をすると、かえって印象を下げてしまいます。

自分の非を認めた上で反省し、この経験を今後どのように活かしていくかを伝えるのが重要なポイントです。
社会に出たら「言い訳をしない」「自分の非は素直に認める」「反省を今後に活かす」という姿勢が求められることもあるため、伝え方次第では「社会人の素養を持ち合わせている」というアピールになる可能性も

就職活動をする上では、マイナスイメージに繋がるような要素をいかにポジティブさで覆せるかで結果が左右されます。

▼関連記事
就活で留年の理由を聞かれたときは?好印象を残す伝え方
 

留年を「資格や1年未満の実体験」でカバーするのは難しい

「留年した」という不安から、その期間で何らかのスキルや経験を身につけようとする方もいるようです。
しかし、留年したからといって、就職に役立ちそうな資格を取得したり、急にボランティアや短期留学などの活動をしたりしても特にプラスにはなりません。

資格の取得は新卒や中途採用枠の方も同じように行っているため、簡単な資格を持っていても貴重な人材とは認識されないことが多いようです。
また、企業側は「1年に満たない短期間の実体験で得るものは少ない」と考える傾向があるため、短期間のボランティアや留学も効果的であるとはいえません。
留年を行動でカバーするのにもっとも有効な手段は、企業研究を深め、応募先の企業で必要な知識や技術を身につけておくことです。
他の就活生よりも多く時間を使っている分、より密度・精度の高いアピールができるようにしておきましょう。

▼関連記事
留年は就職活動で不利?経験と反省点を最大限に活かす方法

自分だけでアピール方法を考えるのが難しい、自信がない方は、エージェントを活用するのも有効な手段です。
キャリアチケットは、経験豊富なアドバイザーによる模擬面接などの面接対策、フィードバックを行っています。
丁寧に指導するので、実際の面接に望む際も安心です。

自分の経験をどのようにアピールすべきか悩んでいる方は、キャリアチケットにご相談ください。
内定獲得のためのお手伝いをします。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする