内々定と内定はなにが違う?保留の可不可やその方法を解説

このページのまとめ

  • 内々定とは、「内定を約束している」状態を表しており、採用が確定しているわけではない
  • 経団連の就活ルールによって内定解禁日が決められているため、人材確保を目的に内々定が使われる
  • 内々定は法的効力がないので、企業側と学生側のどちらからでも取り消しを申し出ることができる
  • 内々定を保留することはできるが、承諾後に辞退することもできるのでよく検討しよう

就活をしてると企業から「内々定」をもらうこともありますが、内定との違いは知っていますか?
また、内定を保留できることを知っている方は多いと思われますが、内々定を保留することはできるのでしょうか。
当コラムは、内々定の意味や保留の可不可、その方法などをまとめています。
内々定が取り消しとなる事例も紹介しているので、確認しておきましょう。

内々定ってなに?


企業が採用の意志を示し、学生側も入社の意志を示して相互に意思確認を行ったうえで労働契約が成立した状態を表す「内定」。
似た言葉である「内々定」とは、なにが違うのでしょうか。

内定とは、上記のように企業が対象となる学生に対して「採用を約束する」こと。
一方、内々定の場合は、採用する意志がある点は同じですが、採用を決定しているのではなく「内定」が約束された状態です。
以上のことから、内々定は、あくまでも企業の「内定を出したいと考えている」という意思表示と捉えることができます。
採用が確定している訳ではないため、内々定を得ていても採用につながらない…ということも。
内々定が出たからといって安心したり就活を終えたりするのは危険です。

とは言え、内々定は「内定が約束されている状態」のこと。多くの内々定者は、そのまま内定へと進んでいるようです。
そのため、学生の中には、内々定が存在する意味が分からない…という方もいるかもしれません。
内々定が存在する理由には、経団連が深く関係しています。

経団連とは日本経済団体連合会の略称で、日本を代表する企業や団体が所属する経済団体のこと。
所属する企業は、経団連が定めたルールに則って採用活動を行う必要があり、このルールによって内定通知の解禁日が定められています。
しかし、その期日を待っていると経団連に属さない企業に早期内定を出されて人材が流出する可能性も。
期日を待って内定を出したのに、すでにほかの企業の内定を承諾していた…という事態を防いで人材を確保するために、内定の約束となる内々定という措置が取られているのです。

また、内定の場合は必ず「内定通知書」という書類が取り交わされますが、内々定の通知は口頭や書面などさまざま。
企業によっては「内々定承諾書」の提出を求められることもあるようです。

内々定は保留できる?


内定の承諾を保留できることを知っている方は多いと思われますが、内々定は保留することができるのでしょうか。

結論から言うと、内々定は労働契約を結んでいない「法的効力がない」状態のため、結論を保留することが可能です。

ただし、内々定を保留することでリスクが生じる可能性も。
内々定はあくまでも「内定の約束」であるため、保留中に企業が優先度の高い学生に内定を出してしまったり、保留するなら内々定そのものを取り消されたりすることもあり得ます。

ただし、法的効力がないので内々定受諾後に辞退できるのも特徴。
この特徴を活かし、内々定の通知を受けたら受諾しておくことをおすすめします。

内々定を保留する方法


内々定の保留にはリスクが伴いますが、やむを得ない理由で保留することもあるでしょう。
もし保留するのであれば、内々定の通知を受け次第できる限り早めに連絡をします。

連絡方法は電話が基本で、担当者が不在だったりつながらなかったりする場合はメールを利用しましょう。
例文は以下のとおりです。

電話の会話例

お世話になっております、◯◯大学◯◯学部の(氏名)と申します。
お忙しいところ恐縮ですが、人事部の◯◯様(採用担当者様)はいらっしゃいますでしょうか?

お世話になっております、◯◯大学◯◯学部の(氏名)です。
先日は、内々定の通知をいだたき、ありがとうございました。
本来であれば期限内に回答するべきところですが、他社の選考結果を待ってから判断させていただきたいと考えております。
勝手なお願いで大変恐縮なのですが、◯月◯日まで返事を待っていただくことは可能でしょうか?

メールの例文

件名:内々定の受諾回答期間延長のお願い(◯◯大学◯◯学部 氏名)
本文:
株式会社◯◯
人事部 ◯◯様(採用担当者様)

お世話になっております、◯◯大学◯◯学部の(氏名)です。
この度は内々定の通知をいただき、誠にありがとうございます。

入社に関して、他社の選考結果を踏まえて判断させていただきたいと考えております。
内々定をいただいたにも関わらず誠に申し訳ございませんが、◯月◯日まで回答を待っていただくことは可能でしょうか。
こちらの都合で申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

===================
◯◯大学◯◯学部
氏名
電話番号
メールアドレス
===================

検討の結果、内々定を辞退することもあるでしょう。
辞退する場合は、企業が次の採用候補者を選ぶことを考えて、できるだけ早く連絡を入れるのがマナー。
辞退連絡をメールで行うと見落とされる可能性も。それを防ぐためにも電話で行うのがベストです。

内々定が取り消される理由


内定の場合、労働契約を結んでいる以上企業側は簡単に内定を取り消すことはできません。
しかし、何度か記したように内々定は法的効力がないため、承諾後でも企業側から取り消すことが可能です。
では、どのような場合に内々定が取り消されるのでしょうか。
考えられる理由は以下のとおりです。

・企業の業績悪化
・単位不足によって卒業できない
・書類の未提出
・違法行為
・事故や病気
・必須資格の未取得

企業側の都合では、会社の業績悪化や災害によって今後の経営が不透明になった場合が考えられます。
学生側の都合では、単位不足によって卒業できなかった、提出書類が揃っていない、必須資格を持っていないという理由が挙げられるでしょう。
また、経歴詐称などの違法行為に加え、近年ではSNSによる炎上や問題行為の露見なども取り消しの対象になるようです。
さらに、事故や病気といった状況の変化によって内々定が取り消されることも。

企業側が内々定を取り消すこと自体は問題ではありませんが、企業イメージなどを考慮して簡単には取り消さないのが実情。
ですが、全く取り消しがないとは言い切れないので、内々定が出たからと言って安心するのは早いかもしれません。

内々定をもらったあとでも、自分が納得できるまで就活を行いたい…という方は、キャリアチケットにご相談ください。
キャリアチケットは、新卒に特化した就職エージェント。
年間3,000人以上の相談実績を活用して、あなたにぴったりの就活方法をアドバイスいたします。
本当に自分に合う会社を知りたい…という方におすすめなのが、専任アドバイザーが行う就活カウンセリングです。
あなたの性格や強みを把握した上で、キャリアチケットが保有する170以上の優良企業から適性に合う求人をご紹介、
最短3日で内定が出るのも特徴です。
就活方法を見直したい、第三者からのアドバイスが欲しいなど、就活でお悩みならぜひご利用ください。
全てのサービスはご利用無料です。お問い合わせお待ちしております。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

\ただいま毎日開催中!/就活セミナー概要はこちら

\その他サービスについて/サービス概要はこちら

について

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

\ただいま毎日開催中!/就活セミナー概要はこちら

\その他サービスについて/サービス概要はこちら

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!

就活のプロがマンツーマンで、即日内定サポート

無料就活サポート詳細はこちら