一次面接と適性検査の関係とは?テストの種類と対策方法も解説

このページのまとめ

  • 適性検査を実施するのは一次面接に進む学生をふるいにかけるため
  • 一次面接では適性検査の結果が参考にされる
  • 適性検査には「学力検査」「性格検査」の2種類がある
  • 学力検査は問題集を解いて対策しておけば高得点が狙える
  • 性格検査は正直に答えてありのままの自分を出すこと

「一次面接と適性検査は関係あるの?」と疑問に思う就活生は多いでしょう。適性検査を受けたあとに一次面接に進むときは、テストの内容が面接に関わるか気になりますよね。
結論からいうと、適性検査の結果は一次面接に影響します。内定のためには適性検査と一次面接の関係を把握し、正しく対策することが大切です。
このコラムでは、適性検査と一次面接の関係と対策法を解説し、選考通過を後押しします。

一次面接と適性検査の関係とは

一次面接と適性検査は、どちらも選考過程のひとつなので繋がりがあります。企業の採用担当者は、適性検査の結果によって学生を一次面接に進めるか判断します。適性検査は選考に関わるので、事前に対策することが大切です。

就活で適性検査を行うのは学生をふるいにかけるため

就活の初期段階で適性検査が実施されるのは、大勢の中から優秀な学生をふるいにかけるためです。選考の初期段階は応募者の数が多いので、人数を絞らないと企業側は一次面接を行えません。時間をかけず正確に学生の合否を判定するには、適性検査の結果を参考にするのが効果的。適性検査は学生の性格や能力を示す客観的なデータなので、「自社に合う人材かどうか」の判断材料になります。
また、適性検査はペーパーテストやWebテストで行うので、企業側にとっては時間と人手を節約できるというメリットもあります。

適性検査の結果は一次面接での参考材料になる

適性検査の結果は、学生の性格や能力を示すので、一次面接の参考材料になります。面接官がチェックするのは、「データでは分からない学生の人となり」です。
一次面接の面接官は、適性検査の結果から気になる点をチェックし、あらかじめ質問を用意する傾向があります。気になる点を質問で深堀りすることで、面接官はデータと実物の両面から学生を深く理解できます。
また、適性検査の結果が良い学生は、面接前から好印象を与えられるというメリットも。ただし、面接での質疑応答がスムーズにいかないと、適性検査の結果がよくても不合格になるので注意が必要です。

適性検査の2つの種類とチェックされるポイント

適性検査は、「学力検査」と「性格検査」の2種類があります。就活では「学力検査+性格検査」または「性格検査のみ」実施されるのが一般的で、「学力検査のみ」は少ない傾向があります。
適性検査をクリアするには、それぞれでチェックされるポイントを知っておくことが大切。下記で、2種類の適性検査でチェックされるポイントを確認しておきましょう。

学力を審査する適性検査

学力を審査する適性検査では、学生の基礎学力と思考能力がチェックされます。学力検査で出題される問題を下記で確認しておきましょう。

・言語分野…国語のように読解力や文章能力を問う問題
・非言語分野…数学や理科といった計算力や情報処理能力を問う問題

企業の採用担当者は、学力検査の結果から学生の仕事への適性を判断します。円滑に業務を進めるためには、一定の基礎学力や思考能力が必要になるからです。
出題される問題は企業によって違いがあり、中には英語や一般常識を問うところも。問題自体は中学・高校レベルなのでとりたてて難しくはありませんが、範囲が広いので幅広い知識が必要になるでしょう。

性格を審査する適性検査

性格を審査する適性検査とは、文字通り学生の性格をチェックするテストです。設問に対して「はい」「いいえ」で答えるのが一般的で、回答から学生の性格や考え方、行動パターンが浮き彫りになります。
性格や考え方、行動パターンをみれば、「どうやって仕事に取り組むか」「向いている職種は何か」「組織風土に合うか」が明確に。性格検査は、採用担当者が「自社に合う人材か」見極める指標になるので、適当に答えず誠実に取り組みましょう。

適性検査の対策方法

適性検査をクリアするには、事前に対策することが大切です。適性検査の2つの対策方法を下記で確認しておきましょう。

学力検査は問題集を解いて問題に慣れる

学力検査をクリアするには、問題集を解いて問題に慣れる必要があります。問題の形式に慣れておけば、本番でも落ち着いて回答できるからです。学力検査の問題のパターンは決まっているので、高得点を得るためには傾向を把握することが大切。一冊の問題集を繰り返し解いて、問題の傾向や回答のプロセスを理解しておきましょう。
また、問題集を解くときはスピードを意識するのもポイントです。学力検査は設問の数が多いため、スピーディーに解かないと制限時間内に終わりません。素早く問題を解く癖をつけ、本番では全問回答を目指しましょう。

性格検査は嘘をつかず正直に答える

性格検査は、嘘をつかず正直に答えるのが合格への近道です。「実物より性格をよくみせたい」と思う人もいるでしょうが、嘘をつくのは逆効果。面接の質疑応答でうまく答えられず、嘘がばれる可能性があるからです。
そもそも、適性検査には「ライスケール」と呼ばれる設問があるので、必然的に嘘がばれるようにできています。「今まで嘘をついたことがない」という問題に対し、「はい」と答えた人は採用担当者に不信感を抱かれます。一般的に、一度も嘘をついたことがないとは考えにくいので、「はいと答えた人=嘘つき」と判定されるからです。性格検査でついた嘘は必ずばれるので、ありのままの自分で問題に答えてください。

▼関連記事
就活成功の鍵!適性検査の種類や対策ポイントまとめ

採用されるためには一次面接と適性検査の両方が重要

一次面接と適性検査はどちらも重要なので、両方に力を入れて内定を目指しましょう。採用担当者は、適性検査の結果と一次面接の内容を参考に、学生の仕事への適性を見極めます。どちらか一方が合格ラインでも、片方が基準に達していなければ不合格になるので注意が必要です。
また、適性検査と一次面接の繋がりを意識し、一貫性を持たせることも大切。適性検査の結果と一次面接の答えがかけ離れていると、面接官に不信感を抱かせるからです。
一貫性がない学生は「やる気がない」「誠実さに欠ける」と判断されるので、せっかく一次面接に進んでも不合格になるでしょう。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!