基本マナー解説!受かるインターンの履歴書の書き方とは? 

このページのまとめ

  • 丁寧な字で読みやすく書く
  • 書き間違いは修正せず新しく書き直す
  • 自己PRはインターン先のニーズに合った資質をアピールする
  • 自分がこのインターンの経験で、どう変化したいかを明確にする
  • 志望動機では、経営理念や事業内容をふまえた「このインターン先で働きたい」理由を明記する

就活前にいち早く企業を知ることができるのがインターン。最近では応募人数が増え、インターンの履歴書提出を求める企業も増えてきています。
しかし、履歴書に慣れておらず、書き方の分からない方も多いのではないでしょうか。
インターンの履歴書は、そのまま就活の履歴書に応用できます。書き方をマスターしておいて損はないでしょう。
本記事では、採用をもらえるインターン用履歴書の書き方を解説します。
 

インターンの履歴書の注意点

まず、インターンの履歴書を書く際の注意点を押さえておきましょう。

「御社」ではなく「貴社」

相手の企業を表す敬語は、話し言葉だと「御社」。書き言葉だと「貴社」となります。
履歴書に書く際は「貴社」です。間違いやすい箇所なので、注意しましょう。

書き間違いは書き直す

手書きの場合、書き間違いをしてしまったら、必ず新しい履歴書に書き直しましょう。
修正液や修正テープの使用も望ましくありません。

「余裕を持って丁寧に書いた」ことを企業に感じてもらうためにも、修正箇所のない綺麗な履歴書に仕上げましょう。

ボールペンは「黒」

ボールペンは、にじまずくっきり書ける油性タイプの黒ボールペンをおすすめします。
色付きボールペンやマーカーペンの使用は控えましょう。
履歴書で強調したい部分は、装飾したりせず、自分の言葉を工夫して伝えることを意識しましょう。

年号を統一する

履歴書内の年号は、特別な指定がない場合、「和暦」でも「西暦」でも構いません。
ただし、ちぐはぐな印象を与えないよう、必ずどちらかに統一させましょう。

自己PR欄が広いフォーマットがおすすめ

インターンに使用する履歴書は、企業からフォーマットの指定がある場合は必ずそちらに従いましょう。
そうでなければ、市販のものを使用します。
自身の強みをよりアピールできるよう、自己PR欄を多くとっているものがおすすめです。

手書きでもパソコンでもOK

こちらも、企業の指定に従いましょう。特に指定がない場合は、どちらでも問題ないでしょう。
 

インターンの履歴書の書き方 :基本情報

履歴書の注意点を確認できたら、次に、各項目の記入方法をみていきましょう。

日付

日付欄には、提出する日付を書きましょう。
郵送の際は投函日、メール送信の場合は送信日、手渡しの際は持参日です。

氏名

採用担当者に覚えてもらえるよう、自身の氏名は大きく綺麗な文字を心がけてください。
名字と名前の間は少し空け、読みやすくしましょう。

証明写真

サイズは基本縦4cm×横3cm 、提出日から3ヶ月以内のものを使用します。
スーツを着用し髪の毛を整えた、好印象を与える写真を撮りましょう。
印刷機やコンビニプリントも可能ですが、顔写真は自身の印象を左右する重要なポイントになるので、スタジオでプロのカメラマンに撮ってもらうことをおすすめします。
また、写真を貼る際には、必ず「大学名・氏名・撮影日」の裏書きを忘れないようにしましょう。

生年月日

記入した日付時点の年齢を記入します。

住所

基本的には、住民票に記載された住所を書きましょう。番地の省略もせず、住民票通りに正確なものを記入してください。
学生は、住民票とは違う住所に住んでいる場合もあるでしょう。その際は、住所欄に住民票の住所を、連絡先住所に現在住んでいる場所を記入します。

電話番号

固定電話は、市外局番から記載します。
合否の連絡などが入るので、日中に連絡のつく携帯電話の番号は必ず記載しておきましょう。

メールアドレス

企業から重要な連絡を受けることがあるので、日常的に使用しており、頻繁に確認できるアドレスを記入してください
「-(ハイフン)と「_(アンダーバー)」、数字の「0(ゼロ)」と英字の「o(オー)」など、紛らわしい文字は、違いがはっきり分かるように書きましょう。

捺印

インク浸透印は使わず、朱肉を使って丁寧に捺印します。
かすれたりにじむことのないように注意しましょう。

学歴

1行目の中央に「学歴」と記載し、2行目から学歴の詳細を書き始めましょう。
学歴は、中学校の卒業年から書き始めるのが一般的です。
大学の箇所は、卒業予定の年度を書き、「卒業見込み」を記載しましょう。

職歴

学歴の最終行から1行空けて、中央に「職歴」と記載し、次の行から書き始めましょう。
ただし、アルバイトは職歴に含めないので、ここには基本的に「なし」と書きます。

資格・免許

資格を取得した年月の古い順に書くのが一般的です。
インターン先にアピールできるような資格があれば、率先して記入しましょう。

本人希望記入欄

基本は「貴社規定に従います」と書きます。 「特になし」とだけ記入するのは控えましょう。
 

インターンの履歴書の書き方 :自己PRと志望動機

インターンの履歴書の基本情報が記入できたら、次に「自己PR」と「志望動機」を書きましょう。
この2つの項目は、自分自身の人柄や資質をアピールでき箇所なので、採用担当者に響くような書き方を工夫しましょう。

自己PR

自己PR欄には、自分の長所や強みを書きます。
これまでの経験をふまえた具体的エピソードを盛り込み、インターン先のニーズに合った自己PR文を考えましょう。
構成は、「結論(自分の強みは~です)→根拠となるエピソード→それをインターンでどう活かすか」という流れで、相手に伝わることを意識して組み立てましょう。

志望動機

志望動機の欄では、「自分がどうしてこの企業のインターンにエントリーしたのか」、その理由を明記しましょう。
そのためには、インターン先の情報を、説明会や自社のWebサイトで入念に調べ、経営理念や事業内容をよく把握する必要があります。
また、インターンでの経験を通じて自分が今と比べどう変化したいのか、しっかり採用担当者に伝わる文章を心がけましょう。
 

履歴書を提出する際のマナー

インターンの履歴書が完成したら、最後に提出する際のマナーを押さえておきましょう。

応募書類はクリアファイルにまとめる

履歴書提出方法には、大きく分けて手渡しの場合と郵送の場合がありますが、どちらにせよ、クリアファイルにまとめて、封筒に入れておきましょう。
履歴書以外の書類がある場合の重ね順は、「送付状(添え状)→履歴書→その他書類」となります。
 

手渡しの場合

手渡しの際は、採用担当者がその場で確認できるよう、履歴書を封筒から出し、両手で丁寧に渡します。
封筒の上にクリアファイルを重ね、担当者から見て読める向きになるように渡しましょう。
受付で提出を求められた際は、封筒から出さずに、そのまま受付の担当者に両手で手渡しします。
この場合も同じように、文字が相手側から見て読める向きにして渡しましょう。

郵送の場合

郵送で送る際には、必ず期日を守りましょう。
余裕を持った送付が望ましいですが、どうしても期日間際になってしまう場合は、速達が確実です。
また、期日が「必着」なのか、「消印有効」なのかもよく確認しておきましょう。


以上が、インターンの履歴書についての基本的なマナーです。企業に好印象を与える履歴書を心がけましょう。
就活本選考での履歴書の書き方や志望動機の考え方に不安がある方は、キャリアチケットを利用してみてはいかがでしょうか。

キャリアチケットは、無料の新卒向け就職エージェントです。
就活を熟知した専任アドバイザーが個別面談を実施し、一人ひとりの就活をサポートします。
応募書類の添削や、採用担当者に響く志望動機の書き方の指南もしています。
ぜひ一度ご相談ください。

▼関連記事
インターンの履歴書はこれでばっちり!好印象を与える書き方

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする