内定承諾の返事はいつまで?期限と承諾前にやるべきこと

このページのまとめ

  • 内定通知は電話かメールで連絡がくる
  • 1週間以内に返事をし、遅れそうな時は企業に相談しよう
  • 内定を承諾する前に、入社日や業務内容、給料などの労働条件を確認する
  • 内定承諾書には法的拘束力はなく、提出後も辞退できる
  • ただし企業に迷惑がかかるので、充分に考えた上で内定承諾するように

内定承諾の返事はいつまで?期限と承諾前にやるべきことの画像

内定通知を受け取った後、その後はどのように返事をすれば良いのでしょうか?
今回のコラムでは、返答までの一般的な期間や返事を待ってもらいたい時の対応、内定承諾書に捺印する前に確認したいことなどをまとめました。

 

内定承諾の流れ

最終面接後は、電話かメールで内定が知らされ、その後内定承諾書が郵送されてくるのが一般的な流れです。
内定を承諾する際は1週間を目安に電話かメールで返事をし、内定承諾書類が届いたら期限を確認して早めに返送しましょう。

内定が出たといっても、明確な返事がなければ入社決定となりません。回答期限内に返答しなければ内定取り消しになるので、充分注意してください。
多くの企業で内定承諾は1週間以内を目安としますが、実際には1日でも早く返事をするのが最良です。回答期限内に結論が出ない時、返答までに時間がかかりそうな時は、企業に返事を待って欲しいと連絡を入れましょう。企業側も返事がないまま日が過ぎると不安なので、返事が遅れるとわかった時点で相談をしてください。

▼関連記事
内定をもらった後はどうする?返事をする際のマナーを紹介

 

内定承諾の前に確認すること

内定承諾の前に確認することの画像
内定が出ると「早く返事をしなければ!」と思うかもしれませんが、返事をする前に企業側が提示する労働条件を確認することが大切です。労働条件は内定承諾書と共に郵送されるケースが多いので、承諾書にサインする前に必ず目を通すようにしてください。

入社日

面接時に伝えた入社日と同じかどうか確認します。入社日を変更しなければならない事情がある場合は、担当者にその旨を伝えましょう。

業務内容

求人情報や面接で説明された業務内容と合っているか確認しましょう。

給料・待遇

提示された給料が募集要項で示されていたものと一致しているか確認します。交通費や住宅手当など、給料以外の項目も忘れずに確認を。
不明点があった時は企業側に問い合わせましょう。

 

内定承諾の方法・電話編

電話はメールと違って記録に残らないため、電話で内定承諾する際は「内定を受ける」とはっきり伝えることがポイントです。
電話は営業時間内にしますが、始業直後や昼休み、定時間際の時間は避けましょう。また、電話中に会話が聞こえないと困るので、周囲がざわざわしている場所や電波状態が良くない場所は避けてください。
入社までに必要な手続きや疑問点があったら、内定承諾のタイミングで確認してOK。電話では今後のスケジュールについて説明されることもあるので、手元にメモを用意しておくとスマートです。
以下に電話での内定承諾の会話例を掲載するのでご確認ください。

電話での内定承諾の例文

自分:私、内定の連絡をいただきました○○大学の山田と申します。人事部の○○様はいらっしゃいますでしょうか。

-------担当者に電話をかわってもらう-------

自分:この度は内定をいただき誠にありがとうございました。内定をありがたくお受けしたいと思い、お電話を差し上げました。これからどうぞよろしくお願いいたします。

人事:こちらこそよろしくお願いします。

自分:1点お尋ねしたいのですが、入社までに必要な書類がありましたら教えていただけますでしょうか。

人事:必要書類に関しては後ほどメールでお送りしますね。

自分:ありがとうございます。ご多忙中貴重なお時間をいただき申し訳ありませんでした。それでは、失礼いたします。

▼関連記事
内定の返事はいつまで?メール・電話の例文と保留の依頼方法

 

内定承諾の方法・メール編

内定承諾の方法・メール編の画像
担当者に電話がつながらなかった場合、メールで内定承諾をしても構いません。メールでも電話と同様、まずは内定のお礼を伝えます
内定通知がメールできている場合、件名はそのまま使うようにしてください。
例文を確認してみましょう。

メールでの内定承諾の例文

件名:Re:内定のご連絡(○○株式会社)

○○株式会社
人事部
採用ご担当者様

お世話になっております。内定をいただきました○○大学の山田と申します。
先ほどお電話いたしましたが、ご多忙のようでしたのでメールにて失礼いたします。

この度は内定のご連絡をいただき誠にありがとうございました。貴社からの内定をお受けしたいと思い、連絡させていただきました。
入社後は1日も早く戦力になれるよう努力して参りますので、何卒よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------
山田花子
○○大学○○学部○○学科 4年
メール:hanako.yamada@××.com
電話:000-0000-0000
---------------------------------------------------

 

内定承諾の方法・内定承諾書編

内定承諾書が送られてきたら、労働条件を確認した後なるべく早く返送しましょう。内定承諾書は企業によって「入社承諾書」「内定誓約書」とも呼ばれ、応募者に内定を出したことを正式に示す書類です。
書式は企業によって異なりますが、氏名と住所を記入して捺印するのが一般的。
内定承諾書は最終的な意思決定の証拠でもあるので、本当にその企業に入社するのか、再度自分の気持ちを確認した上で提出しましょう。

なお、内定承諾書などの必要書類を返送する時は、添え状(送付状、カバーレター)をつけるのがマナーです。
添え状には、内定のお礼とともに、同封する書類の一覧を記載するこで、受け取る側が「どんな書類が何枚入っているか」をひと目で判断できます。

添え状と書類を送る時は、A4サイズが折らずに入る大きさの封筒を使います。茶封筒は企業によっては「失礼」と受け取られることもあるので、白色の封筒が無難。表面に赤字で「内定承諾書在中」と書いておくと、重要な書類だとすぐにわかってもらえます。
企業が用意してくれた返信用封筒がある場合は、宛名の「行」に二重線を引き、「様」もしくは「御中」に書き換えましょう。

▼関連記事
内定承諾書の提出期限や延長方法について

 

内定承諾後に辞退することはできる?

内定承諾後に辞退することはできる?の画像
内定承諾書に法的な拘束力はないので、辞退することは可能です。ただ、署名した時点で労働契約を結んだことになるため、辞退の際は誠意ある対応が必要です。
企業は内定承諾を受けて研修や備品の準備を始めるため、迷惑をかけないように承諾は慎重に考えましょう。万一辞退する場合は、電話で担当者に連絡し、しっかりと謝罪の言葉を伝える必要があります。辞退を決めたら企業にかける負担を最小限にするため、できるだけ早く連絡するようにしてください。

後悔しない就活がしたい、自分に合った企業を見つけたいという方は、新卒支援のキャリアチケットにお任せください。
キャリアチケットでは経験豊富なアドバイザーがカウンセリングを行い、その方の希望や適性に合った求人をご提案いたします。
応募先が決まったら、面接日程の調整といった企業とのやり取りを全て代行しますので、スムーズに就活が進むでしょう。
また、内定の承諾や辞退に関してもアドバイザーが手続きをサポートするので、1人で就活をするより安心です。
サービスのご利用は全て無料なので、一度アドバイザーと話をしてみませんか?

▼関連記事
内定式後の辞退は可能?

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする