内定承諾期限は延長できる?伸ばせる期間や連絡のポイントを解説

このページのまとめ

  • 就職活動で内定承諾期限の延長ができるのは10日前後が一般的
  • 内定承諾期限を延長する際は返答する期日を明確にするのが大事
  • 内定承諾期限の延長を伝える際はできるだけ電話にする

内定承諾期限は延長できる?伸ばせる期間や連絡のポイントを解説のイメージ

「内定承諾期限は延長できる?」と気になる就活生もいるでしょう。こちらからお願いをすれば、延長してもらえることもあります。満足のいく就職活動にするためにも、入社する企業をじっくりと考えるのは大切です。

この記事では、内定承諾期限の延長を伝える際のポイントを解説しています。電話とメール、2種類の伝え方を紹介しているので、どのように伝えるか迷う場合は参考にしてください。

内定承諾期限について質問したい

   
目 次

内定承諾期限は延長できる?一般的な期間を解説

内定承諾期限は会社ごとに定められていますが、お願いすれば3週間~1ヶ月程度伸ばせることもあるようです。一般的な期限は10日前後ですが、長いと2週間や1ヶ月の会社もあります。

もし、承諾の期限が決められていない場合は、10日間を目安にするのが無難です。時間をかけ過ぎたり承諾期限を過ぎたりすると、企業からの印象が悪くなってしまいます。

内定承諾期限を延長しても内定が取り消されるケースは少ない

内定承諾期限を延長しても、内定が取り消されるケースは少ないといえます。会社側は入社してほしいと考えており、延長したからといって内定者を逃すことはないでしょう。

十分に検討しないで内定を承諾してしまうと、入社後にミスマッチが起きたり、別の会社のほうが良かったと思ったりするリスクもあります。迷う場合は、承諾期限の延長を相談してみましょう。

内定承諾を保留する場合の伝え方は、「内定を保留したいときは企業にどう伝える?適切な対応方法や例文をご紹介」の記事を参考にしてください。

内定承諾期限について質問したい

 

内定承諾期限の延長を依頼する際の4つのポイント

内定承諾期限の延長を相談する場合は、早めに連絡を行い、返答する期日も伝えましょう。ここでは、4つのポイントを紹介するので参考にしてください。

1.早めに担当者に連絡する

内定承諾期限を延長したい場合には、早めに連絡しましょう。連絡が遅くなってしまうと、会社側の準備に影響があり、迷惑をかけてしまうからです。

会社は採用スケジュールにもとづいて、採用活動を行っています。もし、内定辞退者が出た場合には追加の採用を行う必要があり、急いで募集や面接を行わなければなりません。

内定を承諾した場合でも、入社の手続きや内定式の準備などがあります。会社に迷惑をかけないためにも、早めに連絡するようにしてください。

2.返答する期限を伝える

いつまでに返答をするか、期日も伝えるようにしましょう。返答する期日が分からないと、担当者も延長がしにくいからです。

たとえば、ほかの会社の面接結果が1週間後だとします。その場合、1週間後に返答できると期日が明確であれば、担当者も待つかどうか判断しやすくなるでしょう。

一方で、期日を決めずに待ってほしいと伝えても、担当者は困ってしまいます。返答が遅過ぎると対応できない場合もあるので、期日は明確にしておきましょう。

3.内定承諾を迷う理由を説明する

なぜ入社を迷っているのか、理由を伝えるのも大切です。ごまかさず、正直に伝えるのが良いでしょう。

よくある理由は、「他社の選考が終わっていない」「家族と相談して入社を決めたい」などです。正直に説明すれば悪い印象を与えることはあまりないので、ごまかさずに伝えてみてください。

4.言葉遣いや言い回しに注意する

内定承諾期限を延長する場合、伝え方にも気をつけましょう。失礼にならないように、言葉遣いを考えてください。

延長してもらう際には、お礼やお詫びの気持ちを伝えましょう。会社に迷惑をかけているので、延長してもらうのが当然と思ってはいけません。

内定承諾期限を延長したい場合の伝え方は、「内定保留の注意点!電話やメールでの伝え方のコツとは」で解説しています。少しの言い回しでも印象が変わるので、意識してみてください。

内定承諾期限について質問したい

 

内定承諾期限の延長を電話で連絡する際の例文

ここでは、内定承諾期限を電話で伝える際の例文を紹介します。基本的には、メールではなく電話で伝えましょう。

お忙しいところ恐れ入ります。先日内定のご連絡を頂戴した、△△大学△△学部、△△と申します。この度は内定のご連絡をいただきましてありがとうございます。

早速、入社を承諾するお返事をすべきなのですが、家族が今回の就職について詳しく話を聞きたいと申しており、実家の△△県に帰省し、直接説明したいと思っております。

家族にも納得してもらった上で御社にお世話になりたいと考えている次第です。私事で誠に恐縮ではありますが、内定のお返事を△月△日までお待ちいただくことは可能でしょうか?

電話で連絡する際のポイント

電話で連絡する際は、時間帯に気をつけましょう。営業時間内に電話をし、昼休みなどの休憩時間を避けるのもマナーです。

また、採用担当者が不在の場合はかけ直しましょう。伝言ではなく、直接伝えるのが大切です。

電話で連絡する場合のポイントは、「内定を保留する際の電話マナーは?知っておきたい注意点4つ」の記事で詳しく解説しています。電話をかける前に読んでみてください。

内定承諾期限について質問したい

 

内定承諾期限の延長をメールで連絡する際の例文

内定承諾期限の延長を、メールで伝える際の例文を紹介します。電話をかけても採用担当者になかなかつながらない場合、メールを使う選択肢もあるので覚えておきましょう。

件名:内定保留のご連絡 △△大学△△学部 △△ △△

△△株式会社
人事部 採用担当 △△様

お世話になっております。△△大学△△学部の△△ △△と申します。
先日は内定のご連絡をいただき、ありがとうございました。
貴社に高い評価をいただいたこと、大変感謝しております。

今回の就職について、内定の報告を兼ねて家族と相談する時間をいただきたくご連絡いたしました。
家族も納得した上で御社へ入社したいと考えておりますので、誠に勝手ではありますが内定のお返事を△月△日までお待ちいただくことは可能でしょうか。

私事でご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

---------------------------------------------
△△ △△ (氏名)
△△大学△△学部△△学科△年
〒△△-△△
東京都△△市△△町△丁目△番△号
携帯電話:△△-△△-△△
メール:△△@△△.com
---------------------------------------------

メールで連絡する際のポイント

メールで連絡する場合は、簡潔に分かりやすく伝えるのがポイントです。採用担当者は多数の応募者とメールでやり取りしているため、分かりにくい件名は埋もれてしまいます。

また、相手の宛先と、自分の署名を忘れないようにしてください。誰宛に、誰が送信したのかが分からなくなります。

メールで内定承諾期限の延長を行う場合は、「メールを使っても大丈夫?内定を保留するときの連絡方法」を参考にしてください。メールのマナーは就職活動で必須なので、勉強しておきましょう。

内定承諾期限について質問したい

 

内定承諾期限が延長できるか心配なあなたへ

内定を承諾して入社するか迷い、どのようにしたら良いか困っていませんか。内定承諾期限が延長できるかどうか、どのように伝えたら良いかなど、不安になることもあるでしょう。そのような場合は、キャリアチケットに相談してください。

キャリアチケットでは、内定承諾期限を延長する際の伝え方や、入社する企業に迷った際の選び方など、就職活動の全般をサポート。また、就職活動後も必要な、電話やメールのマナーもお伝えいたします。キャリアチケットを活用して、納得のいく就活を実現させましょう。

内定承諾期限について質問したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。