例文つき!地方銀行の特徴と志望動機のポイント

このページのまとめ

  • 地方銀行とは、各都道府県に本店を置いている、地域に根ざした経営スタイルを特徴とする銀行のこと
  • メガバンクとの主な違いは営業エリアの大きさや企業規模で、主な業務に変わりはない
  • 地元での知名度や安定感から同地域出身者が多く応募するが、他地域出身でも採用される
  • なぜ地方銀行なのか、なぜその地域なのかといった理由を明確化し、説得力のある志望動機を作成しよう

例文つき!地方銀行の特徴と志望動機のポイントの画像

就職先として人気の高い銀行。
銀行は大まかにメガバンクと地方銀行に分けることができますが、それぞれの違いや特徴などは把握していますか?
また、地方銀行の場合は地元にゆかりがある方が就職に有利となるのでしょうか。
そこで、当コラムでは地方銀行の概要や地元との関係性、採用担当者に響く志望理由の書き方などをまとめました。
例文も記載しているので、地方銀行の選考を受ける方の参考になれば幸いです。

地方銀行を知ろう

就活生の中には、銀行のなかでも特に「地方銀行」を第一志望としている…という方もいるのではないでしょうか。
地方銀行とは、各都道府県に本店を置いている銀行のことで、その地域に根ざした経営スタイルが特徴の銀行。
東京や大阪といった大都市に本店を構え、全国に支店を置いているメガバンクとの主な違いは以下のとおりです。

・地域に密着した経営基盤を持つ
・該当県内や隣接県内など、特定の範囲が営業圏内であることが多い
・その地域での知名度は高く、優良企業と認識されている
・メガバンクより信頼されているケースもある

基本的な業務はメガバンクも地方銀行も変わらず、預金・貸出・為替という銀行の三大業務を行っています。
そのため、メガバンクと地方銀行の大きな違いは「営業エリアの広さ」や「企業規模」であると言えるでしょう。

地域に根ざした運営を行っている地方銀行のなかには、その地域の特徴を反映した独自の取り組みを行っているケースも見受けられます。
主だった取り組みは以下のとおりです。

・地方創生に関する取り組み
・ネットワークを活用した地域支援サービスの実施
・地域のまちづくりに関わる取り組み

地方創生では、地元の大学や企業と共同して、地域資源を活用した新商品やサービスの開発と販路の開拓などを行っています。
まちづくりでは、空き家対策や移住推進プロジェクトなど、地元が抱える問題に対する支援を実施。
また、地方銀行同士が協力して各地域の地元企業が活躍できるようなビジネスを支援し、まちづくりをサポートすることもあるようです。

 

地方銀行は地元の学生が有利?

地方銀行は地元の学生が有利?の画像

地域に根ざした企業の代表ともいえる地方銀行。
その知名度や安心感から、地方銀行の応募者は地元の学生が多いと言われています。

その理由は、実家から通いたい・地元で働きたい・限定されたエリアで働きたいなどさまざま。
しかし、地方銀行はその地域を地元とする学生だけを採用している訳ではありません。
地元出身者が多いと感じるのは、応募者のなかで地元出身者が占める割合が多いため。
地元の学生の絶対数が多いので、必然的に地元出身の採用者が増えてしまう…と考えて良いでしょう。

採用担当者は、出身地や地元に関係なく「自社に合う人材か」という点を見ています。
「優秀かどうか」を判断基準にしているため、企業に合う人材であれば出身に関係なく採用されるでしょう。

ただし、やはり地元出身者の場合は小さな頃から地方銀行に親しんでおり、地域に対する熱意や地域に関連するエピソードを作りやすいというメリットがあります。
そのため、県外など地方銀行の営業圏外から応募する場合は、「なぜその地域を選んだのか」「なぜその銀行を選んだのか」をしっかりと説明することが大切となるでしょう。

志望動機に盛り込むこと

ここでは、地方銀行の志望動機に積極的に盛り込みたい内容を紹介しています。
志望動機を作成する際に参考にしてください。

なぜ銀行か、地方銀行なのか

まず、証券会社や各種保険会社など多くの業種が存在する金融業界のなかでも、なぜ銀行なのかを明らかにすることが大切。
さらに、銀行のなかでもメガバンクや信託銀行、ネット系などがあるため、「なぜ地方銀行なのか」を明確化しましょう。

なぜその地方銀行なのか

銀行や地方銀行を志望する理由を明確化したら、さらに踏み込んだ「なぜその地方銀行なのか」を説明します。
同一地域内で複数の地方銀行が営業を行っているケースも珍しくないので、志望先の銀行の特色などをしっかりと理解しておくことが大切です。

その地域に対する思い

地方銀行と地元は強い結びつきを持っているため、その地域に対する思いを伝えることもポイント。
出身地であれば幼少期の思い出やエピソードを、大学などがその地域にあれば学生時代のエピソードや学校で行っている取り組みなどを盛り込むと伝わりやすいかもしれません。

入行後のビジョンを伝える

県外出身の応募者の場合、「内定を出しても特定地域の仕事になるので辞退されるのでは」と懸念されることがあるようです。
それを防いだり仕事に対する熱意を伝えたりするためにも、入行後のビジョンを伝えることは重要。
どんな形で地域に関わりたいのか、地元企業をどうサポートしていくのかなど、具体的なイメージを持っていると好印象を与えられるでしょう。

志望動機を考える前に、応募先である地方銀行の特徴や取り組みをしっかりと把握しておくことが大切です。
どのような特色を持っているのか、どのように地域に関わっているのかを知ることで、より説得力のある志望動機を作成することができるでしょう。

 

例文を確認しよう

例文を確認しようの画像

最後に、前項で示した項目を盛り込んだ志望動機の例文を紹介します。
例文なので参考程度にとどめ、自分なりの志望動機を作成しましょう。

地元の地方銀行を志望する例文

私が貴行を志望する理由は、生まれ育った◯◯(地域名)の企業を金融面から支えて、地元の発展をサポートしていきたいからです。
私は生まれも育ちも◯◯(地域名)で、貴行には昔から親しみを感じておりました。
小さな頃には毎年のように◯◯祭に参加しておりましたが、大人になってから、◯◯祭には貴行を含む多くの地元企業によるサポートで運営されていることを知りました。
この経験から、地域の行事や活性化には地元企業の参加が不可欠であることを学び、自分が生まれ育った◯◯(地域名)の発展に貢献したいと考えるようになりました。
企業研究を進める中で、貴行は◯◯(地域名)に本店を置く唯一の地方銀行であることや、地元企業への融資・出資金シェアが◯%であることを知り、◯◯(地域名)に貢献できる仕事ができるのは貴行であるという考えに至りました。
また、金融業界のなかでも銀行、とりわけ地方銀行を志望する理由は、日本経済を支える中小企業に対して手厚く、より地域に根ざしたサポートを実現できると考えたからです。
入行後には、地元企業が抱える問題や夢の実現に向けた的確な支援を行い、地域や貴行とともに大きく成長していきたいと考えております。

地元ではない地方銀行を志望する例文

私が貴行を志望する理由は、◯◯(地域名)内で大きな信頼を得ている貴行の一員となって働きたいと考えたからです。
私は◯◯出身であり、この地域に居住した経験はありません。
しかし、大学2年のときに◯◯(地域名)に来る機会があり、◯◯に感銘を受けました。
(観光地や地域資源など、その地域で働きたいと考えるきっかけを説明する)
そして、◯◯(地域名)について調べるうちに貴行のことを知り、銀行業務以外にも◯◯(特色ある取り組みなど)を行って地元住民の信頼を得て、地域発展に大きく貢献していることを知りました。
大学では経済学を専攻しており、日本経済を支える中小企業に対して手厚く、より地域に根ざしたサポートを実現できる地方銀行を志望先に考えていた私にとって、貴行の経営理念や実績はぴったりだと感じ、志望させていただきました。
私は地元出身者ではありませんが、入行後には出身地に関係なく地域の方々に信頼され、愛される貴行の一員として◯◯(地域名)をサポートできる行員を目指して精進していきたいと考えております。

独特な取り組みや地域性に合わせた営業を行っていることも多い地方銀行。
企業に響く志望動機を作成するには、しっかりと企業研究を行うことが大切と言えるでしょう。


志望動機がまとまらない…とお悩みの方は、就職支援サイトのキャリアチケットをご利用ください。
キャリアチケットは、新卒専門の就職エージェントとして年間3,000人以上の就職相談実績を誇っています。
志望動機や自己PRの作り方、面接時の注意点、基本的なビジネスマナーなど、就職に関することならなんでも相談可能。
適性に合う企業の紹介も行っているので、自分に合う企業を知りたいという方にもおすすめです。
全てのサービスは無料で利用できるので、就活でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

20社内定した学生の就活ノートがもらえる! LINE友だち登録をする