エントリーシートの通過率はどれくらい?記入時のポイント

このページのまとめ

  • エントリーシートの通過率は、50%前後といわれている
  • 人によって志望する業界や職種などが違うので、通過率の平均は参考程度に留めよう
  • 通過率が低くなる原因は、人気企業ばかりに応募する、志望動機を使い回しているなど
  • 書類選考突破のポイントは、広い視野での企業探しや、十分な自己分析と企業研究
  • 誤字、脱字に注意し、自己PRや志望動機は結論から書こう

書類選考に通過するためには、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。

ここでは、一般的にいわれているエントリーシート(ES)の通過率や、応募書類を記入する際のマナーなどをご紹介。当コラムを読み、書類選考突破のコツを押さえましょう。
 

エントリーシートの通過率はどれくらい?

エントリーシートの通過率は人によって異なりますが、一般的には50%前後といわれています。
一方でエントリーシートの平均送付数は、25社前後のよう。通過率がおよそ50%だとすると、25社に応募した際は大体11~13社書類選考に通過するという計算になります。

ただし、人によって志望する業界や企業の規模、職種などが異なり、必ずしも通過率が50%になるとは限りません。この数値より高くなることもあれば低くなることもあるので、通過率の平均はあくまで参考程度に留めましょう。

そのほか、「とりあえずたくさん応募すれば、通過率が上がりそう」と思っている人は要注意。
広い視野で企業を探し、可能性を広げるために多くの選考にチャレンジすることは大切ですが、十分に企業研究しないまま闇雲に応募した場合、書類選考の通過率はかえって下がってしまうかもしれません。

書類選考を突破するためには、応募先企業の求める人材像に合う志望動機や自己PRを書く必要があります。
「とりあえず応募しよう」という気持ちから会社のことをしっかり調べずに記入してしまうと、「自社に合わない」「志望度が低い」と思われてしまうでしょう。

また、十分に企業研究しないで応募した企業の場合、内定をもらったとしても入社後にミスマッチが生じる恐れがあります。応募する企業数と通過率が必ずしも比例するとは限らないことを念頭に置き、自分に合う企業かしっかり見極めた上でエントリーしてください。
 

エントリーシートの通過率が低い原因って?

ここでは「書類選考の通過率が低い…」と悩んでいる方に向けて、原因と考えられるものを2つご紹介します。

人気企業ばかりに応募している

採用予定人数に対して応募する就活生が多ければ多いほど、その企業の倍率は高くなります。
人気企業に応募すること自体は悪くありませんが、倍率が高ければ、その分ほかの就活生と差をつけたエントリーシートにしないと突破するのは難しいと考えましょう。また、エントリーする会社が人気企業ばかりの場合、自身の書類選考の通過率は低くなりやすいということを念頭に置いてください。

応募先企業ならではの内容にしていない

企業側はエントリーシートの志望動機や自己PRなどを読んで「自社が求める人材に合っているか」「入社意欲が高いか」をチェックしています。
ほかの企業にも当てはまる志望動機や具体的な根拠がない自己PRは、「ほかの企業でも良いのでは」「自己分析を十分に行っていない」と悪印象を与えてしまうでしょう。マッチ度の高さをアピールできないと選考の通過率は下がってしまうので、後述する書類選考突破のためのポイントをチェックして対策しましょう。

▼関連記事
伝わる・評価される!エントリーシートの書き方

通過率を上げるための対策

ここでは、書類選考に通過するための対策方法をご紹介します。

自己分析を十分に行う

自己分析は、「自分に合う企業を見つける」「自分を効果的にアピールする」ことを目的として行います。自分自身を見つめ直すことで、強みや弱みを確認したり、「何を大切にして働きたいか」という企業選びの軸を定めたりできるでしょう。

まずは中学や高校、大学時代に頑張ったこと、苦労したことを振り返り、印象に残っているエピソードを掘り下げます。
「何がモチベーションになっていたか」「どんなことに苦労したか」「困難を乗り越えるために何をしたか」「実際に取り組んでみてどうだったか」を考え、各エピソードで共通する自分の強み・弱み、価値観を書き出してみましょう。

自分がどんなことにやりがいを見出すか、今までどんな強みを発揮して問題を解決してきたかをしっかり確認しておけば、自分に合う企業を選んだり、説得力のある自己PRを作成したりできると考えられます。

広い視野で企業を探す

就活生の中には「○○業界以外は情報収集していない」「大手企業しか応募するつもりがない」という人がいるかもしれません。もし情報収集の時点で1つの業界、大手企業だけしか調べていないなら、より自分に合う企業を見つけるためにも、広い視野で探すことをおすすめします。

業界や企業規模のほかにも仕事内容や社風などに着目し、「自分のやりたいことができる環境か」「強みを発揮して働けるか」「社風が自分に合うか」といった視点で応募する企業を選びましょう。

自分の長所を活かしてビジョンを実現できる企業であれば、マッチ度の高さをアピールできて選考突破の可能性が高まるほか、入社後のミスマッチも防げると考えられます。

企業研究を入念に行う

書籍やWebサイトを活用し、企業の経営理念や事業内容、求める人物像などを確認します。会社の基本情報をチェックしたら、その企業の業界内での位置づけや、同業他社と比較した際の強み・弱みを考えてみましょう。

それぞれの企業の違いを明らかにすることで、その会社ならではの強みや特徴を把握できます。他社との違いが分かれば、「より自分に合う企業はどこか」「その会社を魅力に思う理由は何か」を考えやすくなるでしょう。
なお、企業理解を深めるために、会社説明会に参加したりOB・OG訪問を行ったりするのもおすすめです。

▼関連記事
ほしいのは客観的なアドバイス!ESは添削してもらおう

エントリーシートを記入する際の注意点

エントリーシートを作成する際は、下記の3つのポイントを意識しましょう。

字を丁寧に書く(手書きの場合)

「字に自信がないので不安…」という人がいるかもしれませんが、大切なのは丁寧に書くことです。
内容が魅力的だったとしても、走り書きのような字では「誠意が感じられない」「仕事に対する姿勢も雑なのでは」と悪印象を与える可能性があります。締切間際に焦って書くことがないよう、時間に余裕を持って作成してください。

誤字・脱字に注意する

漢字の間違えや脱字が多いエントリーシートを送ってしまうと、「しっかり確認していない」「仕事でもミスが多いのでは」と思われる恐れがあります。
書き間違えを防ぐために、あらかじめ見本を作成してそれを見ながら記入するのがおすすめです。

自己PRや志望動機は結論から伝える

「私の強みは○○です」「私は○○という思いから貴社を志望しました」のように結論から述べることで、「どんな理由からその結論が出たんだろう?」と読み手の興味・関心を引くことができます。
入社後に活躍する姿をイメージしてもらえるよう、結論の後に根拠となるエピソードや今後の抱負を述べましょう。


ここまでエントリーシートの通過率や書類選考を突破するためのポイントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
エントリーシートの内容に不安があるときは、OB・OGや友人などに見てもらうのも1つの方法。第三者からアドバイスをもらうことで、自分では気づかなかった改善点が見つかるかもしれません。

「就活について身近に相談できる人がいない」「自分に合う企業が分からない」とお悩みの方は、キャリアチケットにご相談ください。
キャリアチケットは、新卒者の方に就活支援を行う就職エージェントです。就活アドバイザーがエントリーシートの添削や面接対策、面接日程の調整などをマンツーマン体制で行い、内定獲得までをサポートします。
書類選考なしの特別選考枠もご用意しておりますので、就活をスムーズに進めたい方はぜひご利用ください。

▼関連記事
大切なのは人柄?書類選考を突破しやすいESの書き方

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。

カウンセリングで相談してみる

20社内定した学生の就活ノートがもらえる!