大学生の就職活動スケジュールとは?流れや注意点を解説!

このページのまとめ

  • 大学生の就職活動のタイミングは企業や業界にもよる
  • 就職活動を始める前の事前準備を怠らず、早めに行動するのがポイント
  • 大学生のうちにインターンに積極的に参加し、就職活動の幅を広げる
  • 大学生の就職活動の注意点を理解し、計画や対策をして就活に挑む

大学生の就職活動スケジュールとは?流れや注意点を解説!のイメージ

就活を控えている新卒大学生に向けて、就活スケジュールをまとめました。就職活動には、知っておくべき注意点や大切な事前準備があります。また、企業のインターンに参加することで視野が広がり、スムーズな就職活動を実現しやすくなるでしょう。このコラムでは、大学生が就職活動を始めるタイミングを具体的に解説しています。就活を開始するための参考にしてください。



 

大学生が就職活動を始めるタイミングとは?

大学生が就活を始めるタイミングは、業界や企業によって情報開示や選考開始のスケジュールが異なるため、一概にはいえません。一般的には大学3年生の3月から始める人が多く、3月から会社説明会を開催している企業も。ライバルに差をつけられないためにも、早めの行動を心がけ、事前準備などを始めておきましょう。

▼関連記事
大学4年から就活するのは遅い!基本スケジュールと注意点を解説



 

就職活動を始める前に準備する4つのこと

就職活動を始める前に、以下の準備をしておくことがおすすめです。この内容を踏まえて行動すれば、就職活動がスムーズになるでしょう。

1.自己分析や企業・業界分析をする

新卒や中途に限らず、就職活動には自分や企業、業界の分析が欠かせません。この3つをよく理解していないと、自分に合った就職先を見つけることは困難です。多くの企業があるなかで、「なぜその企業を選んだのか」を伝えることが就活では重要。企業に響く志望動機や自己PRを作成するためにも、必ず行っておきましょう。頭で考えても分かりづらい場合は、書き出すのもおすすめ。また、どの分析においても長所やメリットだけでなく、短所やデメリットにも目を向けておきましょう。

2.自己PRになる経験を積んでおく

自己PRになる経験を積んでおくことも大切です。たとえば、アルバイトや大学生活、ボランティアなど、企業に活かせる経験はさまざま。単に経験するだけでなく、その経験を通して何を学んだのか、どんなことが企業への貢献に繋がるかを考えましょう。また、自分の経験を自己PRとして文字や言葉で示せるように、印象的な出来事はメモを取り、忘れないようにしておくのもおすすめです。

3.筆記試験の準備をする

就職活動には筆記試験があるため、過去問を解くなどして予習しましょう。企業の選考は、書類や面接だけではありません。企業によっては筆記試験がない場合もありますが、ほとんどの企業では実施されると考えていたほうが良いでしょう。

4.就職活動に必要なものを揃える

就職活動に最低限必要なものを揃えておくと、本格的に開始したときにスムーズです。たとえば、リクルートスーツやバッグ、靴など、身だしなみに必要なものは早めに準備しておきましょう。また、履歴書用紙や履歴書に添付する写真なども用意し、いつでも就職活動をスタートできる状態にしておくと慌てずに済みます。

▼関連記事
大学3年生になったらやっておくべき!就活の準備をご紹介!



 

大学生の就職活動によくあるインターンとは

インターンとは、社会に出る前に実際に企業の話を聞き、社会人としての体験や話を聞ける場のことです。ここでは、インターンの目的やメリット、参加時期などを解説します。

インターンに参加する目的

インターンに参加する目的は、「社会を知って視野を広げ、新しい価値観を生み出す」ことです。しかし、就活におけるインターンの多くは「企業研究・理解」や「実際の職場経験」「マッチ度の確認」を目的としているでしょう。参加の有無が採用の合否に関わることはありません。しかし、参加することで社会人への理解力が高まり、業界動向や企業の業務内容を詳しく知ることができます。

インターンのメリット

インターンのメリットは、「仕事の現場を体験できること」です。もちろん、アルバイトでも社会人としての経験を積むことは可能といえます。しかし、アルバイトでは働ける職種が限られているうえ、就活に特化した経験ではないため、幅広い経験をすることは困難です。インターンの場合は、企業が「学生に社会や企業を経験してもらう」という目的で開催しています。そのため、効率的に仕事のやりがいや苦労、面白さを実体験できる内容になっているのです。

インターンの参加時期

インターンに参加する時期は一概に決まっておらず、企業や自分のタイミングによってさまざまです。一般的には、年間で8月と2月に参加する学生が多いといわれています。8月・2月は基本的に、繁忙期を避けやすい時期といわれており、企業も余裕をもって開催できるタイミングです。企業によっては、ほかの時期の開催や面接をする場合もあるため、定期的に企業情報を把握しておきましょう。

インターンの選び方

ここでは、インターンの選び方を紹介します。どの企業を選べばいいか分からない場合も、直感で選択してOK。少しでも興味のある企業があれば、まずは参加してみましょう。

短期インターン

短期インターンは、おおよそ1日~2日程度のインターンであるため、気軽に参加しやすいといわれています。大手から中小まで幅広い企業が開催しており、一般的な内容はグループワークや会社説明会など。短期間でその企業の情報を得られるため、企業や業界研究の一環として利用する人が多いといわれています。

長期インターン

長期インターンは、数か月~1年ほどの長期間で参加するインターンのことです。おもに、ベンチャー企業や中小企業に多いといわれています。実際に企業の一員として、長いスパンで業務を担当するのが特徴です。業務を通して企業の社風や1日の流れを理解しやすく、企業によっては給与が支払われたりその場で内定をもらえたりする場合もあります。期間が長期となるため、大学1年生から参加する人も多く、早期に就活を始めたい人におすすめのインターンです。

▼関連記事
就職活動はいつから始める?具体的な流れやスムーズに進めるコツを解説!



 

就職活動における注意点

就職活動における注意点を解説します。就職活動は無計画な行動を避け、清潔感を保って行動することが大切。また、無理はせず自分に合った企業を選びましょう。たとえ不採用だった場合でも、企業の批評をSNSに書くことは厳禁です。

無計画に行動しない

就活には計画が必須です。自分の考えを明確化し、対策を練って行動しないと、なんとなく企業を選んでしまう場合も。結果的に自分に合わない企業に入社し、後悔する羽目に…そうならないためにも、計画を怠らないことが鉄則です。また、すべてが計画通りにいくとは限らないため、さまざまな可能性を予測しておくのも重要。事前準備の段階から計画を立てておくと、気持ちに余裕をもって就活できます。

就活に不向きな身だしなみはNG

就活は身だしなみを整えることがマナーであるため、清潔感が非常に重要です。多くの企業が重視する点であり、自分の印象を決めるポイントとなります。たとえば、髪色は明るくしない、アクセサリーはつけない、化粧はナチュラルメイクにするなど。どの企業でも好印象となるよう、就活生らしい身だしなみにしましょう。

自分に合わない企業を無理に選ばない

就活を成功させたいからといって、自分に合わない企業を無理に選ぶことは避けましょう。いくら内定をもらえたとしても、入社後すぐに退職してしまうと意味がありません。そのために、事前に自分や企業の分析を細かく行い、双方のニーズがマッチしているか確認することが必要です。また、自分の得意分野や個性を発揮できる企業を選ぶことでやりがいに繋がり、長期勤務を実現しやすくなるでしょう。

企業の批評をSNSに書かない

たとえ不採用となった場合でも、企業の批評をSNSに書くことはNGです。ネット利用が日常化している現代では、つい就活の愚痴や不満をSNSに投稿してしまう人もいるのではないでしょうか。しかし、企業に対する愚痴を書いてしまうと、どこの企業同士が繋がっているか分からないうえ、誰がどこでその内容を漏らすかも分かりません。自分の気持ちをコントロールし、次に進む精神力を鍛えることも、就活には重要といえるでしょう。



 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。