【24卒・25卒】大学生の就職活動のスケジュール|早めのスタートが肝!

このページのまとめ

  • 就職活動の事前準備は早めが肝心
  • 就職活動のスケジュールを理解し、事前に計画を立てよう
  • 2年生、3年生のうちにインターンへ参加して就職活動の幅を広げよう

【24卒・25卒】大学生の就職活動のスケジュール|早めのスタートが肝!

就職活動には、知っておくべき注意点や大切な事前準備があります。

就職活動の全体像を把握していないと、それらを見落してしまい、後々後悔する可能性も。

この記事では、良いスタートダッシュを切るために、大学生が就職活動を始めるタイミングや就活スケジュールを具体的に解説しています。

就活を開始するための参考にしてください。

目 次
 

24卒の就活について相談したい

 

就職活動の全体スケジュール

一般的には、3年生の6月から開催される合同説明会や夏インターンシップへのエントリーを機に就職活動を始める方が多いですが、業界や企業によって情報開示や選考開始のスケジュールが異なるため就活を始めるタイミングは学生によって様々です。

最近では早期選考をスタートしている企業も増えているため、早めの行動を心がけ事前準備などを始めておくことが大切です。

また、就職活動が本格化する3回生の3月までに事前準備などを始めておくことで就職活動がスムーズに進むでしょう。

関連記事
就活スケジュールってどんな流れ?選考開始日と事前準備
就活スケジュールを正しく理解!23卒・24卒の一般的な選考時期や流れ

 

24卒の就活について相談したい

 

就職活動を始める前に準備する4つのこと

就職活動を本格的に始める前に、以下の準備をしておくことがおすすめです。
 

1.自己分析で就活の軸を決める

自己分析は自分がどんな人物像なのかを理解するためのツールです。

自己分析をする目的は2つあります。1つ目は「自分の行きたい企業に出会うための就活の軸を定めるため」、2つ目は「志望企業に受かるために自分の経験や強みを整理するため」です。まずは就活の軸を定めることをゴールに、自己分析を進めていきましょう。

就活の軸の考え方としては、「自分の強み」と「やりたいことや価値観などの志向性」から、「社会人1年目に最も適した環境はどこなのか」を考えることがおすすめです
 

就職活動を始める前に準備する4つのことのイメージ


この例のように、最初は抽象的な軸でも問題ありません。大まかな就活の軸を定め、企業説明会で情報収集した会社への魅力や懸念などをもとに、より具体的な軸にしていきましょう。抽象的でも、納得度の高い軸を作ることができていれば、軸がぶれたり後戻りをしたりする可能性が少なくなるはずです。
 

2.ガクチカ・自己PRの作成

就活の軸が決まったら、ガクチカや自己PRの準備に移りましょう。自己分析をしっかり行うとで、過去の経験から自身の「強み」や「弱み」などの特徴を知ることができます。

先に自己理解を深めておくとガクチカや自己PRの準備もスムーズにいくはずです。

関連記事
趣味でもOK?「学生時代に頑張ったこと」の書き方のコツ
学生必見!自己PRの書き方を例文つきでご紹介
 

3.企業・.業界職種の研究

多くの企業があるなかで、「なぜその企業を選んだのか」を伝えることが就活では重要です。まずは説明会への参加や、ネットから情報収集を行い、企業の特徴の中でも自己分析を通して見つけた就活の軸とマッチしている点を見つけていきましょう。

頭で考えても分かりづらい場合は、書き出すのもおすすめ。また、短所やデメリットも気になると思いますが、説明会に参加する前からマイナス面のみ着目して企業を絞りすぎるのは今後の選択肢を狭めかねません。

まずは幅広く説明会に参加し、魅力的な点や覚悟すべき点をそれぞれ理解しておきましょう。

関連記事
業界研究、おすすめの方法は?これから就活を始める人
就活セミナーで企業研究が学べる?手に入る情報と参加の心構えについて
 

4.SPIや適性検査の準備

企業の選考は、書類や面接だけではありません。企業によっては筆記試験がない場合もありますが、ほとんどの企業では実施されると考えていたほうがいいでしょう。

いくら志望動機を作り込んで面接対策ができていても、筆記試験に通らなければ意味がありません。

市販の問題集や過去問でしっかり対策をすれば解けるようになっていきます。直前になって焦らなくても大丈夫なように、早くから対策を始めておくことをおすすめします。

関連記事
SPIの能力検査は、いつから対策を始めればいい?
就活を有利にするためのSPIの知識と対策方法

 

24卒の就活について相談したい

 

就職活動におけるインターンの意味合い

インターンとは、実際働いている社員の方から話を聞けたり、社会に出る前に仕事体験ができるなど社会に出る前に会社について詳しく知ることが出来る場です。ここでは、インターンの目的やメリット、デメリットなどを解説します。
 

インターンに参加する目的

就活におけるインターンの多くは「企業研究・理解」や「実際の職場経験」「マッチ度の確認」を目的としているでしょう。参加することで社会人への理解力が高まり、業界動向や企業の業務内容を詳しく知ることができます。

しかし、企業によってはインターン参加者限定の早期選考ルートがあったり、本選考時に優遇されるものもあります。

参加するインターンが選考に影響するかどうかを、事前に口コミなどで確認しておきましょう。

関連記事
夏休みのインターン、募集時期や内容、参加するメリットは?
就活生がインターンに参加した方がいい理由
 

インターンの選び方

どの企業を選べばいいか分からない場合も、まずは直感で選択してOK。少しでも興味のある企業があれば、まずは参加してみましょう。

短期インターン

短期インターンは、おおよそ一日、二日程度のインターンであるため、気軽に参加しやすいといわれています。

大手から中小まで幅広い企業が開催しており、一般的な内容はグループワークや会社説明会など。短期間でその企業の情報を得られるため、企業や業界研究の一環として利用する人が多いといわれています。

長期インターン

長期インターンは、数か月から一年ほどの長期間で参加するインターンのことです。おもに、ベンチャー企業や中小企業に多いといわれています。

実際に企業の一員として、長いスパンで業務を担当するのが特徴です。業務を通して企業の社風や1日の流れを理解しやすく、企業によっては給与が支払われたりその場で内定をもらえたりする場合もあります。

期間が長期となるため、大学1年生から参加する人も多く、早期に就活を始めたい人におすすめのインターンです。

関連記事
1dayインターンシップの特徴は?参加するメリット
短期と長期どっちが良い?インターン期間による魅力とは
 

インターンに参加するメリットとデメリット

ここでは、インターンに参加するメリットとデメリットを解説していきます。インターンに参加する前にどちらも確認しておきましょう。

メリット

インターンのメリットは、「仕事の現場を体験できること」です。もちろん、アルバイトでも社会人としての経験を積むことは可能でしょう。しかし、アルバイトでは働ける職種が限られているうえ、就活に特化した経験ではないため、幅広い経験をすることは困難です。

インターンの場合は、企業が「学生に社会や企業を経験してもらう」という目的で開催しているので、.効率的に仕事のやりがいや苦労、面白さを実体験できる内容になっています。

そのため、全く知らない業界や業種のインターンに参加することで、今までよりも就活の幅を広げることが期待できます。

デメリット

長期インターンだった場合、多くの時間を割かなければいけないことはデメリットにもなります。企業によって労働条件は異なりますが、インターンは社員として扱う企業が多いため学業との両立が難しいと感じる学生もいるでしょう。

むやみやたらにインターンに参加するのではなく、参加する目的を持ち、自分にとって有意義な時間にするためのインターン先を選択しましょう。

参照元
【就活生必見】インターンシップに関するすべてをプロがわかりやすく解説
ページタイトル

関連記事
行かないのはもったいない!インターンのメリットとは
インターンって何?参加するメリットと探し方のポイント

 

24卒の就活について相談したい

 

就職活動における注意点

ここでは、就職活動における注意点を、よくある失敗事例からピックアップしてまとめました。就職活動を本格的に始めるまえに確認しておきましょう。
 

無計画に行動しない

就活には計画が必須です。自分の考えを明確化し、対策を練って行動しないと、なんとなく企業を選んでしまう場合も。結果的に自分に合わない企業に入社し、後悔する羽目にもなりかねません。

そうならないためにも、計画を怠らないことが鉄則です。また、すべてが計画通りにいくとは限らないため、さまざまな可能性を予測しておくのも重要。

事前準備の段階から計画を立てておくと、気持ちに余裕をもって就活できます。
 

自分に合わない企業を無理に選ばない

就活を成功させたいからといって、自分に合わない企業を無理に選ぶことは避けましょう。内定をもらえたとしても、入社後すぐに退職し、転職活動をすることになっては就職活動の意味がありません。

そうならないためにも、事前に自己分析や企業研究を細かく行い、ニーズがマッチしているかを確認することが必要です。

また、自分の得意分野や個性を発揮できる企業を選ぶことでやりがいに繋がり、長期勤務を実現しやすくなるでしょう。
 

企業の批評をSNSに書かない

たとえ不採用となった場合でも、企業の批評をSNSに書くことはNGです。ネット利用が日常化している現代では、つい就活の愚痴や不満をSNSに投稿してしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、どこの企業同士が繋がっているか分からないうえに、誰がどこでその内容を漏らすかも分かりません。自分の気持ちをコントロールし、次に進む精神力を鍛えることも就活には重要といえるでしょう。

 

24卒の就活について相談したい

 

1人で就職活動を進めるのが不安なあなたへ

就職活動のスケジュール、進め方について解説してきましたが、1人で進めていくことに不安がある方も多いのではないでしょうか。

そんな方には、就職活動エージェントの利用をおすすめします。就職エージェントは、就活のプロであるアドバイザーが、あなたに合った企業を紹介し、内定獲得までサポートするサービスです。

その中でも、キャリアチケットはあなたがこれからの人生で大切にしたい価値観を明らかにし、それにあった企業を厳選して紹介しています。

もちろん、エントリーシートの添削、面接対策など、選考突破のために必要なことを手厚くサポート。

サービスの利用は無料なので、就活が不安だからざっくりと話を聞きたいでも大丈夫です。

ぜひ登録して、納得の行く形で就活を終えられるようにしてください。

本記事の執筆者

宮脇七星(みやわきなな)

2021年に新卒としてレバレジーズに入社。入社から現在まで新卒の就活支援をサポート。
学生の就活支援だけでなく、面接対策や自己分析、セミナー講師などマルチに活躍中。
アドバイザーと兼任し現在5名のメンバーリーダーとしてマネジメントに奮闘中。

 

24卒の就活について相談したい

 

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。