大学生の就職活動はいつから始まる?内定までのスケジュールを徹底解説

このページのまとめ

  • 大学生の就職活動は、早めのスタートでほかの学生と差をつけよう
  • 大学生が就職活動では、自己分析や企業研究を行い面接対策も進める
  • 大学生の就職活動では、選考が終わるごとに改善点の振り返りをすることが大切

大学生の就職活動はいつから始まる?内定までのスケジュールを徹底解説のイメージ

「就職活動はいつから始めれば良い?」と疑問を抱く大学生も多いでしょう。大学生が就職活動を始める時期は、3年生の春ごろがおすすめです。内定獲得に近づくためには、選考が始まる前に自己分析や企業研究、業界研究などの準備をしておくことが大切です。

この記事では、大学生の就職活動のスケジュールやすべき準備を解説します。就活を成功させるポイントも紹介しているので、志望企業へ入社したい大学生はぜひご一読ください。

就活の効率の良い進め方について知りたい方は、「就活は何から始める?基本の進め方や効率良く終わらせるためのコツが分かる!」も参考にしてください。

就活のスケジュールについて相談したい

   
目 次

大学生の就職活動はいつから始まる?内定が出るまでの就活スケジュール

就職活動は、大学3年生の6月から開催される合同説明会や、夏インターンシップへのエントリーを機に始める人が多いようです。

ただし、業界や企業によって情報開示や選考開始のスケジュールが異なるため、就活を始めるタイミングは学生によって異なります。

大学生の就職活動の一般的なスケジュールは、以下の通りです。

・大学3年生5月まで:自己分析や業界研究などの就活準備
・大学3年生6月~翌年1月:インターンシップへの参加
・大学3年生3月から:エントリー・説明会への参加
・大学4年生6月から:選考や面接へ進んで内々定獲得

最近では早期選考を実施する企業も増えているため、早めの行動を心掛けることが大切です。就職活動が本格化する3年生の3月までに事前準備を始めることで、就職活動がスムーズに進むでしょう。

大学3年生5月まで:自己分析や業界研究などの就活準備

大学3年生の5月までは、就職活動の準備を進める期間になります。自己分析を行い、自己の理解を深めておくと後の就活がスムーズになるでしょう。

自己分析のやり方については、「自己分析とは?おすすめのやり方と8つの注意点を解説」の記事や、「「自己分析のやり方がわからない」と悩む人へ」の記事も参考にしてみてください。

また、スーツや履歴書用の写真、スケジュール帳などもこの時期に準備しておくのがおすすめです。就職活動では、エントリーシートや履歴書などの応募書類を提出したり、説明会や面接などの予定で、あっという間にスケジュールが埋まってしまいます。急に就職活動の予定が入っても対応できるように、必要な物を前もってそろえておくことが大切です。

就活の準備については、「大学3年で就活を何もしていない…25卒が今すぐできる対策を徹底解説」の記事でも解説しているのであわせて読んでみてください。

大学3年生6月~翌年1月:インターンシップへの参加

大学3年生の6月からはサマーインターンシップ、大学3年生の9月からはオータムインターンシップ・ウィンターインターンシップが始まります。インターンシップには、1dayや短期、長期などいくつかの種類があります。インターンシップ前には、業界研究や企業研究を進めて、応募する企業を決定しましょう。

企業インターンシップについて詳しく知りたい人は「内定が欲しいなら、企業が開催するインターンに参加するべき」の記事を参考にしてみてください。

サマーインターンシップでは、企業の雰囲気や社会人の体験をメインに行います。オータムインターンシップ・ウィンターインターンシップは、選考に進む企業の社風や業務内容を確認できる良い機会です。本選考に向けて、自分の就活の軸と企業の相性を確認しましょう。

サマーインターンシップについては「夏に行われるインターンシップ「サマーインターン」とは」の記事を参考にしてみてください。

また、大学3年生の10月ごろからは、外資系企業やマスコミ関連企業、経団連に加盟していない企業のエントリーが開始します。興味のある業界は、10月までには絞っておきましょう。

外資系就職を希望し、英語を使ったインターンシップに興味のある人は、「日系企業とは違う?外資系インターンの内容と選考の特徴」の記事や、「英語を使うインターンシップに参加しよう!6つのメリットや探し方を解説」の記事も参考にしてみてください。

大学3年生3月から:エントリー・説明会への参加

大学3年生の3月からは会社説明会が開催され、エントリーが開始されます。エントリーシートや志望動機を書くためには、企業研究や業界研究、自己分析を入念に行うことが重要です。

会社説明会では業界の仕組みや企業の特徴を把握でき、実際に働く社員の話を聞けます。エントリーする際は、最初から一つの業界に絞るのではなく、視野を広げて幅広い情報収集をしましょう。興味がない企業でも、説明会の話を聞いて印象が変わることもあります。

なお、エントリーする企業を選ぶ際も、本命の企業のみに絞らず、複数の企業の情報を調べると良いでしょう。

エントリーする企業選びについては、「とりあえず応募はOK?就活生の平均エントリー数と企業の選び方について」の記事も参考にしてください。

大学4年生6月から:選考や面接へ進んで内々定獲得

大学4年生の6月からは企業の選考活動が始まります。6月からの選考活動に参加するために、5月までにはエントリーを完了しましょう。経団連の就活ルールよりも早い時期から採用活動を行い、6月には過半数以上の内定を出している企業もあります。

周りの友人のなかには、6月に内定をもらって就活を終える人もいるでしょう。本格的に就活が始まり、精神的にも肉体的にも疲れが溜まりやすい時期です。就活が辛いと感じたら、「就活が辛い時の対処法!原因や肩の力を抜くヒントもご紹介」の記事で対処法を確認してみてください。

就活のスケジュールについて相談したい

 

大学生の就職活動は早く始めたほうが有利?キャリアアドバイザーからのアドバイス

ここでは、就職活動の早期開始が有利になる理由について解説します。早めに始めれば始めるほど有利ですので、遅れを取らず、就職活動を成功させましょう。

1.選択肢を多く持てるから

早めに自己分析や企業研究をすることで、エントリーする企業の選択肢が増えます。膨大な数の企業がある中から、自分に合った企業を見つけることは容易ではありません。

また、人気企業や有名企業は就活解禁を待たずに募集を締め切ったり、サマーインターン参加者しか応募できなかったりするケースも増えているようです。

選考本番の時期に焦って企業を決めることのないよう、事前にしっかり準備して選択肢を増やしておきましょう。

2.路線変更ができるから

就活の軸や方向性が途中で変わることはよくありますが、選択肢が少ないと路線変更ができなくなってしまいます。応募締め切りや内定承諾期限に追われると、「自分は本当にこの企業に合っているか」と、じっくり見極める時間の余裕がなくなってしまうことも。

企業とのミスマッチを防ぎ、自分の納得のいく結果に近づけられることも、就職活動を早めに始めるべき理由です。

3.入社へ向けて準備ができるから

早めに就職活動を始めると、早期選考が通過することも可能ということになります。早期に内定が獲得できれば、内定者インターンに参加できたり、入社後に必要な知識・スキルの勉強などを先だって進められたりするというメリットがあります。

そうすることにより、入社後のスキルアップがスムーズにでき、1年目で希望する部署に異動できる可能性も十分にあるでしょう。

また、早めに内定が決まれば既存社員や内定者同士でのつながりができるので、社風などが分かった状態で入社できるのもメリットです。

就活のスケジュールについて相談したい

 

大学生が就職活動に向けて準備する6つのこと

就職活動を本格的に始める前に、以下の準備をしておくのがおすすめです。

1.自己分析で就活の軸を見つける

就職活動の基本となる自己分析を入念に行うことが大切です。自己分析をする目的は主に2つあり、1つ目は「就活の軸を定めるため」、2つ目は「自分の経験や強みを整理するため」です。

就活の軸は、「自分の強み」と「やりたいことや価値観などの志向性」から、「社会人1年目に最も適した環境はどのようなものか」を考えることがおすすめです。

就活の軸については、「就活の軸とは?探し方のコツや具体的な方法を例文付きで解説」の記事や、「よく聞く「就活の軸」。何がそんなに大事なの?」の記事も参考にしてください。

2.ガクチカ・自己PRを作成する

就活の軸が決まったら、ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)や自己PRの準備に取り掛かりましょう。企業によって内容を変える必要がありますが、アピールしたいポイントをいくつか定めておくと、複数の選考で使い回せる場合もあります。

就活の軸を定めた自己分析では、自身の「強み」や「弱み」などの特徴を洗い出せます。先に自己理解を深めておけば、ガクチカや自己PRの準備もスムーズに進むはずです。モチベーショングラフや自分史を書き出し、しっかりと自分について理解しましょう。

自分史の作り方については「自分史は就活の面接に役立つ!思い出せない時の書き出すやり方や見本も解説」の記事で、モチベーショングラフの作成の仕方については、「自己分析に役立つモチベーショングラフとは?作成のコツや活用方法を解説」の記事で解説していますので、確認してみてください。

3.企業・業界・職種を研究する

就職活動では、自己分析と並行して企業研究や業界研究、職種研究を行うことも重要なポイントです。多くの企業があるなかで、「なぜその企業・業界・職種を選んだのか」を伝える必要があります。説明会へ参加したり、インターネットから情報収集を行ったりして、業界・企業研究を進めましょう。

企業研究のやり方については、「企業研究のやり方と就活に活かすコツを解説!効率的な進め方とは?」の記事も参考にしてください。

企業分析のポイントは、自己分析を通して明らかになった就活の軸と企業の特徴を比べ、マッチしている点を見つけることです。頭で考えても分かりづらい場合は、ノートやルーズリーフに書き出すのがおすすめ。幅広く説明会に参加し、それぞれの企業の特徴や魅力を研究しましょう。

4.SPIや適性検査の対策を行う

企業の選考は、書類や面接だけではありません。企業によっては筆記試験がない場合もありますが、多くの企業ではSPIや適性検査が実施されます。直前に焦る必要のないよう、志望企業がどのタイプの選考を行うのかを事前に必ず確認しましょう。

SPIや適性検査について詳しく知りたい人は、「SPIと一般常識問題の違いは何?それぞれの特徴や対策方法を解説」の記事も参考にしてみてください。

5.OB・OG訪問をする

OB・OG訪問とは、自分が志望している業界や企業で働いている先輩のもとを訪れて話を伺うことです。企業の説明会や資料だけでは分からない、リアルな情報が得られます。

入社後のミスマッチを防げますし、入社意欲もアピールできます。知り合いの社会人に依頼したり、キャリアセンターを利用したりして、積極的にOB・OG訪問を活用しましょう。OB・OG訪問についての詳細は、「就活におけるOB・OG訪問の役割とは?しておくべき質問やマナーも解説」の記事で確認してみてくだだい。

6.スーツやバック、靴などを用意する

就活では、リクルートスーツやビジネスバック、靴を用意する必要があります。前日に慌てて買いに行くことがないよう、事前に購入しましょう。

サイズの間違いがないように、試着して自分にぴったりのものを選ぶことが大切です。就活の身だしなみでは、「清潔感」を心掛けましょう。

就活のスケジュールについて相談したい

 

大学生が就職活動中にすべきこと

ここでは、本格的に就職活動が始まってから、大学生にできる準備事項を紹介します。

各企業に提出する履歴書・ESの作成

就職活動中は、各企業に提出する履歴書やエントリーシート(ES)の作成が必要です。志望する企業によって内容を変えたり、自分の強みを工夫して表現しましょう。

また、企業によって提出期限が異なるため、スケジュール管理を徹底することも大切です。応募書類の提出方法にも注意し、不備がないように気をつけてください。

内定獲得に向けた面接対策

内定獲得のためには、企業に合わせた面接対策を行いましょう。面接の日程が決まったら、下記のことを念頭に置いて準備やシミュレーションを重ねてみてください。

・よくある質問に対する回答を用意する
・身だしなみやマナーに気を配る
・質問への返答は自分の言葉で結論から話す
・事前に模擬面接を繰り返す
・面接を自分なりに振り返る

面接で大切なのは、自分の言葉で表現することです。テンプレートの文章をそのまま伝えても、入社意欲が伝わりにくくなってしまいます。面接当日の流れを事前に確認し、第三者に協力してもらいながら模擬面接の練習を十分に行うことが大事です。

面接対策については「面接官が見ている9つのポイント!よくある質問と印象アップのコツも解説」の記事も参考にしてください。面接室への入室マナーについて知りたい人は「面接室への正しい入り方って?就活に役立つマナー」の記事も参考にしてみてください。

選考ごとの改善点の洗い出し

書類選考や面接が終わるごとに、改善点を洗い出しましょう。就活マナーや質問の回答、話の一貫性、コミュニケーションに問題がなかったかを確認してください。次に同じ失敗をしないように気をつけることで、内定獲得に繋がります。

内定直結型イベントへの参加

就活中の大学生は、内定直結型イベントにも参加してみましょう。内定直結型イベントとは、会社説明会と選考をセットにした就活イベントです。参加したその日に選考に進めることもあります。

一度に複数の企業と出会えるだけでなく、一般的な選考スケジュールと比べてスピーディーに内定が出るのがポイントです。企業側の担当者から直接話を聞けるので、就活に役立つ有意義な機会になるでしょう。

ニュースのチェック

面接で時事問題について問われることがあるため、就職活動中はニュースを毎日チェックするのがおすすめです。時事問題を問われる理由としては、社会にどれだけ関心があり、常識的な考えができるかを判断するためといわれています。回答する際には意見が求められるので、ニュースをチェックしながら自分の意見を持つことを意識しましょう。

就活のスケジュールについて相談したい

 

大学生が就職活動をする際の注意点

就職活動における注意点を、よくある失敗事例からピックアップしてまとめました。就職活動を本格的に始める前に確認しておきましょう。

無計画に行動しない

就活には計画が必須です。自分の考えを明確にしていないと、「なんとなく」で企業を選んでしまうことに。自分に合わない企業に入社し、後悔する羽目にもなりかねません。

入社後に後悔しないためには、計画を怠らないことが鉄則です。また、すべてが計画どおりに進むとは限らないため、いろいろな可能性を予測しておくのも重要です。事前準備の段階から計画を立てることで、気持ちに余裕をもって就活できます。

計画的に就活を行いたい方は、「就活は計画性が必要?具体的な手順をご紹介」の記事も参考にしてください。

自分に合わない企業を無理に選ばない

内定を早くもらいたいからといって、自分に合わない企業を選ぶのは避けましょう。内定をもらえたとしても、企業とマッチしていないと、入社しても仕事に対してモチベーションが持てず、早期退職につながる可能性が高いためです。

就職活動の成功とは、早期内定をもらうことではなく、自分の強みや価値観が本当に合っている企業に出会うことです。事前に自己分析や企業研究を細かく行い、自分と企業のニーズがマッチしているかを確認することが重要です。

就活のスケジュールについて相談したい

 

大学生が就職活動を成功させる3つのポイント

大学生が就職活動を成功させるためのポイントを3つご紹介します。

1.一つの業界にこだわらずにエントリーする

就職活動を成功させるためには、一つの業界にこだわらずにエントリーすることも大切です。一つの業界から絞って選択すると、自分の視野や可能性を狭める恐れがあります。自己分析を行い自身への理解を深め、いろいろな業界に触れましょう。

志望業界は3つ程度にしておくのがおすすめです。均等に企業研究ができ、志望度の高さもアピールできます。業界を決めた後は、インターンシップや説明会に参加して、インターネットでは得られないリアルな情報を収集していきましょう。

志望業界の絞り方については、「就活で志望業界はどれくらい絞るべき?内定に繋がる選び方のコツも解説」の記事を要チェックです。

2.就職エージェントに相談する

確実に内定をもらいたい方は、就職エージェントを利用しましょう。就職活エージェントとは、就活生を総合的にサポートするサービスです。履歴書やエントリーシートの添削、面接練習など、就職に役立つ支援を受けられます。

多くの就活エージェントは無料で利用できるため、新卒の就活生にとって活用しやすいでしょう。就活のプロから的確なフィードバックをもらって選考を受けることで、内定を得られる可能性が高まります。

3.オファー型サイトに登録する

オファー型サイトとは、自分のプロフィールを登録することで、企業からオファーが届くサービスです。企業は、強みやスキル、自己PRなどが自社と合っている学生にオファーを送るので、企業とのミスマッチを大幅に減らすことができます。

また、今まで興味のなかった業界の企業からオファーを受けることもあり、新しい発見ができることも。就職活動の幅を広げられるのも、オファー型サイトを利用するメリットと言えるでしょう。

就活のスケジュールについて相談したい

 

初めての就職活動に不安が残るあなたへ

初めての就職活動を1人で進めることに不安を持つ学生も多いでしょう。そのような方には、就活エージェントの「キャリアチケット」がおすすめです。

キャリアチケットでは、プロのアドバイザーがあなたに合った企業を紹介し、内定獲得までを全面的にサポートします。自分の強みや就活の軸を見つける自己分析のお手伝い、エントリーシート・履歴書の添削などもお任せください。さらに、仕事で大切にしたい価値観をヒアリングし、相性の良い企業を厳選してご紹介いたします。

「就活が不安だからとりあえず話を聞きたい」という方も歓迎です。就職活動を成功させたい方は、お気軽にご相談ください。

就活のスケジュールについて相談したい

   

本記事の監修者

淺田真奈(あさだまな)

大学時代は接客のアルバイトを3つかけもちし、接客コンテストで全店1位になった経験をもつ。新卒では地方創生系の会社に入社をし、スイーツ専門店の立ち上げからマネジメントを経験。その後、レバレジーズへ中途入社。現在はキャリアチケットのアドバイザーとして、学生のキャリア支援で学生満足度年間1位と事業部のベストセールスを受賞し、リーダーとしてメンバーのマネジメントを行っている。

キャリアチケットについて

キャリアチケットは、就活生の最高のキャリアスタートを支援するサービスです。